2004年体験談一覧

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

イラストを頂きました


猫の病気が治って感謝のイラストを贈ってくれました!犬の病気が治って感謝のイラストを贈ってくれました!
東京都 斉藤桃子(4歳)ちゃんが書いたイラスト
下の文章は、斉藤桃子ちゃんのお母さんより

ザ・ピースカンパニー 藤井 さま

こんにちは。斉藤と申します。
今回、ペンダントを使ってとっても、うれしいことがありましたのでご報告します。

うちには、犬と猫が1匹ずついます。半年くらい前から、犬の方が、だんだん食欲も元気もなくなって、病院に行ったのですが、結局原因は、よくわかりませんでした。にもかかわらず、薬は出てくるんですね。もちろん飲ませませんでしたけど。

イフ」が届いてから、を早速、びっこをひいてい犬の首輪につけてみました。結構、おとなしく首輪をつけさせてくれたのですが、特に大きな変化は期待できないだろうなと思っていました。動物病院の先生も原因がわからないので(レントゲン撮ってみましたが、異常なし)、ちょっと様子をみてみましょう、とおっしゃってくださり、むやみに治療されなかったのは幸いでした。

そして先週の土曜日の朝、ふつうに歩いているではありませんか?

約10日間、なんの変化もなくて諦めかけていただけに、飛び上がらんばかりに喜んでしまいました。今では、元気にワンワン吠えられるほど回復しました。いろいろなことが良い方向にいったのでしょうが、やはり私には「イフ」のおかげとしか思えません。そんなに効くのならと、今度は夫と私がかわりばんこで首につけています。犬のお下がり!!

うちの桃子(4歳)がとってもかわいがっていましたので、最悪の事態を考えるとどう言ってあげたらいいのだろうと、悩みましたが、本当にこのイフが救ってくれたのだと感謝しております。

犬とともに元気になった桃子が書いた絵を贈ります。
藤井さんもお体にはお気をつけて、今後も尊い使命、ぜひ頑張っていってください。
とりいそぎ、お礼まで。


追伸
先日近所の老犬が医者から見放されて衰弱しており、たまたま縁があってイフを貸したところ、3日目から元気を取り戻し飼い主から大変喜ばれ、一家で利用したいということになりました!


犬の病気 猫の病気 藤井様、お世話になっております。

先月"イフ"をいただいた大西です。おかげさまで、ドッグ(犬・前足骨肉腫)は、現在元気にしております。

さすがに、発病からかなり時間がたってしまった骨肉腫でしたので、進行に伴う足の腫れ、足先の血行不良による壊疽が見られてきたため、先週、思い切って断脚をしました。50キロを越す体重なので、3本足で立てるかどうか心配でしたが、手術の翌朝には、歩いてトイレをしに、外に出たそうで、獣医さんもびっくりしていました。

手術中もイフを身につけたままにして置いてくださったようです。もう少し早くに、イフに出会っていたなら、骨肉腫も抑えることができたかもしれないと悔やまれます。でも、ドッグの回復力はすばらしいです。とりあえず、残りの命を楽しく過ごさせたいと思っております。

どうもありがとうございました。今度は、私の母の体調が悪いので、イフをプレゼントしようと思います。
大西 栄子さん
犬の病気 猫の病気 <10/28 注文時コメント>
猫は2週間もの間、検査や注射をうけ、抗生物質の薬を飲んだりしましたが、原因が分からずに不安定な体調でいます。注射や薬で免疫機能が低下していくのをみていられません。まだ一歳ちょっとなので早く健康な体に戻してあげたいです。私自身の体調も思わしくないので、猫と一緒に健康になりたいです。
<11/8 ご報告>
ザ・ピースカンパニーさま
先日、「イフ」をお届けいただきました、玉井と申します。早々に手配くださいまして、有難うございました。是非、ご報告させていただきたい出来事がございましたので、メールにて失礼します。

家におります猫(1歳)が、9月末に初めて体調を崩し、病院通いの日々を送りました。原因が分からないまま、注射を打ち、薬を飲ませておりました。不安定な体調で一ヶ月がたち、どうしていいものやら分からず、私の精神状態までおかしくなりかけていました。私自身、病院での診察に疑問が徐々に膨らんできており、「注射や薬は本当に必要なものではなく、かえって猫の体にダメージを与えているのでは?」という思いでいっぱいになっていました。(私の勝手な考えですが)そんな折、PCでたまたま自然治癒に関する内容の検索中に、こちらのHPを見させていただきました。

その内容は、私にとってとても納得のいくものでした。まだ若い子なので、「薬に頼らずに出来れば自力で直す力を付けてあげたい」という思いで、ペンダントを購入させていただきました。首輪は苦手な子だったのですが、不思議と「イフ」は抵抗無く、付けさせてくれました。付け始めて翌朝のことです。目を疑う光景に、まず、驚きました。いつも朝は、一番具合が悪く、朝ごはんは食べなかった子が、その朝はバクバク食べるのです。(いつもは食べても、缶詰を一口二口ほどの食欲だったんです)その後、まさか食べないとは思いつつ、キャットフードも与えてみたのですが、それもまた全部食べました。「うそー!!!」と思わず、嬉しい悲鳴を上げてしまいました。

体調を崩してから、ウンチも3日にいっぺんのペースだったのですが、ペンダントを付けた翌日から、毎日快便です。全く運動をしなくなかったのですが、のそのそ動きはじめ、最近は機敏さが出てきました。一週間がたったばかりですが、日増しに元気になってきています!たった一週間で、すごい変化を目の当たりにし、必ず元の健康体に戻ることを確信させてもらいました。

本当に驚いております。なんとお礼を言ったらいいのでしょう!感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございます。ご報告をしないではいられないという思いに駆られまして、乱文にて大変失礼いたしました。

追伸
おかげさまで、私も猫と同時に体調を崩し、風邪をひいたりしていましたが、イフのおかげか、一緒に回復しました。
玉井 清子さん
犬の病気 猫の病気 <6月30日>
我が家の愛猫「けんちゃん」は、11歳の雄猫です。腎臓が普通の猫より大きくなってしまい、正常に機能してないとのことで、昨年4月頃に2回ほど手術をし、腎臓からお腹にチューブを通して、人工的におしっこを抜くようにしました。その後、すごい回復をみせすっかり元気になって、最近では自分でおしっこもできるようになり喜んでいました。が、少し前から食欲もなくなり、大好きだった外へも遊びに行かなくなり、かかりつけの獣医さんへ連れて行ったところ、40度近くのがあるとのこと。このままが下がらないようだと、覚悟を決めなければいけないということでした。

原因はよくわかりませんが、腎臓を患っているため、脱水症状がひどいということと、猫のエイズが発症したのかもしれないということでした。1日おきに通院していますが、が上がったり下がったりで、食欲もあまりありません。


<7月2日>
今日は、けんちゃんが病院に行く日だったのですが、肝臓もだいぶ悪くなってるようだと言われたそうです。治療を終えて帰ってくると、いつも一時的にが下がって、多少元気?というか楽になったような様子なのですが、今日はいつもより様子が良いと言うのです。

といのも、病院から帰ってきてからイフを付けてあげたそうなのですが、30分後くらいに母が台所で料理をしていたら、けんちゃんが歩いて来たというのです。今までも全く歩かないというわけではなく、トイレの時だけは歩いていたのですが、ご飯をねだりに歩いてきたのは久しぶりです!

病院での治療のおかげなのか、イフのおかげなのか、よくわかりませんが、私はイフの威力だと信じたいです。嫌がっている様子はないので、このまま首にペンダントとして、付けておいてあげようと思います。まだ数時間しか経っていないので何とも言えませんが、また何か変化があったらご報告させて頂きますね。回復に向かい再び元気なけんちゃんになるよう、信じて使っていきたいと思います。

<7月6日>
家に帰ると、けんちゃんが「ニャ~」とかわいい声で迎えてくれました!ここ何日も元気よく鳴くことが無かったので、これだけでも驚きなのですが、ご飯を食べたくなると台所へねだりに来て、よく鳴き、よく食べてました。ご飯を食べるようになったので体力も回復し、よく歩くようにもなりました。調子がいいので外へ遊びに行きたいらしく、窓際にへばりついて一生懸命外の様子を伺っています。まだ心配なので遊びに行かせませんが、保護者つきで散歩をさせています。

毛艶もとてもよくなり、3.5㎏まで痩せてしまった体重も4.0㎏まで戻りました。昨日お医者さんに連れて行って診てもらったところ、脱水症状もだいぶ回復し、も平に戻ったそうです。1日おきに通院していましたが、様子を見て、病院に来なくても大丈夫と言われました。この回復ぶりには、家族みんなで驚き、喜んでいます!先週様子を見に行った時には、もう諦めなければいけないとまで思った事が、嘘のようです。本当に嬉しくて嬉しくて・・・。この不思議なペンダント、「イフ」に出会えたこと、本当に感謝しています。

今後もけんちゃんの様子を見守りながら、「イフ」を付けてあげたいと思っています。本当にありがとうございました。このような嬉しい体験を、多くの飼い主さんに経験してもらえるよう、頑張ってくださいね。
小関 純子(仮名)さん

