犬の病気 猫の病気

先日、イフを注文した○○です。すぐに手配していただきありがとうございました。たまたま、入院中の愛犬あるが一時帰宅で家に居り、数時間後には再び入院しなくてはいけないと言う、朝9時過ぎにイフが届きました。普段は首輪を嫌がり、胴輪しかした事がないあるなのに、ずっと使わずにしまっておいた首輪にイフを付けて、「これは、あるのお守りだから、はずしちゃだめだよ」と、首に巻いてやると、おとなしく嫌がりもせずじっとしていました。

それから、いつもは眠りが浅いあるが、しばらくは熟睡しているようでした。イフを付けて3〜4時間ぐらいたったころに病院へ戻り、検査をしてびっくり!!最初に血糖値を計った時は500近くもあり、危ないところで入院し3日間治療を受けて、昨日帰宅前に計っても300近くまでしか下がらなかった血糖値が、たった3〜4時間イフを付けただけで、平常値に近い130まで下がってたんです。

先生も驚いて、普通なら、同じような症状の犬は平常値に戻るまで1ヶ月はかかり、それも、少しずつ下がっていくものなのに・・・と、首を傾げながらも、退院を許可してくれました。これは、絶対にインシュリン注射だけの成果ではないとすぐに確信しました。まだ、当分はインシュリン注射も併用しますが、いずれその必要も無くなるのではと、期待しています。

イフに出会えて本当によかった。藤井先生やスタッフのみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。もう少し早く出会えていたら、事故で亡くなったもう一匹の愛犬も助かったかもと思うと、残念でなりません。あるの治療費が浮いたら、または、経済的に余裕が出来たら、低血圧で病弱な私を含め、家族や他の愛犬たちにもみんなに持たせてあげたいと思っていますので、そのときはまたよろしくお願いします。

PS.口コミや自身のHP上で、イフの事を紹介してもよろしいでしょうか?売り切れたりしたら困るから、あまり広めたくないような気もするのですが。

------------------------------------------------------------------

ピース"ピースより

またまたすごい報告が届いちゃいました!最近人間に飼われているペットに多く見られる現代病とも言える「糖尿病」。それが、数時間のうちに変化が出てしまったという内容でした。でも、ここまで早く変化があると、普段このような報告に慣れている私でも?驚いてしまいますよね!(早く回復すればいいというものでもありませんよね) 

自然治癒力が活性化する早さは、本当に個体差がありますので、早い子もいれば、病気の進行によっては遅い子もいるのが現実です。ですので、今回の早い回復は異例かもしれません(自然治癒力が働き出す準備は、もともと出来ていたのかもしれません)。

そもそも自然治癒力の働きが活発になって、症状の変化として、見た目にその変化が感じ取れるようになるには、時間がかかるものです。その点お薬は、数時間で変化をもたらすものですので、効けば一時的でも変化が見られます。このあたり西洋医学の効果も否定できない部分もあり、うまく使い分けをする賢さも必要かもしれません。

でも、基本は自然治癒力です!今まで多くの回復した動物たちを見てきましたが、同時に亡くなってしまった子もいました。そこで思うのは、お薬が効くとか効かないというレベルではなく、最後は本人が持っている「自然治癒力」の力が、運命を決めるのだな〜ということ。普段からこの力を強めておくことに越したことはないですね!

その他2005年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング