木村先生実筆
鍼灸治療の限界

はじめまして、木村と申します。私は以前、鍼灸師として様々な患者さんをみてきました。多くの患者さんから「他の治療院では治らなかった症状がとても楽になった!」などと喜んで帰っていただきました。

しかし、患者さんの中には、痛みや症状を解消しても別の病気になり、中には亡くなられた方もいらっしゃいました。「痛みをとる事」と「命を太くすること」がイコールでないという矛盾に「真の健康」とはどういうことなのか?と悩み、痛みなどの症状だけを取り除く対症療法に限界を感じ、様々な治療法を研究しました。そして「脳幹」に自然治癒力の源であるというカイロプラクティック理論を元に、開発を重ねて完成したものが「脳幹活性ペンダント・イフ」なのです。

木村 仁

前のページへ