脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

パピオンが脳の病気に...

犬の病気 猫の病気

中瀬です。パピヨンの件で、相談を何度も受けていただき、ありがとうございました。MRIを受けてきました。結果は、運動失調を理由付ける脳の異常が見当たらない・・・ということでした。脳はきれいで、正常なものでした。難しい顔で、「こんなのはめったにないことですから・・・なんともいえません」といわれました。症状では、しいて言えば、医者がみてやっとわかるくらい、小脳が微妙にはれていることと、その下の延髄にわずかながら白いものが移っていて、しかしそれがなんの異常か、異常でないかがわからないということでした。

先天性の病気にしては、年末までは走りまくっていたのに、延髄にもともと異常があって、こんなにころっとかわるものでしょうか?いろいろな検査をし、ほかの結果ももちろん良好です。頚椎にも異常なしでした。筋ジストロフィーのような、筋肉の病気でもありませんでした。ただ、「反射」が無いようにおもうということでした。手足もそうですが、反射はないけど、足で耳がかけたり、抱っこしていたら人の腕をケンケン蹴るほど元気に動かします。目は、目線はあうし、見えているとおもうんですが、目の前にものを出したとき、反応しないそうです。(普通、瞬きなどしますよね?)

結果は、まだ原因不明です。大学病院でも、たくさんの獣医さんが立ち寄って、いろんな見解をだしたけど、わからなかったそうです。延髄の異常が炎症なら、ステロイドでよくなるかもしれないし、もしステロイドで変わりなければ、首の骨を取り除き、脳をあげて、延髄にかかる負担をとりのぞく手術もあるそうですが、延髄が直接の原因かどうかわからない中、その手術も予後はわからないそうです。

ひとついえるのは、今、生命に関わる病気ではないそうです。進行性・・・とも言われなかったんですが、ほんとうに、なんなんだろうな?というかんじです。私は当たり前のことをしてやってるつもりでしたが、「ここまでしてやれる飼い主さんはすごい」といわれました。MRIの写真を手元に持ってますが、素人ではわからないので、動物病院にもっていただいておこうとおもってます。私は、治療困難な病気や、水痘症などの脳の病気も考えていましたが、あまりにも正常で、きれいな脳で、脳の線もしっかり出ているし、原因がわからない中の、この歩行困難が不思議でなりません。もしかしたら、イフの効能なんでしょうか・・・?(中瀬 宏弥さんより)

------------------------------------------------------------------

ピース"ピースより

こんにちは、中瀬さん!中瀬さんからは、最初変化を感じられなかったみたいで、とても不安になられたと思います。脳に障害があるといわれたときには、やはりショックだったと思いますし。チワワは、水痘症になりやすいと言われていますが、自分の子がいざそうなったときは、もう錯乱状態だったかもしれません。でも、そんな状態でもイフとワンちゃんの自然治癒力を信じて使っていただきました。まさに、その想いがワンちゃんにも伝わったのではないでしょうか?これからは大丈夫ですね!!安心して、またパピオンちゃんと遊んであげてくださいね!!

その他2005年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング