犬の病気 猫の病気早速、リキ(ハスキー犬12歳)と私と主人で試してみました。まずは、リキは「尿結石」「アトピー」「てんかん発作」「胆のう炎」と4つの病気を持ってます。着けてすぐにみが出ました。いつもとは違って長く激しく・・・。確信はできませんが、様子を見てます。

次に主人です。自他共に認める肩の歪みが「イフ」を持って立つと、肩が平行になりつつあるのです!本人も疑いながらも鏡の前へと行き「お〜!ほんまや。」と驚いていた事に、私が驚きました。そんな私は特に変化は感じてないつもりですが、一つ気になっている事はあるのです。

乾燥している時期だけ膝・足の甲がかゆくなるのですが、イフ」を着けてから異常にかゆくてたまらないのです。そして、8ヶ月の息子の落ち着いていた耳のかぶれも同じく異常な状態です。こういう事はよく聞かれますか?こんな時、薬を使った方が良いのかどうか迷ってます。

そして今日、13:30にリキが発作を起こしました。1ヶ月ぶりという短い期間ではありましたが、約12時間後の現在何も異常がありません。いつもよりかなり軽い症状に驚くばかりで「不思議」の一言に尽きます。疑り深い私ですが、思い込みでもなさそうな気がします。これからも様子を見ていこうと思います(^^)

藤井より

こんにちは、藤井です。メールありがとうございました。ご主人様の肩の高さが同じになるなんて!すごい変化ですね!!!良かったです!

ハスキー犬ちゃんのかゆみについてですが、よくマッサージなどをして血行が良くなりますとかゆくなることってありますよね!?今まで流れていなかった部分に血液が流れ出すとかゆみを伴うのです。きっと、イフを使用することで、血行促進効果があったのだと思います。(好転反応の一部ということができると思います)

ただし、その血行促進度合いも過剰な場合、かゆみが止まらずストレスになる可能性もありますので、ここは、イフの使用時間を少し減らして、例えば一日数時間に抑えて、翌日はもう少し伸ばす、の繰り返しをしていただきながら、つまりイフに体を慣らしてあげるのが、よろしいかと思います。ゆっくりと体質改善していくことで、無理のない状態で、安定した体質になっていくのではないかと思います。お薬は、どうしても我慢できないというときに使用する程度に抑えていただければ大丈夫です。

ハスキー犬のリキちゃんの発作が短時間で治まったというのも、いい方向に働きかけている証拠!!良かったです!!今後も、いい結果を期待しておりますね!!

その他2005年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング