脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

先入観のない動物だからこそ

キヨこんにちは、ザ・ピースカンパニーのKです。先日、イフを購入していただいた飼い主さんよりこんな体験談をいただきました。飼っている猫ちゃんが、なにしろ老年になってから下痢がひどくなったり排便がひとりでは思うようにできなかったりと、色々な症状が出ていたのが、イフをつけたとたんに、すべての症状が劇的に改善されたと言う報告を受けました。

私たちは「どうしてこんなにイフが効くのだろう...」と会話をする中で、他にもさまざまな改善例があるという話しをしていて、「人間にも効果を発揮しているんですよね!」と質問を受けました。勿論本来は治療院に通われる患者さまのために作られたイフなので、人間にも効果を発揮しますと説明させていただきました。

でも人間には、イフを使用することによって体質を改善したい、病気を治したいなどの目的意識があってイフを購入しているので、少なからず先入観や本当に治ったらいいな〜などの想いが入ってしまうはずです。

なので、正直半分は自分を暗示にかけてイフ使用してる方が多いと思われます。しかし、動物にはそんな情報や先入観は全く入る余地がないので、本当にイフが効力を発揮していなければ、病気の改善はありえないと言う結論に至りました。そういった意味でも「不思議な存在ですね」と飼い主さんも感心されていました。

ついでに、私も使ってみたくなったのでという事で母と自分の分を二つ購入していただきました。ちなみに飼い主さんは腰痛がひどいらしく、うちの猫に効いたように私にも効果があることを期待して使ってみますと言ってくれました。今回はまたしてもイフの凄さと、本当にたくさんの効力を発揮していることに改めて気づかされ、自分にとってもいい体験談になりました!

その他2005年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング