ページが表示されない場合は「簡易版サイト」へ

自然治癒力を止めている小さな障害とは?

自然治癒力の働きが鈍くなっている状態から活性化するまでの変化は、下の様なトロッコの例に例えられます。小さな石コロでも、それが引っかかってしまうと、障害になり止まってしまいます。しかし、その石コロを取り除いてあげると、後は何もしなくても自然に落ちていきます。

動物の体調が良くない時は、必ず自然治癒力が弱まっている原因があります。自然治癒力を強めるためのきっかけを与えると、水の流れのごとく、高い所から低い所へと自然と流れ出していく性質があります。自然治癒力の流れの障害とも言える小さな石コロ1つを取り除いてあげる役割...それが「イフ」です。

イフトップへ