犬の病気 猫の病気お返事遅くなりました。まずは愛犬レオ(ゴールデン・オス・1才8ケ月)の症状なのですが、二週間食事も水分も取れずに入院していました。強引に食べさせても嘔吐を繰り返し、当初は誤飲によるものではないか?とバリョウム等で検査したものの解らず・・・・元気が日に日に無くなり、30キロあった体重も25キロまで減り、先生も「腎臓か肝臓の病気だろう」と伝えられました。

黄疸も出だし、状態は最悪のまま時間が経ちました。開腹手術して直視で診察しましたが「肝臓が多少小さい」との事で、それ以上原因が解りませんでした。そこで自分なりにワラをも掴む思いで検索したところ、この「イフ」に出会いました。

送られて来た時は、正直言って想像以上に小さく、これで奇跡が起こるのだろうか?っと不安になりました。(ゴメンナサイ) お昼に「イフ」が届いたので、そのまま昼から仕事を休み、二時間かかる病院へと走りました。

病院に着くと、早速「イフ」を首輪として下げてあげました。10分ぐらいしてから・・・・ビ!ビックリ!! なっ!なんと外に出たらすぐ便をしたのです。それも良便。これからドンドン奇跡が起きだしたのです。翌日、そもそもレオは食が細かったので、ごはんを出しても体いっぱい喜んで表現するってなかったのに、看護婦さんが器を持ってくると立ち上がって喜んで食べているのです。

これには自分も家内も目が点状態になりました。 ほんと良くなってきてるのです。お陰様で、今日レオは退院となりました。さっき家内から電話があって先生が「急に良くなりましたね。なんだったんだろう?」とレオを見ていたらしいです(笑)まだ多少黄疸が残っているらしいので、また結果メール致します。

ピース"ピースより

これまた、すごい報告が来ちゃいました!ほんと、レオちゃんの回復振りには、驚かされますね!イフを着けてから10分ですか!?う〜ん。イフのご愛用者さま、愛犬愛ネコちゃんの回復の早さは、正直千差万別ですので、1ヶ月使用したけど、分からなかったという方も、正直いらっしゃいますので、このようなメールをいただくと、逆にすごいな!と感じてしまいますね。

すごいご報告につい慣れてしまいがちですが、今回の報告は、いい意味で、ぶちのめされてしまいました!これからもますます調子を回復されるといいですね!本当に素晴らしい回復振りで、感激してしまいました!ありがとう!!!

その他2005年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング