ページが表示されない場合は「簡易版サイト」へ

情報チップを駆動させる動力源は何ですか?

【質問の詳細】金属製情報チップがある振動数の波動を発生させるとのことで、その効果は永久的となっていますが、金属製情報チップを駆動させるエネルギーはどこから得ているのでしょうか。 電池等を入れていないのに永久的に作動すると言うのは一般常識では納得が行きません。

確かに、電磁波の発生するような携帯電話や腕時計、家電製品などは、電池、電気などの動力源を必要とします。しかし、イフの「波動」とは、そういった家電製品の強烈な電磁波レベルではなく、もっと弱く微細なレベルであり、動力源を必要とするものではありません。金属製情報チップそのものの存在が、振動を発信しており、その刺激はとても微弱なレベルです。

【参考】「波動」とは?(定義)

中学生の時に、全ての物質は「核」とその周りを「電子」が回りながら存在していると習いましたが、この回転運動の際に振動を発生しています。この電子の振動=波動です。

周りのもの全てがミクロレベルでは振動しています。あくまで鈍感な人間の感覚では気づけないだけです。食べ物でも身の回りの日用品でも、全てが波動を持っています。もちろん人間自身も「細胞」という物質で構成されているので、「波動を持った生き物」ということができます。

最近では、その波動(振動)が人間や動物の波動との相性によって「いい波動」とか「悪い波動」というように表現されるようになりました。 例えば、食べ物、野菜などは農薬がかかっている野菜と無農薬野菜では、波動(振動)が全く違うと言われ、農薬という化学物質の「物質的」な害とは別に、「波動レベル」で人間のもともと持っている振動を乱してしまうのです。


(=これは親指と人差し指でOの字を作って、指の力の入り度合いを調べる「O-リングテスト」によってもその差が顕著に分かります)

イフの波動は、低刺激のものですので、敏感な方でなければ、その刺激を体感するのは難しいほどです。

イフトップへ