ページが表示されない場合は「簡易版サイト」へ

イフペンダントに期待できることは何ですか?

「○○病は治りますか?○○痛で改善した事例はありますか?○○腫?○○症は?...」このような類の質問は本当によく聞かれます。確かに、自分やペットの状況に応じて、確かに効果が出るものかどうか?知りたいと思われるのは当然かもしれません。

それらの回答に関しましては、「このペンダントは医療用器具ではありませんので、治るという表現ができません」としか言うことができません。イフは、人間や動物自身が本来持っている自然治癒力を引き出すための最初の第一歩をお手伝いするに過ぎないのです。

イフは直接病気を治す、つまり特定の症状のみに働きかけるものではなく、イフによって共鳴、共振した脳幹がきっかけとなり、自分自身で自然治癒力(生命力の神経)のスイッチを入れ、各神経伝達の正常化の指示を体全体に流します。

「イフが治す」というのではなく「自分の自然治癒力で治す」という考えなんですね。症状を特定して治療するのではなく「自分自身の自然治癒力の向上が、体全体の機能を高め、その付随的効果として、特定部分の回復にもつながる」と表現した方が正確かもしれません。

イフトップへ