ページが表示されない場合は「簡易版サイト」へ

ペットと人間、なぜ両方使えるのですか?

人間もペットも「脳幹」があるといる点で共通しているんだね!人間や動物、生き物すべてに「脳幹」が存在しています。この「脳幹」は「爬虫類の脳」と呼ばれ、特に人間と犬や猫の脳の構造は似ています。脳幹の活性化が自然治癒力・免疫力の維持に重要なことは、人間も動物も同じであり、いままでの報告結果から、人間と動物の「脳幹」の性質も似ていると考えられます。

もともと人間向けに開発されましたが、動物に使用してみたところ、人間よりも敏感に反応し、多くの事例が見られたことで、今では区別なくどちらにも使用されるようになりました。(イフは、宗教的なものでも万能なものでもありません。どうしても、症状の進行と潜在的な生命力の個体差によって、当然結果も異なってきます。)

イフトップへ