ページが表示されない場合は「簡易版サイト」へ

イフが体質に合わないという事はありますか?

強すぎると感じた場合は...1日1時間ずつ使って慣らしてあげるといいでしょう。一時的に、今までと違った症状や反応が起こることがあります。これを好転反応と言います。確率的には、とても少ないものですので、さほど心配する必要はありませんが、可能性がゼロというわけではありません。

例えば、好転反応の具体的な症状としては、「いつもより行動が鈍い」「食欲が少ない」「だるそう」「眠そう」などです。これは、今まで使っていなかった筋肉を使い出した結果です。普段運動をしていない人が、いきなりハードな運動をしますと、返って筋肉痛になったり、調子を崩すのと同じです。適度な運動が、体に負担をかけず、健康には丁度いいものです。

好転反応ではないか?違和感を感じているよう?という場合は、すぐにお外しください。始めから無理して長時間使用せずに、毎日1時間ずつくらい使って(首輪にしたり、近くに置いたり、どこかに結びつけるだけでも可)、徐々に使用時間を延ばしていく使い方が負担も少なく着実です。

好転反応は否定すべき状態ではありませんが、動物それぞれに体質改善のペースがありますので、あせらずゆっくりと見守りながら、使ってあげるのが理想的です。

また、綿のハンカチなどに包んで使っていただきますと、イフの波動の強さがより穏やかに働きかけますので、どうしも心配な場合にはお試し下さい。

イフトップへ