2006年体験談一覧

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

今年も多くの感動をありがとう!

【 藤井より 】




こんにちは、にぎやかなクリスマスもアッ!という間に過ぎ、今年も余すところ、今日を入れて3日となりました!今年も一年いろいろな感動をいただきました。そしてときどき、最愛の愛犬と愛猫との別れもの話しも。ほんとうに言葉では伝えきれないストーリーがそれぞれのご家庭でありました。また、タレントの清水さん山下さんなど著名人の方にも取材していただきました。

「6402個」

恥ずかしながら、今年イフペンダントを弊社から送らせていただいた実数です。この数字が多いのか?少ないのか?

私は、今のペット人口から比べると正直「まだまだ」ではないかと感じています。動物たちが必死に生きようととしている手助けをしたい!そんな我々の想いは、まだまだこの世の中には浸透していない、中途半端なんじゃないかな!?

藤井さんの目標は?と聞かれる時、「イフをしているワンちゃんたちが、どこの公園を歩いても散歩している姿を見れるくらい、この健康法が世の中に浸透することです!」なんて答えています(笑)。だから、現状を「まだまだ」と思っているんです。

でも、これまで使ってくださった方々には、心より、とっても感謝しています!!そして、その方々の貴重な体験を生かして、もっと自然治癒力の可能性を信じていただくのが、うちの使命だと思っています!今年よりも、もっと強い使命と世の中に向けての働きかけ...がんばりますね!

イフペンダントのご愛用者さん、本当にありがとうございました!そして、来年もよろしく、お願いいたしますね。そして、まだイフペンダントを知らない飼い主さん方、少しずつ信頼をいただけるよう努力していきます!何かご縁がございましたら、ぜひ可能性を信じていただけるようですとありがたいです。

そして、深刻な病気にも関わらず、逃げずに病気に向き合い、戦った動物たち、尊敬と感謝の念を送らせていただきます。

「あなたたちは本当にスゴいです&ありがとう!」

(12/25)

ピースカンパニー様、こんにちわ。今日は奇跡が起こった愛犬メタルの写真を送らせていただきます。11月に椎間板ヘルニアで突然歩けなくなってしまったメタルが今日も無事に歩いている光景です。小さなイフペンダントは素晴らしい。ママとメタルより感謝のキモチを写真に込めて。  ◯◯◯◯、メタルよりお手紙でした。

ピースより

クリスマスの今日、すてきなメールがきました!短いコメントですが、椎間板ヘルニアから復活したメタルちゃんの姿は、とてもほほえましく、勇気を与えてくれます。メーリークリスマス!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

腸の腫瘍(癌)を乗り越えて!

(12/3)

イフ」届きました!こんなに早く届けていただけるなんて、本当にありがとうございました。猫のお見舞いに行く前に私がつけてみましたところ、20分くらいしてすごく眠くなり、約40分爆睡してしまいました。目覚めはスッキリ!!

猫(りゅうたといいます)が病気になってから 眠れずおきていても神経がピリピリしていたのですが、ひさしぶりに気持ちの余裕ができました。これはひょっとしたらりゅうたにもいいぞと期待が膨らみます。「イフ」を持って 病院にいったところ経過がおもわしくなく、夕べは食事をしたが、今日は朝からたべていないとのこと。

体重も少しづつ減っており、ウンチもでていない。食べた物が腸から胃に逆流する猫はその病院では初めてで、先生が医師会とか知り合いのアメリカの獣医さんにメールで聞いてくださったのですが、例がなかったようで、皆さん胃と腸のCT検査(もしこれでもわからなければ開腹)をしたほうがよいということでした。

「全身麻酔になるので、体力のことを考えると早い方がいいですね」と先生のお言葉。私もやるだけの事はやってあげようと思いました。検査の前に家に戻ってもいいと外泊の許可がでたので つれて帰って「イフ」を首につけてあげました。

すると、入院前は全然食欲がなかったのに、好物のアジの開き(ほんとは食べちゃだめなんですが、もう好きな物なんでも食べて、とにかくおなかをうごかしてという気持ちであげてしまいました)を約半身食べてくれました。冷たいところ(玄関や風呂場など)に行きたがっていたのですが、おちついて寝床で寝てくれています。

こんなに落ち着いているのは10日ぶりです。きっと「イフ」のおかげですね。明日また入院しなくてはならないのですが、朝の様子をみて、検査はもう少し待って通院で治療できないか、相談してみるつもりです。

まだまだ安心はできませんが、暗闇に光がさしこんできたようです。本当にはやく届けていただいてありがとうございました。長いメールですみません。また御報告させていただきます。

(12/11)

りゅうたは4日に、開腹手術をしました。小腸の一部が、ウィンナーソーセージみたいに縮まっていたので約3センチの切除をして残りを接合することになりました。2時間半に渡る手術でしたが、無事乗り切ってくれてほっとしています。

いい病院といい先生とそして何よりイフに助けてもらったと思っています。イフが届いてからずっとりゅうたの首にかけていました。少しづつですが ご飯を食べ、手術にいく日の朝 なんと約10ぶりに自分からお水を飲んでくれたんです!!手術に必要な体力を少しでも補えたのはイフのおかげです。

「りゅうた これならきっと大丈夫だよ がんばろうね」と家をでました。入院中も先生にお守りとしてそばにおいてもらってました。経過は順調で8日に退院、今ごはんをおいしそうに食べて気持ちよさそうに自分のベッドでうとうとしています。

こんな日が来るとは。。。あの日イフに出会えた幸せをかみしめ、また迅速に対応していただいた細谷様に本当に感謝いたしています。まだうんちがでなかったり、腸に腫瘍があって今検査中で、これで終わったわけではないのですが、イフがあるから大丈夫!りゅうたといっしょにがんばっていきます。おいそがしいところ長いメールですみません。今度は自分用を考えているところです。
ピースより

りゅうたちゃん、ホントによかった!イフが届いて食欲がなかったところから、突然食べてくれるようになって。でも、翌日には手術を受け、飼い主さん含め、さぞかし大変だったと思います。しかし、手術にも耐えられるほどの体力を取り戻し、うとうとしている姿を間近で見ていられる!

その光景がなんとなく、目に浮かぶようです!まだ、完全ではないですが、でも、信じています!これからもげんきでね!!



こんにちは。

8月19日にイフを注文して22日に届けて頂いた愛媛県の◯◯です。イフ購入の目的は7歳のプードルの白内障が少しでも良くなればとの思いからでした・・・。しかし、その目的以外に使用する事となったんです。

7歳のプードル♂の母プードル(ミッフィー11歳)がいるんですが、22日の夕方いつものように仕事が終わって犬たちの所へ行くと伏せをして動かなかったんです。そしてトイレに連れて行ったところ「これはおかしい!」とすぐ分かるような濃い色のオシッコをしました。すぐに病院に連れて行き診察してもらいましたが「があるからだろう」と言われ、解注射と栄養注射をしてもらい帰りました。その日、イフが届いてたので早速ミッフィーにつけました。

次の日もやっぱりダルそうで朝一で病院へ連れて行きました。今度は血液検査をして詳しく調べたところ、肝臓がとても悪くなってる事が分かりました。数値がもの凄く悪くて、すぐに点滴をしてもらいました。この日から毎日、朝夕2回の点滴に通院する事になりました。

そのうち体は全身黄疸が出て、グッタリなったり少し元気が出てお肉を食べたりの繰り返しでした。悪くなって4日後の26日にはやっとウンチが出ました。病院が休みの日も先生のご好意で朝夕点滴をして頂けました。連日の点滴で4肢の血管はボロボロになり見てるのも可哀相なくらいでした・・・。どうしても漏れて出来ない時は仕方なく皮下注射の日もありました。

いろいろ調べる中、どうして急にこんなに悪くなったのか先生にも分からないらしく、胆道に何か出来ているのかもしれないとか、肝硬変になってきてて肝臓ガンになる可能性も・・・。とかいろいろ話してる中「覚悟しておいた方が良い」みたいな事も言われました・・・。グッタリしているミッフィーを見ては毎日が止まりませんでした。

「頑張ってね!死なないでね!」と何度も耳元で励ましました。その間、もちろんイフはずーーーっと付けていました。

そんな中、少し歩いたりするようになり、29日頃には黄疸が少し薄くなってきたんです!!これには先生もビックリでした!!8月31日の血液検査では3つ悪い数値があったんですが2つが快復に向かっていたんです!!奇跡のようでした!!

9月1日からは飲み薬と点滴ではなく栄養注射を1日1回でよくなりました。2日には1週間ぶりにウンチも出ました。

でも5日の朝、いつものように栄養注射に行った後、何だか1日具合悪そうに思えて、夕方も病院へ行きました。血液検査をして肝臓は良くなってきてるけど、胆管に異常があるかも?と言われました。抗生物質を注射して、帰ったんですが、やはり具合悪そうでずっと私の膝で寝ていました。

すると夜8時頃、急に引きつけを起こしてしまって慌てて病院へ・・・。こんな事は初めてでとても動揺しました。診察の結果、脳圧が上がってきてると言われ下げる注射をしてもらい、落ち着いてから帰りました。その日は、怖くて眠る事が出来ませんでした・・・。

朝方3時頃までグッタリしてましたが、それ以降はスヤスヤと寝てくれて、幸い何事もなく朝を迎える事が出来、食欲も出てきて4日ぶりにウンチも出ました。病院でエコーを撮って、肝臓肥大、胆のうがドロドロ、心臓肥大(初期)など分かりました。

8日に新しい薬が処方され、飲ませ始めました。8日、9日とすごく具合が悪くなり、呼吸が荒く寝返りも辛そうな程でした。先生に話すとレントゲンで診て頂き、心臓肥大と肺水腫ほどではないが肺にが見えるから、呼吸が荒いのはそのためだと言われ、肝臓がちゃんと治ったらコチラも薬で治すからと言われました。そして食欲ななかったので食欲が出るようにとビタミン注射もしてくれました。

10日の朝は少し体調が良くなっていたので、前日と同じビタミン注射をしました。その後16日まで朝夕静脈注射(ビタミン)に通い、15日の夜から新しい薬になり飲ませたところ11時頃からグッタリして息が荒くなり、ひと晩辛そうで16日の朝になると少し落ち着いてきました。

具合が悪くなったのは新しい薬のせいか?と言う事でしたが、この薬は飲ませた方が良いからと言う事で続ける事に・・・。その後、具合が悪くなる事はなく、とても調子が良さそうで朝1回の静脈注射と薬だけになりました。

21日に血液検査で、良くならなかった最後の1つの数値も良くなってきてる事が分かり、ホントにやっと一安心出来ました。25日からは1日おきに病院に行くようにして、30日の血液検査でまた良くなっていたので、10日ほど注射も飲み薬も止めて様子を見てみようと言う事になりました。

そして、10月10日ドキドキの血液検査の結果・・・全て正常値に戻ってたんです!!先生は「諦めずに頑張ったから」と褒めてくださいました。
正直助かると思ってなかったそうなんです。

現在(12月)は、心臓の薬を毎日飲んでいますが、とても元気に暮らしています。毎日毎日病院に通い、よくして下さった先生にもモチロン感謝しています。でも先生でも治ると思っていなかったミッフィーが、元気になったのはイフの力もとても大きかったと思っています。
今でも、怖くてミッフィーにずーーーーっと付けたままです。

今のところ白内障には効果は出ていませんが、命に関わる病気が治ったので十分です♪お礼が遅くなりましたが、本当に感謝しております。ありがとうございましたm(__)m
ピースより

とっても、かわいいミッフィーちゃん、写真を送ってのご報告です!◯◯さん、ありがとうございます!ご報告を読みますと、ほんと一言一言、息がつまります。どこまで良くなってくれるのか?その現場にいた飼い主さんはさぞかし、大変な想いをしたことでしょう。でも、こんな風に元気になってくれて、先生まで驚かせて、ほんとミッフィーちゃんはがんばりましたね。この感動は、きっと他の飼い主さんにも伝わるのではないでしょうか!!

ミッフィー、これからもげんきでね!白内障だって...!!!

注文してから すぐに送って頂きありがとうございました。届いた日に心不全で、呼吸が苦しそうなジョンのそばにイフを置いておいた所、ほんの数分で呼吸が楽になった様で、スヤスヤと眠りにつき安心しましたと同時にすごい!!の一言でした!

未だに病院から貰った心臓の薬は飲ませていますが、昨日病院に行ったら 先生の前でふらつきながらも歩いて・・以前はもう歩けないかも・・と言われていたのに・・
もう少し様子を見て神経系の薬は止めてみましょうと言われました!!心臓の方も「落ち着いてますね」と・・

年なので全回復は望めないとしても、大切な家族の命を守ってくれているイフに・・ここで出会えた素晴らしい方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ジョン頑張れ!!皆さんの大切な家族達も頑張れ!!

本当にありがとうございます!!!!!またメールさせて頂いてもいいですか?
ピースより

ジョンちゃん、すごい~~!先生も安心の診断!そして、感謝のお気持ちをいただいたのと同時に、「皆さんの大切な家族達も頑張れ!!」とエールを送っていただきました!こういう連鎖、うれしいですね!メール、どうぞ遠慮なく送っていただいて結構です!というか、どうか送ってください!!(笑)。

【 藤井より 】




昨日、夜9時過ぎくらいだったでしょうか。普段であれば、この時間帰社しているかどうか?微妙な時間帯なのですが、昨日おりましたところ、とても感動的な電話をいただきました!

その方(飼い主さん)は、シーズー犬を飼っていまして、シーズー特有の病気とも言える「ドライアイ」で悩んでいました。
「ドライアイ」は、乾性角膜炎というもの。涙が減少するために起こる角膜と結膜の炎症で、治療せずに放置すると、角膜に色素沈着し、失明してしまうという何気に怖い病気です。

そのシーズーちゃんのために、今年5月末にイフを購入し、ご愛用くださっておりました。どの位の早さで治ったのかはわかりませんせが、12月現在、このシーズーちゃんはドライアイはまったくなく、とても元気で過ごしているんです!!というか、元気すぎて困っているとのことでした(笑)。

さらに驚きなのは、シーズーちゃんの首には絶えずイフが巻かれているのですが、
抱っこしている飼い主さん自身も、慢性心不全だったのに、その後の経過がとても良いのです。もともと他にこれといった治療をしているわけではなく、かかりつけの先生もこれには、ビックリされているんです。

ご主人さまとも
「これって、このペンダントしかないよね!?」なんて話をしているようで、電話ごしで、とても元気な様子が直球で伝わってきました!!

最後にはお礼のお言葉と、さらにその話しに興味深々のご友人さまのために、再注文をいただきまして、本当にありがたい立場でお仕事をさせていただいている現在の自分の立場に感謝せずにはおられませんでした(決して自慢ではありませんよ)。こちらこそ、本当にありがとうございました!これからも、みなさんお元気で!!


藤井より


こんにちは!11月24日金曜日、俳優の山下規介さんが、弊社の取材にきました!今年2月の清水さんの取材に続いて、芸能人の方からの取材は2回目ですね。インターネットテレビの新しい番組で弊社の
「脳幹活性ペンダント イフ」の取材をぜひさせてほしい!とのことで、喜んで?協力させていただきました。ほんとうにありがたい限りです(ディレクターさんありがとう!)。

インタビュアーは昼ドラマで有名な新キッズウォーのお父さん役、山下さんです!


山下さん─ このお仕事を始められた「きっかけ」は何ですか?

藤井─以前、このペンダントを体調がすぐれない人間に勧めていたのですが、そのお客様から「うちのペットが、考えられないほど元気になっちゃったのよ!藤井さん、動物にも試してみて!」そう教えられたのがきっかけですね!実際にお勧めしてみると、すごい結果がでてしまったんです。獣医の先生から見放されているような、動物達がどんどん元気になる姿を目の当たりにして、是非広めたいと思いました!

山下さん─
おもしろい、経緯ですね!今までで一番苦労されたことは何ですか?

藤井─
常識的ではない健康法をインターネットでいかに信頼していただくかでした。私が言うのも変かもしれませんが、はやりペンダントで元気になれるなんて、そんな馬鹿な!と普通思うじゃないですか!

山下さん─
それはそうかもしれませんね(笑)!でもそんな結果が出るのが事実なのは、いかにすごいものか!という裏返しでもありますよね!さて、この仕事の魅力は何ですか?

藤井─
動物たちの病気や命を助けるという大きな貢献が出来ることです。飼い主さんたちは動物のことを家族同等、それ以上に愛情をかけていらっしゃるので、元気になった時のお喜びの声は自分が元気になった時よりも、はるかに大きいのですよ。その喜びを肌で感じられるのは、何ものにも返られない喜びがあります。

山下さん─
本当にそうですね!将来的な展望は何ですか?

藤井─
実は、このペンダントはすでに延べ12万人以上の方に使っていただいていて、知る人ぞ知る健康法ではありますが、知らない方は全く知らないです。当たり前の話ですが(笑)。どこの公園に出かけても、ときどきこのペンダントをして歩いている動物の姿を、見かけられるくらい、この健康法が普及しているような世の中にできたらスゴいことになると思っているんです!

山下さん─
これは、壮大な構想ですね!最後に、座右の銘を教えてもらえませんか?

藤井─
「ありがとうと言われる仕事 私の誇り」

という言葉があるんです。普通、商売をやっていると商売人がお客様に向かって使う言葉ですが、反対にお客様から「ザ・ピースカンパニーに出会って本当によかった!ありがとう」と言っていただけるような貴重な情報やサービスを提供していきたいと思っております。


山下さん─
すばらしいですね!!確に仕事をするのであれば、そんな感謝の念を持っていただきながらできるなんて幸せですよね!動物の健康のため、人間の健康のためにも、ますますがんばってくださいね。今日は、おもしろい話をお聞かせいただけまして、本当にありがとうございました!


左が山下さん、右が藤井。
テレビでも凛々しい俳優さんですが、さすが実際にお会いしてみますと、その印象は、さらにその爽やかさといいますか、芸能人オーラを出していました!最後は、例外にもれず、サインをしていただきとスタッフ全員の写真撮!みなさんに期待されていることを励みにがんばりたい!と思わせてくださった一日でした。山下さん、ありがとう!関連記事(スタッフ日記)

犬の病気 猫の病気ピースカンパニー様

11/10にイフのペンダントを購入した◯◯と申します。今回は13歳の糖尿病の猫のために購入しました。

11/8元気がなく食欲もなかったので、久しぶりに検査してもらおうと、病院に行ったところ血糖が300代と高く、
糖尿病の診断をうけました。その日からまったく食事を食べなくなり、尿にもケトンが出て、ケトアシドーシスという危険な状態になりました。ぐったり寝た状態でトイレも行けなくなり、寝ていても身の置き所がない様子で、意識もおかしくなっていました

検査したら肺にも腫瘍があるらしく、水も溜まっている状態。血糖が高いのもこの腫瘍からくるものかもしれない・・・ということでした。ケトアシドーシスを検索し、何かいい方法はないものかと探した時に「イフ」にたどり着きました。

11/10 購入、次の日には届き、早速首につけました。すごく小さくて軽く、首につけても違和感がなく助かりました(こんなに小さいのにはびっくりしましたが・・・)。つけてからその日のうちにずびずびいっていた鼻が治まりました(以前から鼻炎があって、青っぱなを出していて、つらそうでした)。

その後は特に変化もなく、点滴&インスリンをしても効かず、危険な状態は変わらず、体温もかなり下がり、この状態では1週間もたないかも・・・とすっかりあきらめモードになっていました。

11/15 ふらふらになりながらも水を自力で飲むようになりました。それまでは飲みたそうにしても全く飲まなかったのが、ごくごく嘘のように飲むようになりました。

11/16 ふらふらの体でトイレに行っておしっこをしました。

11/17 ご飯の場所まで歩いてきて、ご飯を少し食べました。水を飲むようになり、トイレもできるようになり、ご飯も少しづつ食べるようになり、だんだんと表情が以前の顔つきに戻ってきて、足取りもしっかりしてくるようになりました。点滴とインスリンに毎日通い、インスリンもだんだん効くようになってきました。食欲も出て食べる量も徐々に増えてきて、

昨日(
11/28)あたりからかなり欲しがるようになりました。あの寝たきりの危険な状態からここまで復活できるなんて、信じられません。病院の先生もびっくりしていました。ほんとにうそのようですが、イフのおかげかもしれません。

(中略)

まだ点滴とインスリンは続きますが、とりあえずお礼をと思いメールを書きました。ありがとうございました。本当に感謝です。
ピース"ピースより

糖尿病のねこちゃん、かなり危ない状態から、よくぞ持ち堪えてくれましたね!本当によかったです「お水を全く飲まなかった状態からごくごく嘘のように飲むようになりました」。その時のことを勝手にイメージさせていただきました(笑)。チョチョ切れもんですね(≧∇≦)キャー♪。病院の先生もビックリされるくらいの回復ですから、猫ちゃんを誉めてあげたいですね!!これからもますます元気にね!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

胆のうに腫瘍

犬の病気 猫の病気うちの愛犬ジェイ(ミニチュアシュナウザー・♂・12才)が、9月11日頃から元気がなくなり、様子を見ていましたが、14日に病院へ連れて行ったところ、肝臓の数値が異常に上がっていることがわかり、入院しました。1年ほど前から胆のうに膿か腫瘍のようなものがあり、投薬で治療しながら様子を見ておりましたが、変わらなかった胆のうが一気に2倍ぐらいの大きさになってしまったようです。

西洋医学ではこの胆のうの大きさは即オペという判断だそうですが、肝臓の数値の高い状態でのオペは危険なので、まずは肝臓の数値をさげるべく治療をしていただきました。肝臓の数値はわりと早い段階で下がり始め正常値になりました。

ありがたいことに、お世話になっている先生が、西洋医学以外にいろんなことをやっていらっしゃる先生で、自然治療(ホモトキシコロジー)という選択肢もあるというお話を伺いました。自然治療をやる上でのデメリットはもちろんありました。肝臓の数値は胆のうの響で上がっていると考えられるので、肝臓の治療をやめた状態でまた上がってしまう可能性もあり、胆のうもそれ自身の状態(組織が硬いか柔らかいか)によっては、いつ破裂するかわからない状態です。自然治療のお薬が効くかどうかもわかりません。

オペをやる場合は 2~3年前から腰の骨がブリッジになっていて痛む状態なので、オペのための麻酔で血液循環が悪くなり 腰が悪化するかも知れないということでした。そこで、オペをやらずに自然治療にかけてみることにしました。ただ、この状態が何年も続き、2年も3年も経ってからやっぱりオペということは、年齢的なことも考えるとよけい悪い状況になるので、それはないです。ですから、
オペの覚悟をしつつ自然療法に望みをかけている状態です。

そうしているうちに、今度は血尿、また病院へ。これは膀胱に石があるために膀胱が傷つき血尿が出ていました。処方食で石を溶かすことは可能ですが、肝臓に負担をかけるのでまた数値が上がるかもしれません。とりあえず、2週間の間、水をたくさん飲ませて、1日何回もお散歩に出して、石を出すようにしました。腰が悪いのに1日4回お散歩です。そう、うちの子はお外でないとおしっこウンチもしてくれないんです。我慢するのもよくないんでしょうね。

腰の方は電子を当てたり、機能性食品をあげたりいろいろしてはいますが、簡単に良くなるものではないらしいです。病気のことを調べているうちにイフのことが目に入り、ホームページにかじりついていました。
これだ!これしかない。私の直感です。ジェイの腰の痛みを取ってあげられるかもしれない。そう思ったのです。

10月3日 午前中にイフが届きました。かわいい。愛おしく思えました。これがジェイを救ってくれるかもと思っていたからでしょうか・・・?早速、付けると いつもと変わらず寝てました。お昼前にお散歩に出したとき、あれ、いつもより歩き方が早い?腰もそんなに痛そうにないかも?と思いましたが、まあ、これは気のせいかも知れない。そんなに早くはね~

そして夕方の散歩、やっぱり早い、全く大丈夫な状態ではないけど、いつもなら あ~腰が痛いんだなとわかるような歩き方でしたが、それがほとんどありませんでした。もう、効きはじめているのだと、確信しました。もっともっと良くなれ~ 頑張って~イフ!そんなジェイを見ていて もう一人の子(アルル)(ミニチュアシュナウザー ♀ 8歳)にもつけてあげたくなり、自分たちも付けたくなりました。

10月4日 追加で注文 3個しました。

10月5日 イフ装着3日目です。ジェイの元気は気のせいなんかではないようです。明らかに元気になっています。血尿も止まりました。今度の病院での検査が楽しみになってきました。主人も私も、アルも今日からつけています。私は軽い頭痛と夕方爆睡してしまいました。これって好転反応かも。お昼寝しちゃったときのあの気持ち悪さはありませんでした。

10月14日 病院でジェイの血液検査、尿検査、エコー検査、レントゲンを撮りました。血液検査は問題なし、残念ながら石はまだ残っていましたが、前回のときは尿に血液がたくさん混ざっていましたが、今日は全く混ざっていませんでした。

それと、何よりうれしかったのは胆のうの膿が明らかに少なくなり、大きくなっていた胆のうも正常の大きさに戻っていました。
先生は「いいんじゃないですか~。これでもうオペはやらなくてもいいみたいですね」と・・・。

自然食の手作りをしたり、自然療法のお薬を服用したりしていましたが、明らかにイフのおかげでこんなに早く結果がみられたのだと思いました。イフのおかげでジェイの自然治癒力が上がり、いろいろしていることもよく効いてくれたのだと思います。ほんとうに嬉しくて嬉しくて・・・感謝の気持ちでいっぱいです。次回は3週間後に検査します。

10月15日 今朝のお散歩でジェイが走りました。ええのかい走って・・・あんた腰が痛くないの?って感じでビックリです。腰が悪くなってからここ何年もお散歩でジェイが走るところを見たことがありませんでした。奇跡です!きっと調子がいいのだと思います。
ピース"ピースより

10月16日にいただいた◯◯さんからのご報告です。1ヶ月も前にいただいたのですが、いつか紹介したいと思っておりました(ご心なご報告でワード文書で作っていただきまして、そちらをご紹介させていただきます)。伝えたい部分を私がオレンジ色で着色しているのですが、伝えたいことばかりで、オレンジだらけになって、ごめんなさい(笑)。

ジェイちゃんの復活ぶり、スゴいとしか、言いようがないですよね!そして、いまでは、飼い主さんだけでなく、ご主人さま、その他のワンちゃんにも使っていただいているようです!家族みんな、これからも仲よく、そして元気でいてくださいね!感動をありがとう\(○^ω^○)/

犬の病気 猫の病気9月25日に注文して翌日にとどきました。じつをいうと、届く前まで返品のことを考えておりました。それで、中のものを傷めないようそっ~と開封しました。中を見るとあんまりの小ささにエエッ???こんなものが~~~と、思いました。でも、まあ、せっかく取り寄せたのだから、ものは試しで使ってみるかなあと気乗りのしないまま、モコの首に付けてやりました。

翌朝、見てみると今までじゅくじゅくしていたところが、膿が固まって、かさぶたが出来ていました。夕方になると、その固まったかさぶたがボロボロと自然に剥げ落ちて、その下からピンク色のきれいな肌が現われました。何週間も病院の薬(抗生剤と漢方薬)を飲みつづけていましたが、なかなかじゅくじゅくとした状態がとれなくていました。

それが、たった1日で乾いた状態でかさぶたになり、しかも其の日のうちに剥げ落ちたのです。最初から全然信じていなかった主人もちょっとビックリしたようです。動物病院の先生からは高齢でもあり、アレルギーであれば、ここが治ってもまた次に別のところにできやすいので、根気よく付き合っていきましょうと言われました。

どんなことがあっても治してやりたいのですが、一瞬、高価な薬代のことが頭をよぎってちょっと不安でした。丁度そんな頃にこのイフのことを知り、もしかしたらほんの少しの効果でもでればと思って送って頂いたのが、こんなに早く効果が現われるとは思ってもみませんでした。
効果が現われるにしても、長期間を思っていましたのに。

モコの落ち着いた静かな寝顔をみながら、本当にうれしく思っています。本当に 本当にありがとうございました。
ピース"ピースより

あんまりの小ささにエエッ???こんなものが~~~

その心境、節にわかります(笑)。イフを毎日見ている私でさえ、いつも思っていることなので。返品の可能性も考え、そっ~と開放、なんだか手に取るようにわかります。やっぱり不安ですよね。そんな飼い主さんの心境はよそに、一日でじゅくじゅく→かさぶたとは、すごい回復ぶりに、敬服してしまいますね!

モコちゃんのかわいい寝顔がいつまでも飼い主さんを癒しますように。これからも、どんどん元気になってね!!♪(゚▽^*)ノ⌒☆

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

山梨セラピードッグクラブ







こんばんは いつもお世話になっております。先日お話した我が家のちゃまのすけ君の写真を送ります。おかげさまで、5月の末、目の異常に気づき、イフとの出会いがあり11月13日の11歳の誕生日には写真のようにすっかり良くなってますます元気です。お陰様でありがとうございました。
ピースより

以前、ご報告をいただきました山梨セラピードッグクラブの中村さんから、ちゃまのすけ君の写真を送っていただきました!元気になってくれて本当にうれしいです。そのおどけた笑顔がたまらないですね。いつまでもげんきでね。中村さん、ありがとうございます!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

ヘモバルトネラ感染の猫

犬の病気 猫の病気連絡とお礼が遅くなってしまいましたが、イフが届き、早速、猫につけました。

抗生剤を替えたのと、イフをつけたのがたまたま同じ日になりましたが、相乗効果にもなったでしょうか。その日から序々に食欲が出てきて、一週間経った今では以前と変わらずに元気になり生活をしています。

診断結果は、
「ヘモバルトネラ感染」でした。FIV,FeLVは、ともにマイナスでした。ヘモバルトネラは完全になくならないそうですが、元気であれば問題ないです。

一時は「死」もありえるといわれただけに、とてもうれしいです。イフでこれからも健康で長生きしてほしいと思います。

大切に使わせていただきます。ありがとうございました。
ピース"ピースより

ヘモバルトネラ症は溶血性貧血のことで、赤血球が溶けてしまって、壊れてしまってなる貧血のことです。感染症は、自然治癒力だけではなかなか良くならない傾向があります。

でも、可能性が無いわけではありません!今回のヘモバルトネラ感染にかかっても、実際に良くなっているという報告を受けましたが、「自然治癒力」のスゴさを物語ってくれていますよね!

「死」をもありえるという状況から、よく復活してくれました。おめでとう!これからも、ますます良くなりますように!!

犬の病気 猫の病気10月11日にイフを送って頂きました、◯◯と申します。我が家の愛犬リリーが、9月23日に、突然、椎間板ヘルニアになり後ろ足が全く麻痺してしまいました。すぐに3日間の入院でステロイド剤を投与してもらい、めざましい回復を見せていたのですが、その二週間後に再発。同じように、薬を投与してもらったのですが、今回は回復の兆候がありませんでした。

獣医の先生や家族と相談した結果、手術をしてもらう事になり、当日まで一時退院してきていました。そんな時にイフが届き、藁にもすがるような思いでリリーの首につけたのです。30分位すると、入院した時からずっと乾いていた鼻がつやつやと濡れ始め、翌日の朝には、自分で腰を上げてふらふらと何歩か歩きました。

回復の兆しが見られたので、手術の予約はすぐにキャンセルし、その後、色々と調べ、針治療やサプリメントなど、できる事は全て取り入れています。ステロイド剤も、まだのませています。今はだいぶ回復し、昨日からゲージレストからも開放され、部屋の中でひょこひょこと歩き回っています。

はっきり申し上げて、リリーにとって今回、
何が一番効果があったのかはわかりません。ただ、動物が持っている自然治癒力という点に気づかせてくれ、リリーの持っている力を信じて待ってみようと思わせてくれたのはイフの存在です。

犬の椎間板ヘルニアの場合、早急な治療や手術を勧められるので、待つということは大変勇気の要る事です。私達もとても悩み、不安でいっぱいでした。そんな時に何度も、イフの体験談を読んで勇気付けられました。

まだまだ、再発の可能性がありひやひやしていますが、リリーの首にイフを引っさげ、針治療に通います。
完治する日を夢見てがんばります。ありがとうございました。

PS.「自然治癒力の法則」塾読しています。私のバイブルになりそうです。
ピース"ピースより

手術の予定をキャンセルなんて、ほんと幸運でした!覚悟を決められていたと思いますが、その状況で大復活ですね!

何が一番効果があったのかはわかりません。

私、思います。イフに効果があった!?◯◯に効果があった!?でもね、結局は何が効果があったとかは本当は問題ではなく、とにかく、自然治癒力という点に目を向けようとする価値観があるか?ないか?この点をしっかりと持っているかどうかで、動物の運命がずいぶん変ってくるのではないかと!

この価値観を強く持っている限り、病気の回復は元より、ペットたちの幸せ度までも大きく変えるのではないかと思います。人間は、ついつい常識的な医学で健康を図ろうとします。西洋医学が絶対でないと思っていても、実際病気になったら病院に直行の方が大部分ですよね。

人間はいいかもしれません。でも、動物たちは?

犬の病気 猫の病気我が家の猫7匹(平均年齢15歳)、犬1頭(15歳)、人間3人(平均年齢66歳)イフを使い始めて3年くらいたちましたが、特に24歳の猫はこのたび大腸ガンの手術をしましたが奇跡的に生還、17歳は目の上の腫瘍が小さくなるなど、おかげさまで長寿一家健康にすごさせていただいております。

最近、ひとつ悩みがあるのですが、イフの紐が切れて、外に出る犬や、人間は紛失が時間の問題になっております。代わりの紐を探しておりますが、なかなかみつかりません。つきましては容易に入手できる紐につきましてお教え願えると幸いでございます。なお、貴社で販売などしていただけるとありがたいのですが。何卒よろしくお願い申し上げます。函館市 ◯◯

ピース"ピースより

「24歳の猫はこのたび大腸ガンの手術をしましたが奇跡的に生還、17歳は目の上の腫瘍が小さくなるなど、おかげさまで長寿一家健康にすごさせていただいております」

なんてすばらしいことなんでしょう!!スゴい、本当にすごい!素直に感動しています。ご報告、ありがとうございました。

と同時に質問がありました!イフの紐についてです。イフは、とても小さく出来ているので、どんな小さな子でも使用可能です!しかし、そのデメリットとして、紐が細いものを通さなければならないので、その点を指摘される方もいます。そこで、通常添付されているヒモとは別に、もう一本紐をプレゼントすることになりました!

また、同時にイフ専用カラー5色セット」として、別売りすることになりました!イフの販売個数がめでたく12万個突破記念としての弊社オリジナルな企画です!基本的に、今後新しくイフを購入される方から適応となります。これからも、末永くイフをよろしくです。

詳しくは、こちらです。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

腎臓低形成の犬

犬の病気 猫の病気8月末に腎臓低形成の子用にイフを注文した◯◯です。イフを付け始めて以来順調に回復していました。

9月末に定期検査で血液を調べた所、なんと、退院時のBUN228が150まで下がっていて、creも7から3.2まで、リンも16から9まで下がり、本人も自力で処方食を食べ遊び「ああ、これで一安心」と思っていたのですが・・

その際に、病院で貧血の数値がかなり悪化していて(pcv14)、このままだと腎臓よりも先に貧血で命が危ないと言われてしまいました。

半分の確率で抗体が出来てしまうというエリスロポエチン注射を週3回、3週間打つプログラムでやってみたのですが、注射が嫌で仕方が無いのか、それともホルモン注射の響か、食欲が落ちてとうとう何も食べなくなってしまいました・・それでも気に入ったものを日替わりで食べるので、色々試している最中です。

本日、定期検査をした際にまた8月のようなBUN、cre、リンの数値で病院からは入院を勧められたのですが、前回のこともあって、本人のストレスを考えて、イフと本人の生命力を信じて連れて帰りました。

本来ならBUN250など生きているのも不思議な数値だとのこと・・。

それでも本人はゆっくりとお散歩をし、気ままに家の中を歩き、ゆっくりと眠り、好きな物を食べて目をキラキラさせています。まだ、諦める時ではない、と思っています。

今、この数値でこの状態で過ごせているのはまさに奇跡です。

イフのお陰で少しでも楽になっているのじゃないかなと思っています。数値だけに囚われず目の前にいる子の姿を見ていて、西洋医学の限界を感じています。イフの効能を更に引き出せるよう、本人の免疫をもっと高められるように更に頑張っていこうと思います。長くなった上に脈絡のない文ですみません。まだまだ諦めません。また変化があったら報告しますね

これからも、沢山のワンコたちのために頑張って下さい!

ピース"ピースより

大変な状況下で、ご報告ありがとうございました!そして何より勇気づけられたのは、数値だけが、全てではない!ということです。確にこの発達した医療の中で、血液検査などでの数値の結果は、大きな指標になります。

ただし、それはあくまで指標であって、実は実際の行動、元気度とは比例しないこともしばしばなんです。病気によっては、いつのまにか正常に戻ってしまったなんてことはザラです。

実はこれこそが、「自然治癒力」のおかげだと考えています。自然治癒力は、実際の数値を乗り越えることがあるんです。

もちろん、数値はやはり大切です。でも、でも、今までの奇跡は数値を乗り越えたものですし、今回の報告も見事に当てはまります。

この勢いで、さらに元気になりますように!心より祈っております。

犬の病気 猫の病気 早々の発送有り難うです、◯◯日に振り込みますので宜しく願います。

愛犬の病はバベシア症と判明しました、現在闘病中です、先生に100パーセント直るとは言い切れない!何て言われまして!何としても助けたい一心です!

1週間前に発病して現在に至ります、食欲無しの状態がイフを着けて4時間(首についてる確認時間)翌日朝少しだがフードを食べ尚グランドでディスク追いかける素振りしたのには驚きました!イフ+治療でケィを治す!!又結果報告します、有り難う。

ピース"ピースより

短いご報告の中から、勇気づけられるような回復ぶりのようです。ほんと、よかったですね!

「バベシア症」=赤血球の中にすみ、やがて赤血球を破壊し、発、頭痛、筋肉痛を起こします。赤血球を破壊するため、貧血が起こることがある。

寄生虫による感染症ですが、自然治癒力でも回復の可能性が少しでもあるということを証明してくれていますね!ケィちゃん、負けないでね!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

心臓病の犬の復活!

犬の病気 猫の病気10月3日にイフを注文した横須賀の◯◯です。翌日早くに届きました。本当に助かりました、ありがとうございました。家の犬(ぷりん・MIX・13歳)が、突然心臓病になってしまい、今まで老化とは無縁の子でしたので、本当にうろたえてしまいました。ここのところ散歩時に少しフラつくことがあったのですが、心臓からきているなんて夢にも思わず、関節が弱ってきたのかなぐらいにしか思っていませんでした。

でも、だんだんお水を飲みに少し歩いただけで、しんどそうにしていたりフラついたりするようになり心配になって病院に連れて行ったら、先生が聴診器を当てただけで嫌がって嫌がって興奮して倒れてしまったのです。その時ものすごい動悸がしていたみたいで、心臓が悪いと分かりました。

ごはんはすぐに替え薬ももらいました。その日から日に日に弱っていってしまい、食欲では誰にも負けないほどの食いしん坊のぷりたん(家で呼んでいる愛称)が、ごはんも全然食べてくれないし、おしっこも行きたがらないし苦しそうだし本当にもうどうしたらいいのか、代わってあげれるものなら代わってあげたい!!と思うほどでした。

なんとかしてあげたいと、いろいろなホームページを開きまくっていたらイフの事が出ていて、わらにもすがる思いで注文しました。(宅急便がきて興奮したらいけないと、自宅ではなく母の会社に送っていただくことにしました。お手数かけました。

でも、その時点では吠える元気もありませんでしたが...)母が会社から急いで届けてくれ、さっそくつけてみました。つけたその日は目にみえた変化はありませんでした...一刻も早く良くなってほしいと気ばかりあせっていたので少しがっかりしました。ぷりたんには効かないんじゃないかとも思いました。

でも、みなさんの体験談を読んで、すぐに効かない子もいる、もう少しじっとがまんして様子を見てみようと自分に言い聞かせました。イフが届く前に2回ほど吐いていて、イフをつけてからも何度か吐きました。水を飲んでも吐くほどで...この時は本当に一番つらそうで心配で心配でたまりませんでした。

初めてぷりんが死ぬということを考えました。ぷりんは体のことは何も心配がいらないほど本当に健康だったので、勝手に最低16歳ぐらいまではきっとこの子は元気、絶対長生きする、と高をくくっていました。でも、どんなにかわいくても私より先に死んでしまうんだ、ということは肝に銘じておいたはずなのに、あまりに突然そんな状態になってしまい、ただただ泣いてお祈りすることしかできませんでした。段々と老化して衰弱していくなら覚悟もできるのですが...。

吐いているのはもしかして好転反応?と思い、質問のページを見たら「好転反応の心配はまずない」というようなことが書いてあったので心配になりお電話させていただきました。症状をお話したら「イフをつけたことによって吐くことはないけれど、もともと吐いていたのでイフの働きかけによって回数が増えているのかもしれないので、様子を見て徐々に慣れさせてあげたほうがいいかも」とのお答えをいただきました。

早く良くなってほしい一心で無理をさせてしまったようです。その日はすぐに外しました。ほとんど何も食べず水も飲まずおしっこも1日半行きませんでした。おしっこが出ない事も新たな心配の種でした。普段は思いもしないけど普通におしっこが出るということがどれだけ素晴らしいことか分かりました。

そして、今日、確実に良くなっていると確信できました!!!!!!朝自分から庭へおしっこに出ました!!たくさん出たようです。昼間はほとんど寝ていましたが、夕方また自分でおしっこに出て(今までは玄関にやっとたどり着いたと思ったら息切れして休憩、本当に時間がかかっていたのですが、今日はそのまま踏み台を降りてスムーズに外に出れました!!

切れもしていませんでした!!!)心臓病のごはんはまだ食べてくれませんが、ゆでたささみやビスケットなど今までよりずいぶん食べてくれました。イフは、様子を見ながらつけたりそばにおいたりしています。

みなさんの体験談を自分のことのように読ませていただきました。私もみなさんのようにいい報告ができるといいな、と思っていましたので夢のようです。今日、「これは絶対効いてる!!少しずつだけど確実に良くなってる!!!」と確信が持てたのでとりあえずのご報告です。(それにしては長いな...)

そうそう、どなたかの体験談に肉球がぷにぷにになった、とあったので、今日気にしてみてみたら家のぷりたんもぷにぷにになりつつありました!!!!!!!肉球はいつもささくれだってガサガサだったんです。これには本当に驚きました。とても気持ちがいいのでぷにぷに触っちゃいました。

また報告させていただきます。もっと良くなってくれると思います。あの時イフの事を知れて本当によかったです。ありがとうございました。

ピース"ピースより

ぷりんちゃん、ほんとうによくがんばりましたね!そして、実際に回復していることを祈りながらも、その結果が出るまで、どんなにか辛かったことでしょう。ふだん健康でいるのが「ふつう」なだけに、いざというときに直面したとき、戸惑うのが普通かもしれません。

そんな中で、イフを心の拠り所(よりどころ)にしてくださったのは、うれしい限りです!またまた元気になったぷりんちゃんの報告をお聞きしたいものです!ぷりんちゃん、これからもますます元気になりますように!

藤井より

こんにちは!ことしも、残り3ヶ月を切ってしまいましたね!ほんと時が経つのは、早いモノです。今日は、ご縁のあったかたを紹介させていただきます。

山梨に「山梨セラピードッグクラブ」というところがあります。ここは、心にダメージを受けた方々を、ワンちゃんが癒してあげるための訓練をしてくれるNPO法人です。ここの理事長、中村幹さんも大のイフファンです。愛犬ちゃんが目が見えなかったのが、イフで見えるようになったり、顔の腫瘍が無くなってしまったなど、数々の奇跡を実際に体験されています。

奥様のあけみ様も、イフの効果にはもう感動してくださって、こちらのクラブの多くの方々にも、イフは浸透しています。もちろん、飼い主さん方自身もご愛用者とのこと!

今や犬は我々人間にとって、欠かせない存在になっており、犬によって癒される時代になっていますし、これからも多くの方々に必要とされることでしょう。

その意味でも、中村さんの活動は、ますます必要とされますし、サイトをご覧になられまして、賛同されましたら、ぜひご協力を。「山梨セラピードッグクラブ」ホームページ

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

ボーダーコリーのバベシア菌

犬の病気 猫の病気有り難うです!我が家のケィ(ボーダーコリー♀)6歳飼い主の不注意からダニに因るバベシア菌に侵され、早期発見、治療とイフのおかげで元気になりました。

早々お送り頂いた、イフを装着4時間で同居のワン子に食べられ再度お送り頂き有り難うでした、2週間の通院で最初は菌を殺す注射+点滴(栄養剤)2週間、2回目の注射+点滴+飲み薬と言う治療で安定してきました。

3週間目は飲み薬(抗生物質)3日ほどで薬が切れ病院へ行きましたが、主治医には「もう来なくて良い、」と言われ!ビックリしました、でも薬も無いし不安やから‥‥「来てもこの子にはする事が無い家で安静にして下さい。」とのこと。

1ヶ月が経ちケィは元の、其れ以上の元気で走り回っています食欲も凄く、排便も全て元の体調に回復しましたイフは現在も首輪に内蔵してます、このままず〜と着けて行く考えです。

次は内緒で家内にプレゼント!考えてます、ワン子達も必要です、そしてミーとベッキー(ボーダー♀3歳と2歳)この月末出産予定で嬉しい限りです、次回購入宜しく願います。母と子供(ベッキー)です。

061018001061017001

私ごとですが、ブラッキーは有名な(ボーダーコリー専門)YAMAMOTOファミリー(豊橋)から来ましたスムースボーダーです。少し前にTVコマーシャル(マツダの車)に採用されてましたyファミリーのワンちゃん、またアイムス等のポスターなど等皆Yファミリーのワンちゃんです。

今ではジャパンファイナル(フリスビー競技)1〜3位総なめです!我が家のワンちゃんもアドベンチャー(パンダが居てる施設で)活躍中、大阪のワールド牧場にも行ってます。私の犬舎名はミキファミリーです。手前味噌を長々書き、読んでいただき有り難う‥‥‥デワ

ピース"ピースより

ケィちゃんの全快本当に嬉しいです!!また、新しい命の誕生も控えてるとのこと!なんか、おめでた続きで、神様が守っていてくれているようで、ほんと強運ですね!

これは、もう全快も近いことでしょう!みんなが元気で、たのしい人生(犬生)が送れますこと、こころより祈っております!!

犬の病気 猫の病気ご前略

イフの注文を再度したいのですがホームページを見ていても注文フォームが、さがせません。去年のメールをとっといたので、これで返信させてもらっています。4個お願いします。

その後の経過もお知らせせず突然 4個も?と思われるでしょうね。去年8月に心筋症の発作から生還したレオを覚えていらっしゃいますか?元気に歩くレオをご報告できるかも・・・などと書きながら、その後何も連絡しないでごめんなさい。便りがないのは良い知らせと 昔から言うではありませんか?と まずは言い訳を・・・ご報告します。

あのあと レオは腐った果実のようになって落ちるの待つばかりだった後脚が、皮膚が新しく再生し、ふさふさの毛も生え、歩くはジャンプするは、驚きの速さで走るはで、飼い主の私も追いつけないほど元気になりました

もちろん、後遺症は残っていて右後脚が常に空を蹴っているようなかっこうですが。庭を走るレオを見れるなんて思っていなかったので、信じられない光景でした。レオを見ていない家族以外には、この奇跡は実感できないことと思います。獣医さんは、脚を切り落とすつもりでいたのですから。しかし、人間っていうか私というか なんて愚かなんでしょう。のど元過ぎれば、さもなんとやら・・・。また、元の生活が始まるや、私は仕事に没頭。猫の食餌管理に不手際があったのでしょう。

この8月31日、レオが再度の発作で入院。いろいろありました。人間関係で・・・家族の意見も分かれましたし・・・。書くのがいやなので省略。

「病気で死ぬなら納得するけど、検査で死ぬなんて納得できません」

これが 私が獣医の先生に言った言葉

「去年のような奇跡が二度も起こるなんて、思わないでほしい」

これが、先生の言葉。

で、奪うようにして退院(勝手に) レオが連れて帰れと泣いているように私には思えたのです。そのときの心境は、死ぬなら家で静かにみとってやりたいというものでした。先生に失礼ですよね。そう思います。セカンドオピニオンについても考えました。でも、それはしていません。中学の同級生なんですよ・・。先生は。私の気の強さはご存知と思います。

姉が理解してくれ、「病院に行かないのなら、私がレオ専属の医者になる」といって、パソコンや本で勉強、勉強。ハーブやビタミンなどを買いあさり、レオに与えました。病院のお薬も半信半疑であげていました。最近、そのお薬がきれて、姉が取りにいき、先生に聞いたところ、血栓予防のミミズの粉末?だとか・・・先生も飲んでいるとか・・(笑)去年と同じく 後脚はぶらぶら状態だったのです。最初は。今?ですか・・・普通です。どころか・・・今朝、びっくりな事が。

とても天気のいい朝でした。レオが二階のベランダに出せと言うので、日光浴だなと思って出したところ、柵を越え、飛び降りるつもりの様子「やめてえ、自殺行為だよ!!!」その叫びでリン(レオの母)が後からきたので、とめてくれ!といったところ、お手本をみせ、藤棚づたいに飛び降りたのです。(藤棚の枝が少し前、突風で折れていて今では我が家の猫6匹の誰も降りなくなっていたのです)

レオは藤棚を伝うのは無理とおもったのか、離れの屋根に跳びあがり、その屋根の端へダッシュ。そのまま、槙の木にジャンプ。私はそこまでを見届け、一階へ降り、庭へ飛び出しました。「神様、骨折で済みますように・・・」

目の前のレオは・・父が植木鉢で育てていた猫草をむしゃむしゃと・・・満面の笑みで。はあ?「レオが二階から飛び降りて、猫草たべてる」と つぶやく私の後で父が「おお、そうか。肥料をやったからな。美味しいはずなんだ」「二階から飛び降りたの、レオが!」「アビーはいつものことだろ・・・」「レオだってば」「えっ レオ?」髭剃りの手を止めて、父は目を丸くしていました。これが二度目の奇跡です。

レオは去年からずっとイフをつけたまま生活しています獣医さんは言いました。奇跡が二度も起こるはずがない。二度も起こったら、これは何?奇跡でなく当たり前のこと?じゃ、なぜ4個もイフが必要なのか。レオのことがあって、猫全員、血液検査をしたのです。二匹が猫エイズのキャリアで1匹は、発症しています。口内炎がひどく食餌が取れず、ガリガリに痩せ、病院へ。点滴と痛み止めで何とか切り抜けましたが、元野良のせいで、満足にお薬もあげられません。病院へ連れていったら、その後は人間を避けるのです。

ひょんなことから、追加注文したイフが見つかり(ずっと失くしたままでした)。これを、その子の首にかけようとチャンスを狙っていた間、私の首にかけていました。以前にも書いたように、腰が悪く歩くのに困難を感じている私ですが、その一週間、姿勢が良くなり、体がぽかぽかして(血流が良くなった感じ)。歩くときも、スムーズに足が前に出るのです。

その後、元野良のチャッピーの首輪に付けてあげたところ、体重が増え、調子が良さそうなのです。ところが、反対に私の具合が逆戻りで、肩こり、腰痛・・・。そんなわけで、猫二匹と人間二人(姉も)分の4個です。本当に信頼しています。私の体で証明済みですから。長い間、お知らせもお礼も述べず、挙句の果てに長い話につき合わせ、ごめんなさい。こんな、ばかな人間をお許しください。そして、よろしくイフを。

ピース"ピースより

こんにちは!2005/8/9に呼吸不全でICU、驚異的な回復!にお便りいただきました飼い主さまから、お久しぶりのうれしいご報告です!レオちゃんの再度の奇跡。獣医さんのダメだしにも関わらず、飼い主さんもよくがんばりましたね!もう神様に見守られているとしか、言いようがないほど、とても運の強さを感じますね!もちろん、イフも大きな味方になったと思いますが(笑)!

飼い主さん自身もイフの効果を感じながら、みんなが健康に導かれていることを強く感じます!これからも、ずっと見守られながら、力強く生きてくれることでしょう!再度のうれしいご報告でした!!

犬の病気 猫の病気(9月22日にいただきました報告です)

ピースカンパニーの皆様こんにちは!

昨日(9/20)イフが届いてすぐに愛犬ルーク(雄10歳)に、付けてあげました。しばらくは、イフを付けたり外したり様子を見ていこうと思いました。最初に変化がおきたのは、イフを付けた愛犬ではなくそばにいたわたしの母でした。

母は、座骨神経と関節炎で薬を飲んでも年中腰と足が痛いと言っていました。立つのもツラそうでした。何気に私は、母に『いつも立つ時痛い痛い騒ぐのに今日は、言わないんじゃない?』すると、母が『そう言えば、なぜか今日は、痛みがないんだよねぇ〜足がすごく軽い感じがする』

私は、やっぱり!!すぐにイフの効果だと確信しました。母に、イフの事を話しました。初めは半信半疑でした。話しているうちに今度は、愛犬に変化がありました!昨日、散歩に行った時いつも以上に足を引きずらなくなっているのに気付きました!

まだ、完全に引きづらなくなったわけでは、ありませんが、とても不思議なペンダント、そして感動でした!それと、イフを付けて寝ると気持ち良さそうなんです!昨日は、仰向けで寝ているのを見て、かなりリラックスしているのを感じました!

愛犬が足を引きづり、病院に連れて行く、具合が悪そうだから、連れて行く、いろんな事を私は、イフを送っていただいた時に思いました。

まだ、私が幼かった時に飼っていた犬の事を...

具合が悪そうでも、吐いても病院に連れて行かなかった事...

ワクチンもしていなかったのにたくましく長生きしてくれた事、そして傷があっても、いつのまにか治っていた事を。

以前、父からこんな事を言われました。今の愛犬が、具合が悪い時に私は、心配で当然病院に、すぐ連れて行こうと思いました。でも父は、『犬に限らず動物は、自分で治す力は、人間以上だから連れて行く事は、ない...かえって具合悪くなりそうだ!

今、思えば確かに病気の度に連れて行き、検査そして、悪ければ入院、動物達は、それだけでストレスがたまり余計に悪循環になりそうな気がしました。イフが届くまで、サプリも飲ませていましたが、犬本来の力が出ないのでは、ないかと飲ませるのをやめました。

それと、イフの力が半減しそうな気がしたからです。これから、もっとイフは、愛犬ルークに力をくれると信じています。焦らずゆっくり、イフを付けているルークを見守って行きたいと思います!長いメールになりまして申し訳ありません。またご報告させていただきます。

ピース"ピースより

犬ちゃんに効き目を感じる前に、飼い主さんのお母様が自分の体調の変化に気づいたとのこと。おもしろいですね!そして、わんちゃんの変化。お父様の言葉、『犬に限らず動物は、自分で治す力は、人間以上だから連れて行く事は、ない...かえって具合悪くなりそうだ!』何気なく言われてかもしれませんが、結構当たっているかもしれません。(あっぱれです)。

最終的には、サプリメントも止めて、今ルークちゃんは、本当の意味で自分の力=自然治癒力で頑張っているのですね。わんちゃんのがんばりに改めて敬服します!これからも、元気でね!!

犬の病気 猫の病気拝啓 8月30日、大至急、翌日午前配達の特急便でイフペンダントをお願いした者です。今月で10歳9ヶ月になるメスのゴールデンレトリーバー。今まで病気と言えば膀胱炎ぐらいで、文字通り寝食を共にした家族の一員。

8月中旬、オシッコの色が急に濃くなり、8月23日日中に家内の前で何度となく吐き出し容態がおかしい。念の為翌日掛かりつけの病院で生まれて初めての血液検査。結果、GOT589、GPT>1000、ALP1691、Tbil5,9の驚くべき数値。

投薬の他、毎日栄養注射が望ましいとの診断。元気なく、呼掛けにも反応しない状態になり、今度は28日早朝、今度は枕元で突然失禁し吐いて倒れ、後足がおかしい!慌てて起こすと左眼球が麻痺したように左右に激しく動く状態。「絶命」の二文が脳裏をよぎり、病院の先生を叩き起こして何とか一命を取りとめました。

「かすったかな?」(脳梗塞疑)一過性の症状とは思えないので十分に注意を、と言われ、目の前が真っ白になって、心臓が破れそうな動悸が襲ってきました。この子、これからどうなるのだろうか!!

31日にイフペンダントが届き即うなだれた首にかけてやり、兎にも角にも助けたい一心で仕事も手につかない状態が続きました。使用24時間、3日目あたりから目に輝きが戻り始め、4日目の夜、突然起き上がり、状態を見ていた家内の今夏の猛暑で痛々しいくらい赤くなった両足のすねを、なめ始めたのです。

が出そうになりました。自分がこんなにも大変な状態なのに、飼い主家族を思うこの子を死なせてはいけないっ!幸いなことに、その時以降状態が驚くほどの回復を見せ、先程2度目の血液検査を終えてきました。

結果、GOT589→34、GOT>1000→194、ALP1691→ 437、Tbil5.9→0.5。特にGOTとTbilは標準値内に戻りました。注射は今日でひとまず終了。脳梗塞疑の状態もその後全く症状が出ず、投薬は終了。肝臓のお薬だけを2週間分いただき、「呑み終えたらまた血液検査をしましょう。よかったですね!」先生の笑顔がバクバクの私の心臓を、やっと元の状態に戻してくれました。

早朝の突然の急患にも快く応じていただいた先生、適切な薬、そして、何よりイフペンダントとの出会いがなければこんなに早く回復出来なかったのでは?10歳と9カ月の子は人間の歳で言えば76歳との事。一人息子の成長と共に歩いて来て、人間家族にかけがえのないたくさんの思い出を残してくれているこの子は、実は いつの間にか我家の最長老になっていました。

この夏の近年にない猛暑の中、クーラーもかけずに外出した家族。それでも自分のいつもの居場所と思って、い中玄関で、じっと、じっと家族の帰りをけなげに待っていた我家の最長老・・・・。まだまだ油断は許されませんが、イフペンダントを守り神と思って、これからもこの子を見守って行きたいと思っています。本当に、心から、ありがとうございました。 敬具

追伸 実は、イフペンダントが届いてまず試しに自分が首に掛けたところ、瞬間ですが長年頭を悩ましていた私の左腰の痛みが、スーと引けた気がして。思わず迷わず、その日に2個目を注文した次第です。

腰の重みは少し残っていますが、まず、痛みが消えました!これも我家の最長老のおかげと、感謝感激です。また合わせて、頂いたお塩を天然水に入れ、犬共々愛飲しています。これまた相乗効果でしょうか?すこぶる体調が良い感じです。ありがとう、ございました。

ピース"ピースより

わが子のゴールデンレトリーバーちゃんのがんばり。ご報告を読むにつけ、本当に敬服と応援したいという念が沸き起こってきます。よくぞ、飼い主さんの気持に応えてくれました。飼い主さんと76歳のゴールデンちゃんの関係は、もう絶対に切れないですね!!私たちにも感動と勇気を与えてくれました。これからも、まだまだいけますよ!こちらこそ、ありがとうございました。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

猫ちゃんの本能、復活!

犬の病気 猫の病気約一ヶ月前に肝臓を患ってご相談させて頂いた猫の飼い主の◯◯と申します。その節は翌日すぐ届けて下さってありがとうございました。その後の様子をお知らせしたいのと若干お尋ねしたいことがありまして。

先ずはペンダントが届いた日の夕方餌の食べ方がそれまでより勢いが違ってたのでびっくりでした。こんなことありって姉と目を見合わせました。何だか分からないけど手ごたえみたいのを感じたんです。何だかわけの分からないペンダントに出会ったおかげでうちの子はあと何日生きられるか分からない状態でしたのでほんとに嬉しかったです。

三日目の朝には26日振りの待望の"うんち"もしてくれました。ペンダントは首にずっと着けたままです。その後は静かにスースー寝ては餌を食べてお水を飲んでの状態と、2〜3日間隔で夜中に家の中をぐるぐる徘徊してを繰り返して、じっとしてません。今までと違うとこにスイッチが入ったかのように夜通しうろうろしてます。

見てる方が疲れます。

昼は寝て、夜は活動!

本来の習性なのか?

寄せては引く波の様です。

前は食べてたドライフードはいまだ食べてくれません。が、今までかつおしか食べなかった子が青魚や色んな魚を生でも食べるようになりました食事を用意してると寄ってきておねだりするようになりました。がりがりに痩せほそっちやってはいるのですが大分元気になりました。鳴声もにゃ〜ではなく、うお〜と唸っちゃいます。という訳です。

黄疸の症状もまだ治りませんが、獣医さんはそれなりに適応してるのかなとおっしゃってます。週一程度注射に行ったりもしてますが、今は殆どペンダントに依存しております。(後略)

061003

ピース"ピースより

またまたうれしいご報告、いただきました!「夜中に家の中をぐるぐる徘徊してを繰り返して、じっとしてません」というのは、生命力のスイッチが入って、本能がフツフツと復活してきた証しではないでしょうか!?

食べ物の趣味(味覚)が変ってくることも多く、大きな体質改善があったことを裏付けてくれています。うんちが出て、食べ物も良く食べて、そして、夜中駆け回る。そんな猫ちゃんらしい生涯を一日も長く送ってほしいですよね!応援しています!

犬の病気 猫の病気(9/21ご報告)

お世話になります。8月17日に、猫のためにペンダントを購入した◯◯と申します。購入から1ヶ月、猫の様子をご連絡したいと思い、メールいたしました。購入時の通信欄には、このように書きました。

「17歳の猫です。10歳から腎臓・肝臓が弱く投薬を続けていますが、それなりに、元気でした。買主の無知から歯の手入れを怠ったために、今は歯の調子が悪く、ご飯を食べられない状況となり、痩せてしまいました。本人はきっと辛いのだと思いますが、少しでも苦痛をやわらげたいのと、私も老猫とは言えあきらめきれません。どうぞよろしくお願いします。」

その日、まったくご飯を食べられなくなり、手付かずのお皿の前で、異常な臭いのヨダレをたらしながらぐったりしている猫(ヒマラヤン・名前:はにまる)をいつもの獣医さんに連れて行きました。

10歳から腎臓・肝臓が悪く投薬、17歳になった今年2月頃から、嘔吐と下痢が何度かあり、そのたびに痩せて、2キロあった体重が1700gまでになっていました。これで食べられなくなれば、年齢のこともあり、歯の炎症をなんとか止めてもらいたいと思いました。


ところが、獣医さんからは、思わぬ診断が・・・。「これは、歯の炎症ではありません。舌の炎症です。先端が壊死しています。舌の奥の方からも膿みが出て、出血しています。原因はわかりませんが、もしかしたらガンかもしれません。前回見たとき(2週間ほど前)には異常がなかったので、いつもの歯の炎症かと思ったのですが・・・」


原因や病名は、いろいろな検査をすればわかるかもしれないが、高齢のため、あまり負担をかけたくない、抗生剤と点滴で様子を見てください・・・と言うことになり、2週間で200g減り、1500gになってしまった軽いはにまるを抱いて、泣きながら家に帰りました。

なぜもっと早くに気が付いてあげられなかったんだろう、臭いのあるヨダレは随分前から出ていたし、ウルサイくらいに泣いている時があったけど、あれはきっとお腹が空いているのに、口が痛くて食べられなかったに違いない、もっと早く気付いていたら、炎症も軽くて済んだかもしれないのに!!と、自分を責めました。そして、翌日の「イフ」の到着を待ちました。

添付の画像は、1ヶ月後の今のはにまるです。お腹が空いて、ご飯が欲しくて、キッチンカウンターまでテーブル伝いに上がってきています。はい、今は完治こそしていませんが、とても元気です!


壊死した舌は戻らず、自分で食べ・飲み・毛づくろい・・・は、もうできません。ですが、舌の奥の炎症は治まり、膿みの量はとても少なくなりました。ご飯は、老猫用のペットフードをすり鉢ですり、注射器にいれて、口に流して上げるのですが、1食分飲み込んでもまだ足らず、倍の量を食べています。不自由な舌で一所懸命飲み込む姿は、けなげでなりません。もっとくれ!と、両手で注射器を引き寄せることもあります。哺乳ビンを抱えている赤ちゃんのようです。

口の炎症は完璧には治まっていませんが、口の中を血で真っ赤にしながら、それでもご飯をせがむんですよ!その「食いしん坊ぶり」に、すごい生命力を感じ、感動すらしてしまいます。出にくかった尿とウンチも、毎日のように(自分で)しています。

お腹を壊すことも、吐くこともなくなりました。ヨタヨタ歩いていたのに、写真の通り、カウンターまでひょいひょいあがってきます。体重は100g増えました。これも全部「イフ」のおかげです!!と言う前に、冷静に考えてみます。

㈰食欲は前からあったが、舌のせいで食べられなかっただけ。イフがなくても、注射器であげたらちゃんと食べられた。

㈪尿もウンチも、すり鉢ご飯にしたから消化がよくなり正常に戻った。イフのおかげでもなんでもない。

㈫炎症が治まったのは、抗生剤と点滴が効いたおかげ。

㈬ご飯が食べられるようになったのだから、ヨタヨタ歩きがなくなって当たり前。体重だってふえるはず。

でも、やっぱり、「イフ」がなければ、私自身が頑張れませんでした。死の宣告とも言える獣医さんの言葉に、「イフ」が来たから大丈夫、ぜったい治る!!と言い聞かせてここまで来たのです。これまで17年間一緒に過ごしてきたわけですが、今ほどはにまるへの愛情を感じることはありません。

私は私、猫は猫、と留守にすることもよくあり、今から思えば、適当に共同生活を送って来たのだと思います。今は、私がいなければ、この子は生きられない、そして私もこの子に、これまでどれだけ支えられてきたか、心からわかりました。今は、お腹がすくとヨダレだらけで、「ヨダレ王子」と呼んでいます。

もっと元気になったら自分で食べられるような「リハビリ」にも、挑戦したいと思います。ヨダレ王子との二人三脚は、まだまだ続く・・・予定です。ぜったい続きます(笑)来週、血液検査をする予定なので、前回との差違があれば、またご報告いたしますね。(中略)

長々と申し訳ありません。30日前に返却もできるよう、ダンボールなどもきっちり残しておいたのですが捨てました。もう、イフは手放せません(笑)これからも、よろしくお願いいたします。

(9/22ご報告)

メールをありがとうございます。昨日はご飯を3倍食べました。写真で、キッチンカウンターまで上がってきたのを見ていただきましたが、昨日はさらにその先のシンクまで入り込みました。食いしん坊バンザイです。ヨダレを拭くのが本当に大変です(笑)おっしゃる通り、元気になったというのは事実。17歳だから・・とあきらめないで、「イフ」とネコの生きる力を信じてよかったと思います(泣)

油断しないで、しっかりケアしていきたいと思っています。今度は、自分で食べた・・なんていう報告ができればホントに嬉しいのですが・・。(生きているだけでも嬉しいのに、欲張りですね)またご連絡します。ありがとうございました。

ピース"ピースより

はにまるちゃんの大復活、本当にうれしいです!!そして飼い主さんの素直な(ぶっちゃけ!)の想いが伝わってくるご報告ですね。また、今回の回復は、決してイフの力だけでなく、冷静な判断をしながら、分析されているところもスゴいなと思いました。一番、スゴくて誉めてあげたいのは、はなまるちゃんですね!もう、尊敬モノの回復ぶりだと思いますよ。みなさんも、はにまるちゃんに向かって「がんばったね!」って、誉めてあげてくださいね!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

オ─ストラリアからのご報告

犬の病気 猫の病気ザ・ピースカンパニー 御中

こんにちは。7月下旬にメルボルン(オーストラリア)よりイフを注文し、8月1日に届けて頂いた◯◯と申します。この度はお世話になりありがとうございます。イフを使い始めてから、徐々に我が家の愛犬(パグ10歳)パグ太の状態は良くなり、元気になっていきましたが、ここ4日くらいまた下痢が続いております。(中略)

・7月上旬頃、突然食事を取らなくなる。その後、下痢と嘔吐があり、Vetを受診。Vetでは、検査と点滴を行う。食べれない日が5日くらい続き、体重が1キロくらい減る。(下痢は2-3日続く)

・Vetの検査(血液検査、レントゲン、肝臓の検査等)では、異常見つからないが、血中タンパクの数値がとても低いことを指摘される。

・食べれない日が5日くらい続いた後、また食べれるようなり少しづつ元気になる。便も軟便〜普通へと戻っていく。

・7月中旬。元気な状態が1週間続いた後、また下痢をし食べなくなる。下痢は4日くらい続く。Vetでおなかの薬(下痢止め?)を処方してもらう。専門医での内視鏡検査または、開腹し詳しく検査(内視鏡で見れない部分がわかるため)を勧められるが、体力的に無理があり(食べれない日が続き痩せていること、年齢等)様子を見ることにする。イフを注文

・8月1日にイフが届き、その日から徐々に食べれるようになる。便も普通に戻り、元気になっていく。

・8月下旬に念の為、再度血液検査。血中タンパクはまだ低い状態。体重もまだ戻らないが、その他の異常はなし。

・9月18日、また下痢をする。下痢が昨日まで4日間続くが、前回と違って食べれなくなることはなく、食欲は普通にある。下痢は水様で少し血も混じっている。(今日はまだ便をしていないので、下痢が止まったかどうかわからず。)今日Vetを受診予定。

以上です。イフが来てから元気になり、元気な状態が1ヶ月半続いていたのですが、再度下痢が続くということは、何か病気が隠されているのでしょうか?内視鏡等詳細な検査をしたほうがよいのでしょうか?また、下痢のときの食事、及び平常時の老犬の食事について、どのようなものがお勧めか、ご指導いただければ幸いです。(中略)

ピース"ピースより

オーストラリアの飼い主さんからのご報告です!パグ太くんの調子はおおむね良好でよかったです!ただし、最近になって下痢にもなっているとのことですね。人間同様なかなか下痢だからといって、軽視すべきではありません。「食べ物にあたった」のであればすぐに回復するとは思いますが、寄生虫やストレスなどの問題がからむことがあります。

一度お医者さんに行かれるということで、安心かと思います。もちろん、このまま何もしないで自然と回復する可能性もありますので(イフもありますしね(笑)!食事を変えたり、運動の習慣を変えたり、いろいろとチャレンジしてみるのもいいと思いますね!これからも、ますます元気になりますように!!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

非合理なことが、現実に!

犬の病気 猫の病気奇跡です!本当に奇跡です!!

イフを付けて,4〜5時間,14日の夕飯から水以外のものを受け付けない,絶食8日目のクッキーが終にものを食べました。今,自宅に電話したら,妻から「クッキーがドッグフード(固形)を10粒程食べた」との話。が出ました。お昼前に妻が「もしかしたら」と思い,手のひらに乗せた10粒程のドッグフードをクッキーを差し出したところ,ナント,食べるではありませんか。妻は,うれしさの余り,大泣きしたとのこと。私も職場じゃなかったら,大泣きするところだったでしょう。

昨日朝から,獣医さんの勧めで子犬用粉ミルクを溶いたものを注入器で無理やり飲ませ始め,多少,目に力が出始め,また,昨夕からは薬に腸の蠕動を助ける薬を追加し,もしや,と期待していました,が,今朝,イフを付けてスグの段階では,注入器でのミルクを嫌がり,ボウルのミルクさえ,飲もうともしなかったのです。そのクッキーが,なんと,固形物を,しかもあの堅いドッグフードを食べたのです。妻は「イフ以外,考えられない」と言っています。私も同感です。

非合理なことは信じない性質の私が,この一見,非合理な(失礼),しかし,結果的に合理なイフを信じざるをえない,うれしい誤算です。「信は力なり」という言葉がありますが,まさにそのことが現実に起きたのです。感謝,感謝,感謝です。

まだ農薬中毒による腎不全響で,毒素が脳に廻ることにより神経系が冒され,不整脈や,1昨日の晩に起きた右後足痙攣(獣医さんの見立てでは,軽い血栓症ではとのこと)など予断を許しませんが,医師の適切な治療とイフの持つ自然治癒力が合わされば,この困難な事態も切り抜けていけるのでは,という一筋の光が差し込んで来ました。

今後の経緯など追ってご報告いたしますが,イフを付けて数時間で,奇跡と呼んでいいこの効果,「イフ恐るべし」です。

ピース"ピースより

いや〜うれしいですね〜!なんとなく、飼い主さんたちに起きたこの場面がイメージできそうです。それは、信じられないかもしれませんが、起きたことは事実ですもんね!!非合理なことは信じないとおっしゃられていますが、でも、現実が変れば、そんなこと関係ありません(笑)。

これからどこまで回復してくれるか?未知数かもしれませんが、これからますますの回復を期待したいです。がんばってね!!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

ミラクルです!奇跡です!

犬の病気 猫の病気こんばんは。本日イフを受け取りました◯◯です。ゴールデン10歳を飼っています。ずっと元気だったのですが、1週間ほど前に首と足のリンパに、シコリがあるのを発見しました。獣医さんにリンパ腫の疑いがあると言われ、念のため細胞をとり検査に出しています。まだ結果が出ていないのですが、おととい呼吸が苦しそうになり急に元気がなくなりました。

急いで再度お医者さんに連れて行ったところ、白血球が測りきれないほど増えており、やはりリンパ腫の可能性が高いといわれました。ショックでした。結果が出ていないので、とりあえず今の症状を抑える処置をしてもらい、なんとか少し落ち着いたのですが、それでもずっとしんどそうで、もう年なのでこのまま死んでしまうのではないかと家族全員心配していました。

苦しまないためにできるだけのことをしてやりたいと、病気についてネットでいろいろ調べていたところ、イフのことを知りました。飼主さんからの報告を読んで、私はこしかない!と思いました。至急送っていただけて本当に感謝しています。

ほんとにすごいです!

本日昼過ぎに届き、すぐにつけて様子を見ていたのですが、なんと夕方には元気になって、父が外出から戻ると飛んで迎えに行くようになりました。夜には、元気だったころのように、おもちゃを持ってきたり、食べ物をねだりお手をしたり。本当に家族全員で驚いています。あとはこのまま元気でいてくれて、白血球の数が減り、腫瘍もなくなってくれれば言うことないのですが。でも今日のこの変化を見たらそれもありえるかも?!って思ってます。

本当にミラクルです!今日はあまりに興奮して、この感動を伝えたくて、友達にもイフのすごさをメールで報告しまくってます。愛犬の様子がこのまま落ち着けば、私自身や家族の分も購入したいと思ってます。とにかく今日はびっくりしたのと、とりあえずお礼が言いたくてメールしました。本当にありがとうございました。また今後変化がありましたら報告させていただきます。

ピース"ピースより

こちらの飼い主さん、とても素直に喜んでくださいまして、メールの件名に

「ミラクルです!絶対効果があると確信しました!!」

なんていううれしいタイトルでご報告くださいました。このように結果が出ることで、動物たちの周りにいる飼い主さん方が喜んでくださるのは、なによりです!もちろん、われわれスタッフもうれしいです!いや、よかった、よかった。

追伸 最近、すごい反響で毎日多くの体験談をいただきます。溜っているものがたくさんありますので、来週もお楽しみに!!

犬の病気 猫の病気こんにちは。1週間ほど前に、我が家の愛猫のためにイフを購入させていただきました。15才になる猫ですが、慢性腎不全になりBUN数値も190を超えるかなり末期の状態でした。病院にも行き、私たちもいろいろと手を尽くしていましたが、状態は悪くなる一方で、ついに4日間何も食べなくなり水すらも飲まず、ずっとカーテンの中に入り込み部屋の隅でグッタリしている状態でした。

私ども夫婦もそんな姿を見ていると辛くてがとまりませんでした。もう助からない。。。そう思い覚悟も決め、ペット霊園なども探している状況でした。そんな中、私が猫の腎不全についていろいろとインターネットで検索していた時、運よくこちらのサイトに巡り合えました。皆様と同じで半信半疑でしたが、とりあえず購入してみようと思い早速注文しました。

半信半疑とはいえ、注文した後は、あの子の体力が持つ間に一日でも早く届いて欲しいと願っていました。2日もすると直ぐに商品が届き対応の早さにまずはビックリし、感謝しました、早速首輪に付けてやりました。それから2時間後。。。奇跡の幕が開いたのです。ほとんど動かなかったあの子が、妻のベットに乗っかり、添い寝を始めたのです。

妻はその時、ついに最後のお別れを言ってるのかな。。。とつぶやきました。それから更に3時間が経ち、イフを付けてから5時間位経過した時、リビングに居た私のところへ歩いて来て、『ゴハン!』と催促したのです!私は驚いたのと同時に、急いで準備をし食事を与えてやりました。

すると、量はまだまだ少なかったですが、しっかりと食べてくれたのです!それは深夜2時ごろの出来事でしたが、私は大きな声で寝てる妻に叫びました。食べた!食べたよ!!私と妻は、一生懸命に食べてるあの子の姿を見て、二人してが止まりませんでした。。。それと同時に、イフの力に驚き、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

こんな事が実際にあるのだと。信じられませんでした。でも事実、目の前の光景は奇跡そのものでした。それからというもの、一日一日、行動が活発になり、食欲も出てきて、一週間ほど経過した今日、元気だったころと変わらないほどの状態になってきています。食事も間食!もう一匹の猫ちゃんの皿まで舐めに行くほど食欲旺盛!快眠快便でオシッコもちゃんとするし。水も良く飲み、しなくなっていた毛づくろいもし、大好きだったダンスフミフミを復活です!

病院で検査をしましたが、数値も大幅に改善し、驚くほどのハイペースで改善に向かっています。妻がたまたま看護師である事も幸いし、自宅で点滴をしながら、みんなで治療に頑張っています。偶然だろうが、何であろうが、全ては、イフを付けて2時間が経過した時から始まった奇跡なのです。これは紛れも無い事実なのです。

本当に感謝の気持ちで一杯です。本当に本当にありがとう。これが例え一時の夢であったとしても、二度と見る事は出来ないと諦めていた愛猫の元気な姿をもう一度見る事が出来ただけでも、本当に嬉しくて満足しています。夢で終わらないよう、ますます元気になってくれると信じ、願っています。長くなってしまいすみませんでした。

最後に本当に本当にありがとうございました。今回は病気の兄のために購入させていただきます。またあの奇跡が起きる事を信じて。。。

ピース"ピースより

なんということなんでしょう。メールを読んでいるだけで、鳥肌が立ってきます。そして、ねこちゃんのふんばり、ただ者ではないです。一度は覚悟した状態からの大復活ぶりは、多くの飼い主さんに、大きな夢を与えてくれますね。ほんとうに。いやいや、もうこれは奇跡を越えていますね!本当によかったです。勇気を与えてくれましたね!ありがとう!!

犬の病気 猫の病気ザ・ピースカンパニーの皆様

先日8/29着でイフを送っていただきまして装着して2週間以上になりますが、私どものねこも今にも亡くなりそうだったのがうそのように回復し今では回復前よりも2回ぐらい多く食事をとれるようになりました。ありがとうございました。

話を戻しますと、去る8/7に他の野良ねことけんかしてから外傷は目立たなかったのですが、だんだん食事が細くなり、8/12には一切食事をしなくなると同時に、目から膿のようなものが出てきて、目を明けているのも大変そうな感じで部屋の隅の方で、じっとしているようになり、日々弱っていくのが分かりました。このままでは、確実に亡くなると思い、今まで行ったことの無かった動物医院へ行って見てもらったのが8/16でした。

獣医さんの話では両方の頬部分がかなり腫れていて膿がたまっており、のどまでも圧迫しているとのことで、抗生物質を投与してもらい、なんとか膿は止まったかに思われましたのですが、それ以降も一向に食事をとることが出来ませんでした。

8/24には、体から腐敗臭を漂わせるせるようになり、ますます目から膿のようなものが出るようになってしまい、家族はこのままにしてあの世に行くまで見守ろうと言うことになり、動物医院に行くのもこの日を最後に止めましたし、獣医さんもこの次はいつ来るようにというのは言われませんでした。おそらく、獣医さんもどうしようもなかったのだろうなと思いました。

週末に私もいろいろ考えましたが、どうしようないまま8/28にふとインターネットでイフのことを知り申し込みました。体験談を見ておりましたので装着してから明日には良くなることを夢にみておりましたが、そうではなく、装着して4日目に水を飲み始めましたが、食事は取れませんでした。

次の日にもそうでしたが、無理に流動食を口にながしこませる日々が5日間ほど続き、10日目でやっと自分から食べられるようになりました。劇的体験談をあまりにも見ていたため、私としてはじれったさを感じておりましたが、今では心より感謝しております。食べられる頃には、かなり痩せて歩くにもやっとの状態になっておりましたが、今は順調に体重を増やしています。

(中略)

購入前からイフの効果のすごさは理解いたしていたつもりですが、使用してみて新めて知らされました。これからもずっとイフを愛用させていただきます。本当にありがとうございました。

ピース"ピースより

ご報告、ありがとうございます!獣医の先生の対応ぶりからしても、とてもある程度の覚悟をされていたほどのようでしたね。そんな状態から、よくぞ応えてこれましたね!さすがに、短期間での回復とはは行かなかったようですが、それでも上等ですね!

これからも、順調に体重増やして、ますます飼い主さんを喜ばせてあげてね!?(これって、ねこちゃんへのメッセージになっている?笑)

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

猫白血病の猫のがんばり

犬の病気 猫の病気藤井様 前略

購入時は、早急に送ってくださいと無理をいいましたが、すぐに送ってくださいまして、ありがとうございます。猫白血病と診断され、口内は歯肉炎になっており、高もでていたまめは、飲まず食わずになり数日、排便もなく心配な状態でした。イフが届き、すぐ首に巻いてやりました。

すると本当にびっくりしたのですが、5分もたたないうちに、すたすたとまめは自力で歩き、水を飲みに行き、その夜、排便し元気になりました。失礼ながら半信半疑でしたもので、娘と顔を見合わせ、そのあと「やったー」とガッツポーズ。点滴は2回受けましたが、獣医さんにも2回で回復したのは早いといわれました。

その後、また気管支炎になり発しましたが、また2回点滴をうけるまでに回復し、今は元気に走り回るようになっています。今後も、炎症が次々にでると獣医さんから言い渡されていますが、発症しても早く病状が回復し、少しでも長生きしてくれればと思っています。奇跡が起こって、病気が消えてくれたら。。。と祈っています。

今は、元気だった頃のように走り回っていて、病気がうそのようです。ありがとうございます。お礼の一報まで。

ピース"ピースより

いろいろな病気を併発している猫ちゃん、本当につらかったと思いますが、良く頑張りましたね!また、イフの半信半疑な状態から、

「娘と顔を見合わせ、そのあと「やったー」とガッツポーズ。」

というのは、なんだかその光景が目に見えるようです(笑)!奇跡がこれからも、起りますように!!

犬の病気 猫の病気ご親切なメールありがとうございます。イフと一緒にたくさんの資料や貴重な塩まで頂きましてありがとうございました。イフは現在叔母の家にいる10歳の秋田犬(フク)がしています。

肝臓と肺ガン末期で、腹水を2度抜いて、よくもってお盆あたりまでと診断されていた子でしたが、イフをつけてからは呼吸が以前より落ち着き食欲もあり、腹水もイフ装着後は溜まっていないのです。苦しまずに、こうして小康状態で延命できることが、なにより有り難く深く感謝しております。

私は十数年前に坐骨神経痛になって以来、ちょっと油断するとすぐに腰痛になってしまい、ます。5〜6年前に初めて無痛バランス整体をうけたときは衝撃的でした。腰がブワーッとゆるんで、寝て休んでいるあいだに徐々に全身が整っていく感じでした。

でも介護職では職業病、もともとの体の癖は徐々に戻り、片方の肩は上がり、足の長さも違ってくるしで・・そのたびに通って治すのくりかえし・・治療代も懐に痛いしで足が遠のき・・でも薬も嫌い西洋医学は信じていないし・・ほんの少し波動ものに敏感なので、その後もいろんなエネルギー治療をして、2年程前に波動グラヴィトンを知って以来家に結界を張り、水晶を真ん中に入れ磁石で作ったデヴァイスというエネルギー装置をいくつか設置しています。

さらにそのエネルギーを何万回も込めたグッズもいろいろあり・・叔母からフクのことを聞いた時、すぐにグラヴィトングッズを持って行ったのですが、数日して腹水が溜まってきたと聞き、不安になり、まだフクに何かしてやれることはないか、とネットでさがしていたとき、イフをみつけました。無痛バランスに親近感、良心的な返金保証や体験談など読んでこれは!と思い注文しました。

届いて緑の小箱を持ったとたんにグワーッと丹田あたりがくなり、体内が動きだしたので、これはスゴイ!いいものにめぐり会えたとホッとして嬉しくなりました。2個目は脳梗塞で半身麻痺の叔父に、3個目は母と私が交互に使おうと考えているのですが、個々の状態をイフが記憶して他の人に連鎖?することはない・・から使いまわしできるんだと思うのですが・・少し気になっています。それと関係なくまだこれから追加注文しようと思っていますが。(中略)

ピース"ピースより

フクちゃんと少しでも多くの思い出作りができることに、イフがお役立て出来ているのは、とっても光栄なことですね。またこちらの飼い主さんは家族の方々にもご愛用いただいています。

緑の小箱を持ったとたんにグワーッと丹田あたりがくなり、体内が動きだしたので、これはスゴイ!いいものにめぐり会えたとホッとして嬉しくなりました」

すごく感受性が高いですね!ふつうの人はほとんど何も感じませんから(笑)。ご心配されている他人の波動がイフに連鎖?ですが。。。大丈夫です。イフの波動は、ずっと一定であり、使い回し、OKなんです!!みんなで元気になってくださいね!!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

セカンドオピニオンの重要性

犬の病気 猫の病気ザ・ピースカンパニー様

昨日、無事に病院から退院することができました。
イフを送っていただいてすぐに病院へいき、ケージにつけてもらいました。ケージにつけてから5日目でごはんを食べ始めました。その後、持ち直したかに見えたのですが、入院して一ヶ月になるのに好転していくどころか、悪化していきました。マヤちゃんの命もこれまでかとあきらめたのですが、勇気をだしてセカンドオピニオンを受けました。マヤちゃんのためには遅すぎたのですが。

転院した先の先生はとっても良い先生で、治る可能性が見えてきました。先週の日曜日、ぐったりした体を抱きかかえ、病院へむかいました。先生は思ったより悪い状態だとおっしゃいましたが手を尽くしてくださいました。

結局、シュナウザーはもともと肝臓が弱く、心臓も肥大しており、膠原病の可能性があると言われました。でも、この日、イフを首につけたマヤはぐったりしていたのに、立って歩いたのです。奇跡です。その先生には手づくり食をすすめられ、食事指導も受けました。ごはんは本当によく食べます。

以前、いただいた冊子のなかにも書いてありましたが動物のために「何回も何回も調べて納得できるところで処置してもらうこと。」今回ほどこのことを実感したことはありませんでした。転院した先の先生の適切な判断と処置があったのはもちろんですが、私はイフの力も少なからずあったと思います。

また、マヤをつれていった先の病院の待合室で、イフをつけているわんちゃんにあったのです。何という偶然でしょう。これからも家の犬の様子をよく観察し、すこしでも長生きしてくれるよう、出来るだけのことをしていきたいと思います。やっと良い報告が出来て嬉しいです。

本当にありがとうございました。

ピース"ピースより

獣医の先生のセカンドオピニオンの重要性がひしひしと伝わるご報告ですね!そして、転院した先の先生が良い方で本当によかったですね!状況を伺いますと、とても大変な状況だったと思われますが、そんな中、よく持ち堪えてくれましたね。いっぱい、誉めてあげたいです。

また、病院の待合室で、イフをつけている他のわんちゃんにも会ったのは、すごい偶然ですね!!これも、波動がつながっているということでしょうか(笑)。これからも、ますます、よくなりますように(祈)。

藤井より

こんにちは!
またまた、脳幹活性ペンダント イフのことが、愛犬雑誌「愛犬チャンプ10月号」に掲載されました!とても気さくな記者の方から、今度、載せさせてもらえないか?というご依頼で、喜んで了解してしまいました(笑)。化学物質主義の西洋医学、いや、それ自体は否定するものではありませんが、とにかく、様々な角度から治療の選択肢が広がる可能性が出るために、取り上げていただくことは、大変ありがたいことですね!

記事詳細

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

メキシコからのご報告...その後

犬の病気 猫の病気ご丁寧なお返事ありがとうございます。また、先日DHLでの発送をお願いした際、早急にご対応いただき、本当にありがとうございます。

先日、メールを送ってから気付いたのですが、そういえば銀の毛が柔らかくきれいになっているんです。イフをご利用されている多くの方々がおっしゃっているように、自分では全身の身づくろいがまだできなく(元々あまりやる子ではないし、タオルで拭かれるのも嫌い)、尿やよだれでガビガビになっていたのに。

あと、毎朝医者に連れて行くのに、ベッド下の隙間8センチのところをもぐって隠れてしまうので、ベッドのまわりにスーツケースや重たい引き出し等を置いてバリヤーを張っているんですが、日に日に体力がついているせいか、それらを手で退かしてしまうほどになっています。これにはびっくりです。耳の黄疸も徐々に戻ってきたみたいで(まだ少し黄色いですが)、ドクターも感心しています。

「奇跡」とか「立てなかった子がイフを装着して30分後に立った」といった体験談を読んで、劇的な変化を過剰に期待していたと思います(すみません)。よく見れば小さな変化はいっぱいあるのに。イフを装着してまだ一週間なので、これからきっとまだまだ良くなっていくと思います。

(中略)

そうそう、膀胱炎の件ですが、どうもドクターの方で何か別の薬を与えたらしく、そのせいで膀胱炎を併発したようです。すぐに薬の投与をやめてくれました。ご指摘のようにイフの好転反応とは違います。ただ、膀胱炎のおかげ(?)で、おしっこをどんどんするようになり(ほんの少ししかでないときも多いですが、よく寝た後など結構多量にすることが昨日は4回もあり、血尿は出ていません)、自然治癒力で膀胱をきれいにすると同時に腎臓にもいいのではないでしょうか。だとすれば、これもある意味で好転反応なのかも...

銀は元々美人で評判だったので(←親バカ?)、早く病気を治して元の美人さんに戻ってほしいです。また、ご報告しますね。

ピース"ピースより

先日、メキシコから問い合わせがあった飼い主さん、その後の報告です!とてもご心な飼い主さんで、最初弊社の配達都合で、EMSという郵便で発送したのでが、場所柄、税関で引っ掛かると時間がかかってしまうかも、と再度DHL便という送料も結構かかるけども、それでも送ってほしいという要望で、結局2個送らせていただきました。その飼い主さんの想いが伝わり!とても順調に回復しているようです。よかったです!

飼い主さんのコメントでは、メキシコは日本と比べても医療事情が悪いらしく、理想的な治療はむずかしいようなのです。経験的には日本だけら医療事情がいいということでもありませんが、さすがに中米となると、自衛をしていかなければいかないようです。まさに、そんな方だからこそ、イフとの出会いがあったのかもしれません。銀ちゃん、これからも元気でね!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

様々な病気に立ち向かう!!

犬の病気 猫の病気
藤井様

前略

購入時は、早急に送ってくださいと無理をいいましたが、すぐに送ってくださいまして、ありがとうございます。猫白血病と診断され、口内は歯肉炎になっており、もでていたまめは、飲まず食わずになり数日、排便もなく心配な状態でした。イフが届き、すぐ首に巻いてやりました。

すると本当にびっくりしたのですが、5分もたたないうちに、すたすたとまめは自力で歩き、水を飲みに行き、その夜、排便し元気になりました。失礼ながら半信半疑でしたもので、娘と顔を見合わせ、そのあと「やったー」とガッツポーズ。点滴は2回受けましたが、獣医さんにも2回で回復したのは早いといわれました。

その後、また気管支炎になり発しましたが、また2回点滴をうけるまでに回復し、今は元気に走り回るようになっています。今後も、炎症が次々にでると獣医さんから言い渡されていますが、発症しても早く病状が回復し、少しでも長生きしてくれればと思っています。

奇跡が起こって、病気が消えてくれたら。。。と祈っています。今は、元気だった頃のように走り回っていて、病気がうそのようです。ありがとうございます。お礼の一報まで。

ピース"ピースより

またまた、うれしいご報告です!元気だった頃の走り回り、、、想像できそうです!!猫白血病、口内炎、高、気管支炎。。。飼い主さんに取りましては、不安な日々かとは思いますが、とにかく、少しでも調子のいい日の連続が、体質改善のきっかけになり、飼い主さんの祈りが届きますように!!

犬の病気 猫の病気福島県の◯◯と申します。先日はイフを送っていただき、ありがとうございました。早速、義妹と姑に着けてもらっています。どんな効果が出るか楽しみです。

一つ気になったのですが、付属のひもがすぐに汚れて色あせてしまい、なかなか太さの合うものが見つかりません。別売りで何種類かひもを扱っていただく事は出来ないでしょうか?服に合わせられるよう色や素材のバリエーションがあれば便利かなと思うのですが。

最後に中2の娘が水ぼうそうにかかり、私のイフを着けさせてみましたら発疹がとかゆみが1日で治まりました。正に自然治癒力は素晴らしいですね。驚きました。また何かありましたら連絡させていただきますね

ピース"ピースより

ご報告とご意見ありがとうございます。イフをご使用いただく場合、金属のチェーンは、避けていただいています。金属が静電気を寄せ付けて、それだけで気の流れが乱れてしまうからなんです。でも、これはイフをしている、いないに関わらず、同じ気の流れの乱れは起きてしまいます。イフの使用をきっかけに、金属チェーンの使用を止める方が多くいらっしゃいます。たった、これだけのことですが、体に対する負担は違ってきますので、習慣になっている方は、ぜひお試しを。。

また、綿のひもはある意味消耗品ですので、ずっと使い続けていますと、色あせが起きてしまうのもしょうがい部分があります。イフ愛用者の方で、どうしても適当なヒモが見つからない場合には、弊社までご連絡くださいね。上記の色のバリュエーションの件、いいご提案ですね。今後の課題にさせてください。

また、娘さんの水疱瘡のこと、本当に自然治癒力の偉大さを感じさせてくる出来事ですよね。動物の回復を紹介することが多いのですが、今日は人間編としての事例を紹介させていただきました。ありがとうございました。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

メキシコのペット医療事情

犬の病気 猫の病気(藤井さん、こんにちは。 サイトを拝見させていただきました。

じつは今メキシコに在住しているのですが、わたしの銀(メス6歳)が具合悪くなったのは、メキシコに引っ越してからでした。その前はカナダにいたので、気温と環境の変化のため、食欲が一時落ちたとしか認識していませんでした。

でも3ヶ月経ってもまだ食欲がもどらず、以前6キロあった体重が4キロまでおちてしまいました。医者に診せたのですが、最初の医者は触診で「一時的なものだから心配しなくていい」と言い、とくに治療をしませんでした。

でも、ますます食べなくなり、体重がどんどん落ちていったので、これは異常だと思い別の医者に診せましたが、やはり「健康だから問題ない」としか言いませんでした。食欲と体重の激減を除けば、確かに元気そうにしていたのですが、以前ものすごく食い意地がはっていた子だったので、やはりおかしいと思い、血液検査等をお願いしたところ腎臓と肝臓の機能不全の疑いがあるということで、入院して点滴をしたりさまざまな薬を飲ませた結果、正常な状態にもどったので大丈夫といわれました。

食欲も徐々にもどったので安心していたのですが、先週から一切食べなくなり、足腰もふらついてきているので、また別の医者に診せたところ、腎不全を起こしているといわれました。前の医者はレントゲンや血液検査をしていながら、適切に対処していなかったようです。高い治療代を請求して(メキシコ人から見れば日本人は金持ちなので、ふっかけてもいいと思っているらしく、マーケットなど大なり小なり高めに値をつけてきます)。

最後はめんどくさそうに「もうこなくてもいいよ」と言う医師に不信感を持っていますが、他に頼るすべはありません。メキシコ人のペットに対する愛着もわたしたちとは違うように思います。今の医師も以前のよりはましですが、最初に「ここメキシコでできる治療はない。できることは食欲を持たせ自分自身の治癒力を高めることだけだ」と言われてしまいました。

銀をカナダに連れ帰って治療を受けさせることも考えましたが、今の体力では12時間以上に及ぶ旅に耐えられそうにありません。銀をカナダから連れてくるべきではなかった、最初に医者に診せたときなぜもっと詳しく調べるように頼まなかったのか、2人目の医師は最初から信用できなかったのに、なぜすぐに別の医者に診せなかったのか、そもそももっと早くに医者に連れて行くべきだったと自分が許せません。すべてわたしのせいなので銀が食べれないで衰弱していることを思うとわたしが食べることに罪悪感すらあります。
わたしに何かできることはないかとインターネットで調べていたところ、こちらのサイトに行き当たりました。もしイフが銀に効果あるとすれば、これほど負担やストレス、苦痛を与えず銀にとってベストな治療方法はありません。銀はもともと元気で健康な子だったので、自身の治癒力はきっと持っているはず、イフがそれを助けてくれるかもしれないと思うといてもたってもいられず、メールをしました。

メキシコに郵送をお願いできないでしょうか?DHLでおくっていただくと一番早く届くので、それで送っていただけないでしょうか。一日でも早く届けていただきたいので、以下に一応届け先等の情報を付け加えます。もし不都合等がありましたらこのe-mailにご連絡ください。

ピース"ピースより

今日は、海外の事情を教えてくれる貴重なメールを紹介させていただきます。国はメキシコです。とても一生懸命な飼い主さんなのですが、国は違えど、善くも悪くも、獣医の先生の言葉だけではなく、心配ならばしっかり納得いくまで診てもらうことの大切さを教えてくれています。

日本では、メキシコほど悪くはない?!なんて考えている飼い主さん!そんな方ほどしっかりと自分のペットちゃんを見守ってあげてくださいね。最後に、みんなでメキシコの猫ちゃん、飼い主さんに「ガンバレ」エールを送ってあげてくださいね。

犬の病気 猫の病気(8月7日イフ注文時)

通信欄:はじめまして。獣医さんのことで悩んでいます。

最近、慣れ合いになってきたせいか、かかりつけの獣医さんの診療内容に一抹の不安を覚えるようになりました。長い間外出していた猫が突然帰宅し、口からよだれを垂れ流して食事も出来ない状態でいたので、すぐに病院へ連れて行きました。

素人判断でも決して良い状態とはいえないのに、治療は1〜2本の注射のみで「これで様子見て」と言われ、いったんは連れ帰ったのですが状態は一向に良くならず、もあり食事はおろか水すらも飲めず、日々悪化しているような気がしてなりません。

「良くならないようなら連れて来て下さい」と言われていますが、このまま今の獣医さんに診てもらっても大丈夫なのだろうかと不安にかられています。

あまり転院するのは良くないという話も聞きますが、他の病院で診てもらうことはやめた方が良いのでしょうか。今の獣医さんに助けていただいたことは何度もありますし、通常の健康診断などは受けているのですが、どこかに不安があるのです。


(8月9日ご報告)

こちらのアドレスで良いのかどうかわかりませんが、どうしてもご報告したい事があり、唐突ではございますがメールさせて頂きますm(__)m。8/7(月)に「イフ」の注文をさせて頂きました◯◯と申します。

注文の際に通信欄に少し概略を記載いたしましたが、長い間外出していた猫が口からよだれを垂れ流し悪臭を放ち、食事も水も飲めない状態でおり、獣医さんに診てもらっても芳しくない状態でいた為、最後の頼みの綱と「イフ」を申し込ませて頂きました。

正直、本当にこんな方法で助かるのだろうか。。。半信半疑でした。でも、たくさんの体験を目の当たりにし、「もしかしたら・・ということもあり得る。たとえ1%でも可能性があるなら・・」そう思い、購入を決断いたしました。

申し訳ございません。ダメ元購入・・・だったのです。

実は、我が家の愛猫はウイルスに感染しており、口内炎もひどく潰瘍が出来ていました。食事を食べようとしても食べられずに小さく鳴くのです。 みじめです。口が利けないから鳴くしかないのです。

獣医さんの診断は、「かなり悪い。も40度あるし脱水症状もあるし、カリシスウイルスも発症している。肺炎を起こせばいつ逝ってもおかしくない。」という内容でした。

口の利けない動物をここまで苦しめて初めて、飼い主としてどんなに無責任だったかを気付くのです。慌てふためいて、獣医さんの治療が不安だとか、信頼出来る獣医さんはどこにいるのかなどとうろたえる前に、きっちりと飼い猫に責任ある心配りをすべきでした。

情けない自分を責めながらも、何とか救える方法はないものかと、家事そっちのけでPCにかじりつく日々でした。そんな矢先です。御社のHPに出会ったのは。。。

7日の夜間の申し込みでしたので、「イフ」が到着したのは本日9日(水)の午後でした。よだれで前肢もあごも常に汚れている状態なので、ケージにかけました。これが14時ちょうどです。他にも数匹猫がいるので、ケージに入れて別室で隔離しております。

1時間後・・・様子を見てみましたが特に変化はみられません。急用で外出し、18時に再度様子をみにいくと。。。

目の色が違うのです。上手くいえないのですが、病気の目じゃないというか・・・病んでいる時の目の色はうっすら曇っているような、はっきりしないような・・・そうしているうちに、口を開く事すら痛がっていたのにアクビをしたのです。アクビができるってことは、も・・も・・もしかして食事ができるかも。。。期待できないかもしれないけれど、どこかで大きく期待している私がいました。早速、缶詰を少し与えてみたのです。

た・・た・・食べました! (  ゜ ▽ ゜ ;)  

初めは少し痛がってぎこちなかったけれど、だんだん上手に食べたのです。あんまり与えるのも心配で少し遠慮がちの量だったのですが、あっとゆうまに食べ終わり、「もっとくれ!」と催促までする我が愛猫・・・大きな口をあけて鳴くのです。

そのときの驚きたるや、思わず鳥肌が立ってしまいました(((( ;°Д°)))) 

こ・・こ・・こんなことが・・・( ゜-゜)( ゜ロ゜)(( ロ゜)゜((( ロ)~゜ ゜

それしか言葉がありません。たった4時間で・(実際はもっと早い時間に元気を取り戻していたのかもしれません)口内の潰瘍、高、寄生虫、脱水症状、衰弱しきっている体・・・いつ死んでもおかしくない状況でした。メールでお伝えできないのが残念なのですが、うちの子が発していた臭いは、まさに肉や卵が腐ったような悪臭でした。

家族は、「もう助からない」と諦めていたようで、食事をしたことがなかなか信じられないようでした。食べたくても食べられない姿をみておりましたので、缶詰をたいらげてくれた時の感動はたとえようがありません。 o(;△;)o 

イフ」の威力はまさに神業といえます!まさかこんなに目に見えて結果が出るとは思いもしませんでした。もっとたくさんの動物が「イフ」によって、その尊い命が少しでも長く守られていけることを切に願います。自信を持ってすすめることができる最高のお守りです。

とても失礼な事を申し上げます。

イフ」というあまりにも摩訶不思議な商品・・・最初から100%信じて購入される方はほんの一握りなのではないでしょうか。きっと誰もが「ワラをもつかむ思い」で購入されてらっしゃると思います。でも、実際に使用してこれだけの結果が出て、初めて気付くのです。

「購入して良かった」・・・と

私、自信を持って知り合いにすすめます。不幸な動物たちがあまりにも多すぎる世の中を「イフ」で変えたいです!