犬の病気 猫の病気

<6月30日>

我が家の愛猫「けんちゃん」は、11歳の雄猫です。腎臓が普通の猫より大きくなってしまい、正常に機能してないとのことで、昨年4月頃に2回ほど手術をし、腎臓からお腹にチューブを通して、人工的におしっこを抜くようにしました。その後、すごい回復をみせすっかり元気になって、最近では自分でおしっこもできるようになり喜んでいました。が、少し前から食欲もなくなり、大好きだった外へも遊びに行かなくなり、かかりつけの獣医さんへ連れて行ったところ、40度近くのがあるとのこと。このままが下がらないようだと、覚悟を決めなければいけないということでした。

原因はよくわかりませんが、腎臓を患っているため、脱水症状がひどいということと、猫のエイズが発症したのかもしれないということでした。1日おきに通院していますが、が上がったり下がったりで、食欲もあまりありません。


<7月2日>

今日は、けんちゃんが病院に行く日だったのですが、肝臓もだいぶ悪くなってるようだと言われたそうです。治療を終えて帰ってくると、いつも一時的にが下がって、多少元気?というか楽になったような様子なのですが、今日はいつもより様子が良いと言うのです。

といのも、病院から帰ってきてからイフを付けてあげたそうなのですが、30分後くらいに母が台所で料理をしていたら、けんちゃんが歩いて来たというのです。今までも全く歩かないというわけではなく、トイレの時だけは歩いていたのですが、ご飯をねだりに歩いてきたのは久しぶりです!

病院での治療のおかげなのか、イフのおかげなのか、よくわかりませんが、私はイフの威力だと信じたいです。嫌がっている様子はないので、このまま首にペンダントとして、付けておいてあげようと思います。まだ数時間しか経っていないので何とも言えませんが、また何か変化があったらご報告させて頂きますね。回復に向かい再び元気なけんちゃんになるよう、信じて使っていきたいと思います。



<7月6日>

家に帰ると、けんちゃんが「ニャ~」とかわいい声で迎えてくれました!ここ何日も元気よく鳴くことが無かったので、これだけでも驚きなのですが、ご飯を食べたくなると台所へねだりに来て、よく鳴き、よく食べてました。ご飯を食べるようになったので体力も回復し、よく歩くようにもなりました。調子がいいので外へ遊びに行きたいらしく、窓際にへばりついて一生懸命外の様子を伺っています。まだ心配なので遊びに行かせませんが、保護者つきで散歩をさせています。

毛艶もとてもよくなり、3.5㎏まで痩せてしまった体重も4.0㎏まで戻りました。昨日お医者さんに連れて行って診てもらったところ、脱水症状もだいぶ回復し、も平に戻ったそうです。1日おきに通院していましたが、様子を見て、病院に来なくても大丈夫と言われました。この回復ぶりには、家族みんなで驚き、喜んでいます!先週様子を見に行った時には、もう諦めなければいけないとまで思った事が、嘘のようです。本当に嬉しくて嬉しくて・・・。この不思議なペンダント、「イフ」に出会えたこと、本当に感謝しています。

今後もけんちゃんの様子を見守りながら、「イフ」を付けてあげたいと思っています。本当にありがとうございました。このような嬉しい体験を、多くの飼い主さんに経験してもらえるよう、頑張ってくださいね。

岡崎 美紀さん
犬の病気 猫の病気
飼い主様である伊藤さんから了承を得ましたので、伊藤さんと私(藤井)
との話(メール)でのやり取りをそのまま掲載させていただきます。



伊藤さん(飼い主さん)
10歳の猫ですが、半年前に骨盤を骨折しました。実は最初に診てもらった獣医さんでは骨折がわからず、ずっと痛み止めを飲むだけでしたが、ちっともびっこが治らず、最近になって別の獣医さんに行ったところ、骨盤骨折が判明し、痛みは脊髄から来てると言われました。

うちの子の場合、手術ではなく、自然治癒を待ったほうがいいとのことですが、骨折の場合にもイフは効果があるのですか。今は痛みがひどいので、注射をして抑えています。


(藤井)
はじめまして、こんにちは。
ザ・ピースカンパニーの藤井と申します。メール拝見しました。ご存知のとおり、自然治癒力とは、ある特定の病気を改善させるわけではなく、全ての症状が治癒させる力です。それは、本来人間含め、全ての動物が生まれながらにして持っているものです。

人間でもそうですが、骨折の時は、包帯で肯定して、骨がつながるのを待ちますよね。この「待つ」というのは、全て体の内側の自然治癒力に委ねると言うことですよね。(ドクターや薬が再生させるわけではないのですよね)体でおこる全ての病気、怪我などによる疾患があった時、人間も動物もその状態を修復しようとする力が働きます。これが自然治癒力です。本当に不思議な力であり、偉大ですよね。

同様に伊藤さんの愛猫が骨折であっても、他の病気であっても、自然治癒力が活性化することによって、回復力が早まったり、状態が良くなることは、例外ではないと思います。特に動物の場合、イフをお薬と併用しても問題はないので、その点も安心です。以上ですが、感じますことをお話させていただきました。参考になりましたら幸いです。


伊藤さん(飼い主さん)
先日6月5日にイフを送っていただきました伊藤です。脊髄が悪い猫に今日で12日間つけています。(一日中ではなく、夜だけ)前は一週間に一度の割合で痛み止めの注射をしていましたが、今回イフをつけてからは、注射していません。といっても、足はびっこをひいて痛そうですが、元気があるので、もう少し様子を見てみようと思います。

ただ2日ほど前から、体をがり、今日は両耳の内側に赤い斑点状のブツブツが見えます。体中いらしいのですが、これはイフと関係があるのでしょうか。好転反応ならいいのですが、出る時期が遅いような気がします。何かアドバイスがあればお願いします。


(藤井)
愛猫ちゃんのこと、お聞きしました。体の中で起こっていることですので、断定はできませんが、お薬をしないことで、イフの効き目が鋭くなり、その反応(好転反応)が一時的に出ているかもしれません。この時期に反応が出ることは、決して珍しくはありません。

好転反応は、体の内部にある毒素の排泄しようとする反応であり、長期的にみれば、体は快方に向かっているはずです。ただ、人間のように納得して我慢できればいいのですが、猫ですので、このあたりは、今後ストレスになったらかわいそうですね。

使い方は夜寝るときだけと、おっしゃっていますが、もし、命に関わる状態でなければ、もう少し使用する頻度を少なくして、イフが体に慣れるのを待つのも、一つの対策です。

イフの情報は、既に脳には記憶されているはずですので、今度は、その情報を開放してあげて、以前の状態に戻しますと、今までの体質とイフをつけてからの体質のバランスを取ろうとしまして、結果的に中庸といいますか、現時点での最適な状態の体質を作ろうとします。つまり、つけたり外したりしているうちに、新しい体質が作られていくというイメージです。


伊藤さん(飼い主さん)
先日は、貴重なアドバイスありがとうございました。
猫にイフをつけてからの好転反応とみられる湿疹はまだ続いていますが、(いただいた塩を入れたお水を飲ませ、イフを一日おきに夜だけつけてます。)骨盤骨折による脊髄の痛みから足を引きずっていたのが、今はすたすた歩いています。

なんだかまだ私は半信半疑ですが、半年以上も薬や注射で痛みを抑えてきて、痛いときには玄関の段差も上れなかったんですよ。獣医さんには長くかかると言われましたし。

それが3,4日前から高いところに上るのです。イフを使ってまだ一ヶ月も経たないうちにこれだけ回復した事実は認めざるを得ません。もっと早く知っていたら、半年も痛い思いをさせなくて済んだのにと思います。ありがとうございました。



伊藤 恵子さん
犬の病気 猫の病気
<4月18日イフ注文時>
通信欄 = 2~3週間前から首の周辺にあった毛が抜け落ちてくるのですが、これはほっといてもあとで毛かでてくるものなのでしょうか?
ちなみに抜け落ちるまえは、綺麗に生えそろっていました。どうすればいいのでしょうか? お願いします。

<6月1日ご報告>
今日は、犬の写真を見てもらうために<6枚>撮って、添付ファイルとしてお送りします。そして、この写真をみて、ズバリ!治るものなのか?それとも診察を受けなければいけないのかを知りたくて、メールを書きました。 よろしくお願いいたします。ちなみに年齢は<14歳>です。
  
原因不明の抜け毛が。見るだけで痛々しく、とてもかわいそうな状態でした。

<12月22日ご報告>
ごぶさたしています。覚えていらっしゃいますか?<熊本>の矢沢と言います。
おかげで今は、すっかりよくなりました。最初は、これを聞いたときは<こんなもので>聞くのかなって思っていたら、5~6ヶ月過ぎから徐々に生えてきたのでこの商品は<優れものだな>と思ってびっくりしました。この商品に出会ってなかったら、どうなっていたことでしょう?<本当にありがとうございました>
ちなみに、添付ファイルを送りますので是非見て下さい。
 
時間はかかりましたが、きれいに生えそろってきました!
★最後に何回もいいますけど本当に 本当に 有難うございました。
矢沢 健さん(仮名)さん
自然治癒力維持のための人気アイテムランキング