脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

心臓病のシーズー犬の奮起

犬の病気 猫の病気こんにちは!嬉しいことがほんとにおきて、さっそくメールしました!!

今月21日に「イフ」が届きさっそく心臓病で苦しんでいるシーズー犬の『リコ』の首に付けてあげました。注文時にお話したように、11歳になる老犬です。今月の18日頃から急に具合が悪くなり、翌日お医者さんに薬をもらい飲ませていました。

心拍数が早く、あえぐような、食事・水さえ飲めず、体勢が辛いのかおすわりの状態で、眠ることも出来ない状況。薬を飲ませてもその状況は変わらずでした。そんな時に「イフ」のことを知り、できる限りのことはしてあげたくて急いで注文しました。みなさんの体験談のようにほんとに半信半疑でした。でも、今日でまだ3日目ですが、ほんと驚きです!

昨日のから徐々に呼吸が落ち着いて、眠れるようになり、あくびや手をなめる仕草、少しだけ食事もできて徐々に元気を取り戻してます!今朝はいつものように、しっぽをふって寄ってきてくれました。表情も良くなってきたし。ほんと感動です!

注文して翌日にすぐ送っていただけて、ほんとに感謝してます。ありがとうございました。ほんと良かった。。。

ピース"ピースより

「心拍数が早く、あえぐような、食事・水さえ飲めず、体勢が辛いのかおすわりの状態で、眠ることも出来ない状況。」

想像するだけで、かわいそうになります。でも、そんな状況から、よく這い上がってきましたね!すごく褒めてあげたいですね!!脳幹は、すべての神経の司令塔と言われているのですが、呼吸が落ち着いてきたというのは、脳幹の活性化にともなって、その神経の流れが正常になってきたということを指します。

一度、活性化された脳幹は、その状態を保とうとしますので、リコちゃんは、ひと安心ですね。

「ほんと良かった。。。」とありましたが、私もほんと良かった。。。です(^u^)。もう大丈夫ですね!!

その他2005年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング