●あの人からの取材が…

2006年2月1日

「どうする?ア○フル?」

のCMで有名な俳優さん 清水さんが、弊社まで取材にかけつけてくださいました!清水さんは、現在9匹のワンちゃん(うち6匹がチワワ)を飼っていて、大の愛犬家です!

もともと「国際グラフ」という記者の方から取材依頼を受けたのですが、ペットのことなら、あの人!ということで、清水さんをインタビュアーとして紹介してくださったのです。ホント、ラッキーでした。
取材内容ですが、清水さんのご質問に、私 藤井が答えるような形式でした。イフのことを詳しく話させていただきましたが、何せ、イフが今まで起こしてきた実績というのは、奇跡としかいいようがない事例ばかりですので、とっても驚かれていました!また、全国からいただいた飼い主さんからの体験談報告などもしっかりとチェックされていました!!

さらに、話だけでなく、体験していただいた方がいいかと思い、イフを使って清水さんの姿勢がどのように変わっていくか?その変化をその場で体験をさせていただきました。これまた、瞬時に姿勢や重心が変わるなんて!と再度びっくり!!

CM同様?!目を大きく見開いて、とても感動されていました!!


<取材ダイジェスト>

清水さん─では会社を始めるきっかけは、なんだったのですか?

藤井─私自身健康オタクでして、10年ほど健康器具を扱っている会社にいたんです。いろいろな健康アイテムがあるなかで、とっても不思議な商品が一つあったんです。その商品はお客様にすでに成果をあげていて評判も良かったのですが、あるお客さんから、「藤井さん、あれうちの猫ちゃんに着けたら、またたく間に毛並がフサフサしてきて、今信じられないくらいとっても元気なんです!」というお言葉をいただいたんです。

もしかしたら、これはすごいモノかもれない!?と他にもたくさんの動物たちに試してみたのですが、自分が思っていた以上に病気の改善や結果が出てしまいまして、これは、人間を相手にするより、動物専門に紹介してあげた方が、より喜んでいただけるのではないか?と考えたのがきっかけです。動物は、結果に嘘をつかないじゃないですか!(笑)

清水さん─今日ご紹介の脳幹活性ペンダント イフなんですが、どのような商品なのでしょうか?

藤井─はい、イフというのはこれなんです(見せながら)とても小さくて軽い、一見するとおもちゃのようなものなんですよ!

清水さん─へぇ〜本当に小さいですで、これはいったいどのような物なんですか?

藤井─イフは整体院の木村先生という方が発明されたアイテムでして、人間本来の自然治癒力や免疫力を高めるペンダントです。元々は整体に通われる患者さんのために作られた物なんです。

清水さん─どうしてこのペンダントが身体の治癒力などを高めてくれるのでしょうか?

藤井─はい、木村先生は人間・動物の治癒力や免疫力を高める力を発揮させる場所は「脳」にあると考えています。神経や血液の流れ、ホルモンバランスなど、すべての命令は「脳」であることは誰もが認めるところだと思いますが。木村先生は、脳の中でも中心部にある「脳幹」という部分が人間の生きる上で一番重要な部分だとおっしゃられます。その「脳幹」を刺激してあげると、自分の病気は自分で治す「自然治癒力」が強められる!そんなコンセプトで開発されたのがイフなんですよ!

清水さん─いくらいいものでも、インターネットでの販売に、不安に思うお客様などはいませんか?

藤井─そうですね、最近はさまざまに胡散臭い商品、詐欺まがいな会社などがありインターネットでのやり取りを不安に思うお客様は少なくありません。私自身、いまだに感じていますので、自分が消費者の立場で考えて、紹介するように心掛けています。まず、30日間の返品制度というのを設けています。

清水さん─返品制度とはどのようなものですか?使っていてもいいのですか?

藤井─はい、もちろんです! やはりみなさん最初は「こんなものが?」とか「騙されたかな?」と思うのは、自然な感情だと思います。私も例外にもれず、そう感じました!もちろん、一ヶ月間使っていただいて何かしらの効果、変化を感じなければ返していただいて結構です、とお伝えしています。基本的に後払いです。

清水さん─では、一ヶ月間で結果がでるという自信があると言うことなんですね?

藤井─そうですね、イフを使って頂く方たちはさまざまですが、人間でも動物でも一ヶ月使っていただければ、何らかの変化があると思っていますし。判断いただくには十分な期間ではないかと思っています。でも、実際はといいますと、返品はほとんどありません。こんなところでもホント、イフの力を感じますね!

清水さん─一ヶ月間の返品制度もあると言う事は、お客様にとっては安心できるシステムですね!

藤井─そう、思って安心して試してもらえればいいなと思っています。

清水さん─では最後に今後の抱負を聞かせてください。

藤井─はい、何気ないことですが、、、いろいろな公園に散歩に出かけるじゃないですか!いまでこそ、多くの方に使っていただくようになりましたが、それでもイフを公園で散歩しているワンちゃんたちが首にかけている様子を見たことがなんです(笑)。まだまだ、一部の人にしか広まっていなんのだな、と感じてしまいます。

このイフというものを少しでも多くのワンちゃんやネコちゃんに使って頂ける様に、これからもきちんとした情報を発信して行きたいと思っております。また、最近では海外の飼い主さんからも依頼が多くなってきています。それこそ、世界中の動物たちを健康にする責任を担っていると感じていますね。

清水さん─今日はありがとうございました。

藤井─こちらこそありがとうございました。

清水さん取材4対談後にツーショット記念撮影

清水さん取材3サインをしてもらっちゃいました!(ミーハーですね)

清水さん取材2スタッフたちとも記念写真

<藤井の感想>

清水さん、評判どおり、とても気さくな方でした。おかげで、私ばかり話しまくってしまい、もう少し、清水さんのお自宅のワンちゃんたちの様子も聞きたかったような。。。

清水さんも、時々整体などを受けられるようでしたが、弊社のしている健康法にとっても興味を持ってくださって、「ペットの健康のために、ますます頑張ってください!」というお励ましのお言葉をいただき、最後は握手とサイン、スタッフと写真撮影をしてお別れいたしました。(←ホント、ミーハーですね)

今度、清水さんの奥さん、そしてワンちゃんたちにも、イフを使っていただくことになりましたが、これからどうなりますでしょうか?楽しみです!

でも楽しい一日でした!清水さん、雑誌スタッフの方々、ありがとうございました。

追伸

自慢ではありませんが、私は表に出ることが大の苦手です。別に悪いことをしているわけではありませんが(笑)、昔から裏方の方が合っていると思っているんです。今回の写真は最初で最後になるかもしれませんね!(どうでもいい話ですみません)