脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

ダメ元でねこの糖尿病に

犬の病気 猫の病気

(4/28)

藤井様

先月イフを注文しました○○と申します。お礼が遅くなりましたが、イフの効果には驚かされました。糖尿病の我が家の猫ですが、血糖値がかなり高く、ずっと体は骨と皮という状態でした。最初は何か猫の糖尿病に良いものが無いかネットで探し、イフを知りました。小さなペンダントをつけるだけでほんとに良くなるのか?と半信半疑でしたが、前の姿を見ているとかわいそうだったので、正直ダメ元で注文したんです。注文した翌日の昼には家に届き、さっそく猫の首につけてみました。

つけてすぐにはこれといった変化は見受けられませんでしたが、イフをつけて2週間ほど経った頃から、徐々に体に肉が付き始めました。脱水症状がひどく、2日に一度は点滴を受けに病院通いしていたのが、今では週に1回で、十分なほど回復し、目に見えないのにこれだけの効果にびっくりしています。目もうつろだったのが、今ではパッチリ開いており、名前を呼ぶとしっかりとした声でニャーと鳴いてくれます。すごくうれしいです。

今はよく動き、体に触ると肉がついているのがうれしくて、よく肉をつまんでしまいます(笑)。つけて1ヵ月半程経ち、点滴にかかる費用が少なくなりましてイフの料金分は浮きました。『信じるものは救われる』という言葉を実感した次第です。まずはお礼を伝えたくてメールしました。どんどんイフを知ってもらえるよう、これからも活動頑張って下さい。本当にありがとうございました!

------------------------------------------------------------------

ピース"ピースより

とってもうれしいご報告ですね!人間同様、糖尿病にかかる犬猫は最近とても多いです。野生動物には存在しないこの病気は、まさに人間環境が作り出した贅沢病と言えるのかもしれないですね。イフを頼りにする飼い主さんも、お薬を服用し続けているにも関らず、結果が出ず、それこそ「ダメ元」で試される方もいますね。
どんな病気でも絶対ということはありませんし個体差がありますが、長期間お薬を使っていた方は「今までは何だったの?」というくらい、あっさりと結果が出てしまうことにあっけにとられてしまうようですね!今回もそのお気持ちが、伝わってくる内容でした。
でも、それはイフのおかげというよりも、動物たちの自然治癒力の力がそうさせたのですから、猫ちゃん自身に「スゴイ力を持っているね!」と褒めてあげたいです。こちらこそ、感動をいただきました。これからも、もっともっと良くなること祈っています!ありがとうございました。

その他2005年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング