ページが表示されない場合は「簡易版サイト」へ

犬の病気、猫の病気で悩んでいる飼い主さんへ
健康について「100%」とか「絶対に」と断言
できません。が「可能性」ある限り、応援と
祈りを込めてお手伝いさせていただきます。

※2016年5月より「株式会社ザ・ピースカンパニー」から「いきいき健康館(運営:自然の森製薬株式会社)」に名称変更いたしました。
※物流の拠点が、福岡県に変更いたしました。関東以北は、発送日の翌々日着となり、ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いします。
 商品発送と配達の目安
イフの特長
脳幹活性ペンダント・イフ 顧客満足度No.1脳幹活性ペンダント・イフ
イラストでわかるペンダントイフ

全国から喜びの声が続々

うれしいお便り本当にありがとうございます。 体験談1:犬の病気・猫の病気 体験談2:犬の病気・猫の病気 体験談3:犬の病気・猫の病気 体験談4:犬の病気・猫の病気

ペンダントイフ9つの特長

自然治癒力の可能性

スーパーで買ってきたステーキの肉は、いくら新鮮でも、生命力は持っていません。ナイフで切りつけ、薬を塗ったとしても、傷は当然回復しません。その肉がまだ生きている間であれば、傷は薬を付けなくても自然に治ります。人間も動物も皆、生命力(自然治癒力)で治していきます。基本的に、体の構造は、病気や怪我をしたとき、自然に回復する力を生まれ持っています。

生きる力(病気や怪我を回復させる力=自然治癒力)

では、どんな病気でも、自然治癒力で治るのでしょうか?命に限りがある以上、それはあり得ません。そもそも、生命力の強さには個人差があり、そして、病気の進行も様々です。良くなるかどうかは、この生命力の強さと病気の進行の相対関係によるものと考えられます。イフは、あくまで脳幹を微妙に刺激することで、あとは、本人の生命力の強さに委ねざるを得ません。人間や動物自身が本来持っている自然治癒力を維持しようとする力をサポートするという役割です。

ペット編編体験談

全国からの感動の声をご紹介します。
ペット編編体験談

ひと編体験談

イフペンダント感動の声 ひと編

愛用者様ブログ紹介

飼い主さんが自分のブログでイフについて語ってくれています。

自然治癒力を支えるのは「脳幹」なのです

自然治癒力を支えるのは「脳幹」なのです

脳幹活性ペンダント・イフの原理

正しい信号を送ります。音叉と同様の原理です。
正しい信号を送ります。音叉と同様の原理です。
正しい信号を送ります。音叉と同様の原理です。
正しい信号を送ります。音叉と同様の原理です。
音叉の原理って?

使用例

人間使用例・ペット使用例
 
 
 

開発者の声

むつう整体院院長木村仁先生

はじめまして、木村と申します。私は多くの人々の体をみてきました。そんな日々の人々との関わりあいと様々な研究、実験、失敗の試行錯誤から、「脳幹活性ペンダント・イフ」が完成しました。脳幹活性ペンダント・イフは、私にとって、ふだん多くの人々と偉大なる知恵が集大成されてできた「贈り物」とも言うべき産物です。

「これなら簡単で続けられます」
「家族の笑いがたえなくなりました」
「ペットと過ごせるこの貴重な時間のありがたさをひしひしと感じています」

など、多くの声をいただけるようになりました。本来、人間の健康維持の目的のために開発したものですが、今では、多くのペットたちにもお役立てできるようになって、私自身、生き物の生命力の偉大さを感じております。

開発者木村仁先生にインタビューしました。

よくある質問

一番気になることかもしれません

マスコミに紹介されました

メディア写真

私たちも推薦します

服部光一先生 宮西ナオ子 orange cafe様
こんな職業の方にもご愛用いただいております。
イフ感動日記
イフ感動日記
脳幹活性ペンダント・イフ まめちゃん イフ体験談
30日間保証
NEWモデル「脳幹活性ペンダント・イフ」特長
イフの特長

脳幹活性ペンダント・イフ

イフ専用5色カラー紐詳細はこちら 購入者特典詳細について レビューをみる アンケート調査 イフ 拡大写真 複数購入をご検討の方へ なぜ、この価格なのですか?
ご注文・ご質問はお気軽ににどうぞ
犬や猫の自然治癒力維持原動力に 第1位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 脳幹活性ペンダント イフ 犬や猫の体を水素でいっぱいに 第2位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 H4O水素水 犬や猫の体の中で微生物が生きる酵素 第3位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 酵素乃泉 犬や猫のペットケア用品部分 ペット(犬・猫)用 マウスクリーン 犬や猫のペットケア用品部分 ヒト用 ペット(犬・猫)用 スキンミスト 犬や猫の癌対策に アガリクスの5倍 PICK UP!ペット(犬・猫)用 花びらたけ
ミドリムシのちから
犬の病気・猫の病気体験談