犬の病気 猫の病気<5月28日>
藤井様

あのかわいいペンダントは、ずっと我が家の猫の首に輝いています。うちの猫は若くはないので、自然治癒力といっても驚異的な奇跡のようなことがおこるとは思っていません。後ろ足が突然動かなくなった時も、なにかの病気というより老齢化のために起こった現象なのかもしれない、と悲しく受け止めていました。

獣医さんは、とても優しい方で私たちが傷つくような言い方はされませんが、すぐに治るような策はないようでした。命あるものには、必ずつきる時がくることも十分承知しているつもりです。それでもやはり、直前まで元気に歩き回っていた子が急に動けなくなってぐったりしている姿を見ると、何もしてあげられないのかもどかしかったです。(中略)

足が動かなくなって、ちょうど1ヶ月たちました。イフを首につけてやったときから、私たちの気持ちがすごく楽になり、そして本当に我が家の「まい」は回復し始めたのでした。まず、水を飲むようになり、療法食をぱくぱく食べ始めました。排尿、排便も順調に規則正しくなっていきました。その時点では、再び歩けるようにならなくてもこれでいいと思っていました。ところが、それだけではなかったんです。足や尻尾がぴくぴく動くようになり、「神経が通ってる!」と私たちを喜ばせてくれました。それからまた2週間くらいでよろよろしながら立ち上がりました。

まるで赤ちゃんが、はいはいからひとり立ちへと成長していくときのように「まい」は少しづつ少しづつ回復していきました。獣医さんにも褒められ、「よく頑張って回復したね」と言われました。獣医さんにはステロイドを処方されていましたが、「もう飲ませなくていいです。」とも言われました。

4週間目の現在、もう歩くことはないと思っていた「まい」が少し心もとない足つきではありますが歩いています。お薬か自然治癒力か、なにが効いたのかはわかりませんが、まだ生命力が残っていたことにまちがいありません。17歳ですから、これだけ回復すれば十分です。でも、もっと回復するかもしれません。


<5月29日>
その歩き方が「さぞかし努力を要するだろう」という姿であるだけに、余計に私たち家族を感動させてしまうのです。「生きようとする力」ですね。抱いて排尿させていたのに、「自分でやります!」といわんばかりに頑張ってトイレへ這っていく姿、ベランダへ這ってでも出ていって、いつもの場所でお昼ねをする頑固さ、病気の前はなんでもなかったしぐさが、いちいち私たちのをさそうのでした。

まいは白黒猫で体は小さいほうです。3.1キロだったのが2.7キロになり、今は2.8キロと少し取り戻しております。今度イフをつけて元気にたっている写真を添付しますね。かわいそうで最悪のときには写真を写せませんでした。


<6月5日>
我が家では、毎日「まい」が少しづつ歩く距離を伸ばしていることで話題がもちきりです。トイレに行くときは、もう付き添ってやらなくても大丈夫になりましたし、少しの高さならぴょんと飛び降りても、ころばずに着地しています。でもまだ高いところへ登るのは無理です。登るのが、大得意だったことを思うと(少し前から考えればぜいたくですが)今の状態では、まだ満足はしていませんが、このように回復していくことはほんとうに奇跡のようです。
毎日、みまわりに出ていた玄関横のベランダへ、少しだけ連れ出してリハビリをしています。獣医さんは「自分で動けるようになって、最低限の生活に支障はないのですから上々ですよ。」という評価ですが、私たちは「まい」の前向きな生き方を誇りに思っています。

本人は「歩く練習」をしているのではなく、必要なところへ歩いていってるだけかもしれませんが、私たちの観点からは彼女があれこれ努力をしているように思えてしまうわけです。元気になるまで写真をとることができなかったのですが、やっと写す気になれました。

こんなに元気になり、たって歩くようになりましたから。
イフは片時も離さず、ずっと首にかけております。これで、脳\幹によい波動が伝わっていると思うと、もう「大事なお守り」としてはずすことはできません。
  
「元気になるまで写真をとることができなかったのですが、やっと写す気になれました」

<2004年2月8日>
昨年5月に「イフ」を送っていただいた17歳の猫「まい」の同居家族、葉山です。 その節は本当にありがとうございました。17歳の猫が具合悪くなったというと誰でも「そんなに老齢じゃ回復は無理だね」と冷たい態度ですのに、藤井さまには真摯に対応していただいて救われました。

あれから約9ヶ月になりますが、18歳になった我が家の猫ちゃん、「まい」は今も元気に日々を過ごしております。足が動かなくなって、椎間板ヘルニアか心筋症かはたまた・・・・とうろたえた私たちでしたが、本当に奇蹟のようにまいは立ち直りました。あの回復がほんの一時的ななぐさめみたいものだったか、と思われないように、こうして一年後の元気宣言をご報告できますことを感謝してやみません。

イフをつける直前は何も食べず、体も冷え切って、ぐったりしていましたから、生きながらえることはないだろうと思っておりました。それが、命をとりとめただけではなく、足もしっぽも動くようになって、立ち上がって歩いているのですから、奇蹟としか思えません。 

病気前のように単独で外へ散歩に行ったり、飛び回ったりはしていませんが、まあまあ猫らしい生活をするのに支障はありません。家族みんなに可愛がられて、かわいい声で「ニャー」となきますし、食欲もしっかりあります。18歳とはとても信じられないくらい目つきもしっかりしていて、白黒の毛の色艶もきれいです。昼寝の後など、手足をのばしてストレッチをしています。足がぴーんと伸びると、うれしくてなでなでしたくなってしまうんです。

時々、イフのホームページをのぞいて他の方たちの報告を見ています。 みなさん、効果を見て驚かれるようですね。自然治癒力が高まり、健康な生活を送れるのはペットも人間も本当にしあわせなことですものね。以上、9ヶ月ぶりの報告でした。
葉山 美絵さん
自然治癒力維持のための人気アイテムランキング