PC版
TOP > イフ よくある質問

なぜこんなにも多くの犬ちゃん猫ちゃんに笑顔が戻ったのか?

イフ よくある質問

■ イフ よくある質問

Q:どんな症状に効果がありますか?

ただイフは、医療用器具ではありませんので、「治る」という表現ができません。 「自分の体は自分で治す」という自然治癒力のスイッチが「脳幹である」という考えの元、微弱振動(波動)を体に送ろうとする役割がイフペンダントです。

イフは万能ではございませんが、どんな疾患の方にでもご使用頂ける物でございます。 生命力(自然治癒力)そのものを強くした結果として、お悩みの治癒の可能性は、ゼロではないと思います。 どんな病気や疾患であれ、自然治癒力をあげることは、病気の改善に大変重要な事です。 

Q:イフの具体的な使い方は?

基本的には、首輪に付属のイフを結んで使います。しかし、イフは、直接肌に接していなくても、50センチ位の距離であれば、その波動が伝わっていく性質があります。首輪としてつける以外の方法として、次のような工夫をして使うことができます。 

◎寝床や一番居る場所近くに、置いたり結んだりする。◎飼い主さんがペンダントをつけ、ペットと一緒に寝る。 ◎ 弊社で特別進呈している天然塩の波動水を飲ませてあげる

「1日24時間、着け続けなくてはいけない」というわけではありません。時には「外したり、遠ざけたり」でも大丈夫です。少しずつ、適度にご使用いただいても、成果は期待できますので、ご安心ください。 

Q:好転反応の心配はありますか? 

過度な心配はありませんが、過去にそのようなご報告を受けた時がございます。これは、正常に戻ろうとする「体の自然な生理的作用」と考えられます。 例えば、人間で言いますと、普段運動をしていない人が、いきなりハードな運動をしますと、筋肉痛になったり、調子を崩すのと同じです。 

好転反応ではないか?と思うようないつもとは違った違和感を感じているような場合は、無理せずに、お外しください。始めから無理して長時間使用せずに、毎日1時間ずつくらい使って、徐々に使用時間を延ばしていく使い方でも、十分です。 

好転反応は、否定すべき状態ではありませんが、動物それぞれに、体質改善のペースがありますので、あせらずゆっくりと見守りながら、使ってあげるといいでしょう。

Q:どのくらいで効果が現われますか? 

実際の変化が見られるまでの期間は様々であり、「潜在的な生命力の強さ」や「イフによる脳幹への活性度合い」、そして「病気の症状の重さ」この3つの要素に委ねざるを得ません。 

個人差がありますので一概には言えませんが、つけてすぐに何らかの変化を感じる方、逆に数ヶ月経った頃に変化を認められる方もいらっしゃいます。

Q:免疫力を高めることの弊害は? 

確かに、免疫力を高める、つまり免疫細胞を増やせばいいものではありません。免疫細胞の過剰分泌は、異常細胞だけでなく、正常細胞も影響を与える場合があり、「分泌のバランス調整」が大切です(実は、身近なアトピー、花粉症などもすべて免疫物質の過剰分泌が原因です)。 

「脳幹が活性すると免疫力が高まる」という表現は、正確には「免疫力分泌の調整(正常化)」です。実際には、一方的に免疫細胞を増大させるわけではありません。脳が活性化することにより、必要な部分に、必要分(適量)だけ分泌されるという生物の構造を生命体は持っています。 

Q:ペンダントの素材と寿命の期間は? 

素材はアクリル100%(水晶やガラスではありません)。色は透明の細長い四角柱の形状です(長さ21mm×幅5mm×奥行5mm)。脳幹と共鳴する金属製情報チップの波動は、アクリルで封じ込まれているため、一定であり、しかも半永久的です。

チップは透明なアクリルでおおわれていますので、お湯や水につけたり、汗による水分の悪影響はありません。またアクリルの表面に傷がついていても、チップに直接傷が入らなければ、エネルギーに影響をおよぼすものではありません。 
「洗濯物と一緒に洗ってしまった」「電磁波の発生する家電製品の近くやレントゲン写真など大丈夫か?」などのご質問をいただきますが、こちらも金属製情報チップに影響を与えるものではありません。
ザ・ピースカンパニー公式サイト
全商品ラインナップのご紹介
Copyright ©ザピースカンパニー All Rights Reserved.