ページが表示されない場合は「簡易版サイト」へ

小さな動物には強すぎることはないですか?

時々「飼っているペットが小さくて、イフの波動は強過ぎることはないか?」というご質問を受けます。イフは一方的に強いエネルギーを出して、自然治癒力を発生させるのものではなく、微細波動で脳(脳幹)にほんの少しの刺激を与えるだけです。その刺激(波動)を受けた後、体全体を活性化する指示を出すのは「自分自身」です。

イフの波動は、あらかじめ強くは作ってありません。あえて微細な波動に作られており、そのエネルギーを受信した動物自身が、その後自然な整体反応として、自らの体力に応じた変化を自分自身で決めていきます。ただし、好転反応が心配な場合は、短時間の使用で慣らしながら使うのでいいでしょう。

イフトップへ