犬の病気 猫の病気
こんにちは。1ヶ月ほど前に、イフを購入した山田と申します。その節は、すばやい発送、ありがとうございました。今まで報告しませんで、すみませんでした。実は、うちでも、とってもすごい結果がでましたので、報告させていただきます。
私は、自宅で猫(マー)を、実家ではセキセイインコ(ピーちゃん)を飼っています。もともと調子の悪かった猫のために、イフを購入しました。マーは、ストレスのせいか、傷ができてしまうくらい自分の毛をなめ、所々でハゲてしまっていました。

ただ病院嫌いの猫で、お薬を塗っても、すぐになめてしまうので、効き目がないと思い、なんとか、他に良くなる方法がないかと探していた時に、イフに出会いました。


イフが届いてから、1週間ほど経った頃でしょうか、今までハゲていた部分から、うぶ毛が生えてきているのです。と同時に、あんなになめていた場所をなめることをしなくなったのです。

また、それまでごはんを食べても、吐くことが多かったのですが、しっかりと消化できるようになったのです。今では、「昔の病弱なマーは、どこへやら?」というほど、元気を取り戻しています!

   
          以前の状態(左)とイフ使用一週間後の状態(右)

ところで、さらに驚いたのが、実家で飼っているセキセイインコのピーちゃん(メス)でした。ピーちゃんは、もともとちょっと、奇形で、飛べない子でした。最近悪いことに、お腹が、ぷっくらとふくらんだ状態になりました。

鳥かごにいても、羽や足の力が弱く、止まり木に立っているのも、ままならない状態で、しまいには、鳥かごの地べたにうずくまって、見るのもかわいそうで、辛い状態でした。

獣医さんに診てもらうと腫瘍とのこと。鳥は、お薬も手術も難しいとのことで、どうしようもないと言われてしまいました。そこで、元気になって必要なくなったマーのイフをダメもとで(すみません)、鳥かごの外に吊り下げて、その日は帰りました。(本当にこんなもので???と思ったのですが)


1週間後、実家に戻った時に、実家にいる母から、
        「ちょっと見て!この子、お腹、へこんできてるよ!!」
という言葉に、正直、唖然としてしまいました。

「まさか」とは思ったのですが、初めはマーの話を疑っていた母も、ピーちゃんの回復ぶりには、疑いようもなく、すっかり驚いていました!はっきり言って「信じられない」という言葉しかありません。

猫や犬だけでなく、背骨を持つ動物なら、鳥でも効くのですね!もう、偶然とはいえないですよね!今は、完全にとは言いませんが、ほぼふつうのインコと変わらない状態になっています。

このことを友達とかに、どう説明したら良いのか、まだ分かりませんが、少なくてもうちの家族中では、大騒ぎしています!!本当に素敵なものを紹介していただき、ありがとうございました。貴重なお仕事、これからも、頑張ってください!!


 P.S 元気になったマーとピーちゃんの写真、添付しますね!

山田 洋子(仮名)さん
※経験的に感じることとして、鳥はとても神経細やかな生き物であり、病気の進行も早いのですが、その反面、今回のように、快方に向かうのも早い傾向があるようです。ちなみに、飼い主さんの山田さんは、ご自身でもイフの体験記をHPに載せられています。(藤井)
自然治癒力維持のための人気アイテムランキング