動物は・・・

口が利けないんだぞーっ!!

動物の命を軽んじる今の世の中が、もっと動物の命を重んじる世の中になりますように。もっともっと優しい人間ばかりで溢れますように。。。

メールを下さいましたピースカンパニーの岩崎さま、スタッフのみなさま、本当にありがとうございました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


(8月10日ご報告)←感謝メールを返信しましたら、再度送ってくださいました!

藤井様

この度は大変失礼なメールを差し上げてしまい、本当に申し訳ございませんでした。言い訳じみてしまいますが、あまりの驚きと興奮で文章が支離滅裂になって、「いったい何が言いたいの?という感じだったと思います(^〇^; お恥ずかしいです。

でも、まだ興奮が冷めません。驚愕の出来事に、正直放心状態です。うちの子・・・今朝は昨日よりも元気になって、缶詰とドライフードまでペロリ♪

おまけに・・・毛づくろいをしていたんです(*゜▽゜ノノ゛☆

け・・け・・毛づくろいですよ!

昨日まで潰瘍だらけの口でよだれの垂れ流し状態だった子が、食事の後に毛づくろいをしたのです((((((ノ゜㊖゜)ノ 

まさに奇跡です!!

これを奇跡といわずして、何が奇跡でしょう\(゜□゜)/

恐るべし「イフ」の威力!

獣医さんから、

「このまま死ぬ可能性が大きい。後はこの子の生命力です」

と言われ、「バーロー!こんなことで死んでどーする!絶対よみがえって獣医さんの目ん玉ひん剥いてやるんだぞー!!」←意味わかりますか?【驚かせてやる】の意味です(^^;

そんな言葉を、呪文のようにつぶやきながらも、なすすべがなく、衰弱しきった姿をただ見つめるしかったのに、何も飲み込めない状態で苦しんでいたことがまるで嘘のように、今朝は甘えてケージにすりすり・・・具合が悪くてすりすりどころじゃなかったくせに。。。(うれし

まだよだれは止まらないものの、食事はしてくれるので、今後の展開が楽しみです♪その時はまたご報告したいと思います。家族も本当に驚いて、ただただ「イフ」の威力にぼう然とするばかり。初めは信じられなかった母が・・・「家族全員分ほしいな〜あ」などといい放ち。。。

ちょっとまったあーっ!!

まだ清算しておらんのじゃー!と焦る私。

※すみません。お盆までは日勤で手続き出来なくて。お盆明けに必ず振込みます。・・・という訳で、そんなに遠くない将来、きっと家族全員「イフ」を購入させていただく事になると思います Σ(~∀~||;)  

どうしても生の声をきかなければ納得いかない・・・

そんな方には、私の体験で宜しければいつでも「イフ」の効果をお話させて頂きますョ♪あまり実名は公開したくないのですが、個人的に直接メールを頂ければ、ありのままの体験をお話できますので(^^ゞ

大切な命を救って頂いているのですから、少しでも御社のお役に立てればと思いますm(__)mいえいえこれは、御社の為だけではなく、「イフ」を知らずして苦しむ方々の為でもあると思っています。

購入者の掲示板なんかもあるといいのかな・・・でも、いたずらや中傷が怖いですよね。これだけに結果が出るものだと、妬む輩もいないとも限らないし。。。

最後に・・・

我が家では過去に何匹もの猫との出会いがあり、その尊い命を救うことが出来ず、情けなくも見殺しにしてきたこともありました。あの時、もっと早く獣医さんに診せていたら・・・

あの時、イフに出会っていたら・・・

そんな悔やまれることばかりをしてきた自分自身を省みて、永眠した子たちへの想いに報いる為にも、今、家族として過ごしている子たちへ、精一杯の愛情をそそいであげたいと思うのと、1匹でも多くの動物を救っていくことのお手伝いをさせて頂く事が、犠牲になっていった子たちへの恩返しと思っております。(自己満足かもしれないけれど・・)

もし、私に出来る事がありましたら、何なりとおっしゃって下さいm(__)m 購入者からのアドバイス・・・みたいな形で出来る限りお役に立ちたいと思っています。やだー! またまた長いメールになってしまいました。 (///∇//)

ほんとに本当に申し訳ございません。

でも・・・

本当に本当に本当に・・ありがとうございました♪

藤井より

今日は、ピースに代って藤井からです!またまた、驚きのメールが来てしまいました!最初にメールが届いたときには、とても長い文章で、いい結果だったのか、それとも悩みの相談なのか?それとも、、、?まったく事態も把握せずに、ゆっくりと読み始めました。

そして、自然治癒力のすばらしさがストレートに伝わってくる内容だ!と次第に、「で、次はどうなったの?」なんて、興味をそそられながら、メールに釘付けの私でした。まさに、この体験は、イフ以外にはできなかったと確信します!それくらい、衝撃的な体質改善といいますか、自然治癒力の大・大・大活性化が猫ちゃんの体内で起ったと思いますね!猫ちゃんの生命力に敬服です!

また、飼い主さんのご感想も、感情が素直に表現されたもので、私もその場の状況が目に浮かぶほど、リアルな光景がイメージできました。そして、イフに対する期待と不信感。ふだんからイフのことに全く疑いのない私たちにとって、初めての方の心情といいますか、不安な気持を改めてかみしめることができ、逆に飼い主さんからの立場を実感できましたね。

さて飼い主さんの文章は、人間味あふれる表現で伝えてくれていますが、その裏側には、優しさや猫ちゃんに対する愛情をひしひし感じます。そして、その想いは猫ちゃんにも十分に伝わったでしょうし、実はこのあたりに、「奇跡を起こしたもう一つの要因があった」のではないか?なんて半分冗談、半分本気で考えています。

さて、このように書きながら私には不安があります。それは、この文章があまりにも出来過ぎて「やらせ」ではないかと疑われてしまうことですね!(笑)そう言いたくなるくらい、イフのお褒めをいただき、とても誇りに感じております。飼い主さんの◯◯さん、素直に感情をぶつけていただきまして、ありがとうございます!これからも末長く、元気でいますように!ありがとうございました。(感謝)


※このブログでは、大きな変化、劇的な変化を紹介することが多いのですが、今回もそうなりました。しかし、大きな変化だけがすばらしいわけでは決してないと思っております。「ちょっとした食欲」「顔つき」「目の力強さ」「毛並み」「歩き方」「以前の行動、習性に戻った」などなど、さりげない行動の変化すべてが、自然治癒力の仕業であり、すべての動物がもつ力です。

もちろん、人間も。ふだん生きているのが当たり前で、自然治癒力とか生命とか中々感じにくいですが、今回のご報告でまたまた生きていることに感謝の気持を抱いた私でした!?

※確に上記のご報告は、使用してまもなく結果が出ました。しかし、イフをご使用いただいているワンちゃん、ネコちゃんが、今回のように即効的に働きかけるものでは決してございません。中には、時間がかかったり、病気の進行、自然治癒力の強さいかんによっては、結果がでない場合もあることもあります。私たち人間ができることは限界もあり、また寿命というのもあります。そしてイフも万能なものではないということも、申し上げさせていただきます。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

イフの力に懐疑的だった!?

犬の病気 猫の病気こんにちは、私は去る6月1日に「イフ」をお送りいただいた○○と申します。遅くなりましたが「その後」についてご報告させていただきたいと思います。

結論から申しあげると、本日、8月6日現在存命中です。少なくとも6月1日にメールを差し上げた時点では、今の状態まで回復するとは全く想像することができませんでした。話せば長くなりますが、6月1日時点では、食べることができるものは流動食のみ。首から下は麻痺の状態でした。ドクターの懸命な治療のおかげで、何とか生きてはいるものの、まさにその命の灯火はいつ消えてもおかしくない状態でした。

チビに劇的な変化が訪れたのは、7月15日の日でした。いつになく呼吸が荒く、食欲もなさそうでしたので、ドクターのもとへ行く途中のことでした。途中、しきりに体を震わせるので車を止め、用を足させようとチビを田圃の畦(自家所有の)に下ろしたときでした。歩くはずがないと思っていたチビが、畦道のうえを突如、約20メートル程這いだしたのです。

あれから約1月程経とうとしていますが、散歩の方は以前と変わらない位にするようになりました。7月15日以来の回復ぶりは加速度的と言っても過言ではありません。当然ドクターのお陰というのは言うまでもないことですが、当のドクターもここまで回復するとは思っておられなかったようなので、(実際、あと数日かもしれないとの宣告を受けました。)

誠に失礼な言い方かも知れませんが、イフの力に懐疑的であった私もついにその結果を否応なく認めさせられた次第です。ここまで書くともう完治したようにも思えるのですが、なにせ相手は心臓病ですので、薬とイフの併用でこれからも付き合っていこうと思っています。

それにしても御社の広告に出会わなかったら今とは違った状態であったことでしょう。今はただ感謝あるのみです。とりとめのないことを申しました。先ずは報告まで。

ピース"ピースより

またまた、すごいご報告です(笑)。文頭に「現在存命中」とありましたので、どのくらい大変だったか?心配だったことかとお察しいたします。しかし、チビちやんはまだまだ頑張っているようですね!また、6月1日にイフを使用しはじめて、劇的に結果が出たのが、7月15日。本当、諦めるものではないということを改めまして感じますね。

ドクターの予想をいい意味で裏切れたのは、まぎれもなくチビちゃんの生命力の力のお陰。イフは、ちょっとだけお手伝いをしただけ。まだ、乗り越えなければならない山があるかもしれませんが、でも、これからも奇跡を信じていますよ!絶対に大丈夫!!

犬の病気 猫の病気こんばんは ご無沙汰しております。今年6月にイフを買いました 北海道の○○です。その節は、親切で敏速な対応をして頂き有難うございました。あの時は愛犬が突然と言われ 私たち家族はどうして良いのか、現実をどう受け止めたら良いのか とても動揺しました。

奇跡が起きました。

同じような事で悩んでいる方の役に立てたらと思い少し書きます。生まれてすぐ我が家に来たぐーちゃんメスは今年で12年です。左足に突然膨らみができて みるみる大きくなったので病院へ連れて行ったところ、その場で癌がわかりました。肥満細胞腫の悪性の癌グレード2でした。ぐーちゃんは足の腫れは赤紫でピンポン玉より少し大きいくらいになっていました。

実は私は実家のぐーちゃんとは年に一度帰省の時に会えるだけで、実際は両親がぐーちゃんの世話をしてくれていました。今年も夏には会えると楽しみにしていたときの突然の告知に、私はショックで7月末に私が帰省するまで、ぐーが生きていられるかわからないと思いました。

血液検査の結果が悪く、白血球も犬だと普通5000〜15000という数字であるものが「48600」でした。病院ではすぐにステロイドのいわゆる抗がん剤を出され、まずは5日間飲みました。はじめに少し強めの薬で癌細胞を叩くため、ぐーちゃんは副作用で肝臓の数値までもALPが「1238IU/L」、GPTが「556IU/L」になってしまいました。

このまま肝臓の数値ALPが1500まであがると、手術もできない状態になると病院で言われたそうです。その時は見た目も辛そうで、歩くのもヨタヨタで、ぐったりしていたそうです。そんな様子を聞いた私は 何かぐーのためにできないかとネットで犬の癌について、病気治療についてなど調べ始めたときに、このイフを見つけました。

一か八かというのが本心でした。何か少しでも効くものはないかと探しました。ぐーちゃんには時間がありませんでした。いろいろ体験談を読ませていただいて、もし癌が広がってしまったとしても、とにかく痛みが少しでも減ることができたら・・・と何かが効いてくれたら・・・とすがる思いでした。

急ぎます。すぐ送って欲しいとメールで問い合わせをしたところ、とても親切に対応していただき、料金を振り込むまえにぐーにイフを送る手配をしてくれて、電話でもぐーちゃんの様子をきいてくれたりして、とても感謝しています。

同時にステロイド剤も飲んだので、実際薬も効いてくれたのだとは思いますが、実家で世話をしていた両親も叔母イフをつけて、すぐにほんの10分でぐーの様子が変わったと思えたそうです。なんだかわからないけれど、あんなにぐったりしていたのに、何か変わったみたいだと感じたそうです。

一緒にいた叔母が朝からガンガンしていた自分の頭痛まで治ったらしくて、ほんとに不思議だったみたいです。その日からぐーちゃんは、ずっと首輪にイフをつけています。イフを付けてから5日目の血液検査は白血球が「21900」に減っていました。

その後「18500」になり肝臓の数値も減り、なんと手術ができる程度にまでなったのです。それでも高齢な事と心臓に少し雑音があったので、手術の危険度は高い方でした。転移していたりすることもあるので、少し患部も多めに切り取ったそうです。それでも無事手術は成功しました。

結果的に、体の皮膚に3箇所腫瘍がありました。前足、後ろ足、背中にあった腫瘍も、細胞検査に出した所、全部の箇所から癌がみつかりました。が、その後の血液検査は、ぐんぐん数値も良くなり、正常に近いものになっていったのです。体の表面には癌はなくなったと思います。と病院で言われるほどに回復しました。

ぐーちゃんはグレード2という段階で、しかもこの癌は80パーセントの確率で転移、再発するらしいので、この先また辛いことがあるかもしれませんが、今のぐーちゃんは、先月ぐったりして、しかも手術をした犬には見えないほど、食欲もあり、便の色もよく、散歩にも行き走るのです。

病気があっても、ぐーちゃんは、戦って病気に勝つぞ、ときっとおもっているんじゃないかなぁと私は感じます。目の輝きがもどっていると両親も実感しています。先月あんなに、ぐったりしていたのに、本当にうそのように元気になりました。体から大きめの腫瘍を取った傷跡は、しっかり、くっきり、10センチくらいの傷が2箇所も残っているのに、こんなに回復が早いとは思ってもいませんでした。抗がん剤がぐーちゃんには合ったのかもしれません。

でも、このイフがぐーちゃんに、力をくれたのだとも思います。叔母は頭痛が治ってからイフの力を信じて、人間にも効くと実感したようです。病気を治そうとする 本来の力を強めてくれるのだと私は思いました。一緒に送っていただいた塩もぐーちゃんの飲み水にいれて飲んでいます。もし、また分けていただけるのであればお願いしたいのですがよろしいですか?

この先も、ぐーちゃんはイフをつけて、もっともっと元気になってくれる事を願っています。先週帰省した私は手術を乗り越えた、ぐーちゃんに会うことができました。ぐーちゃんは私を見て走ってきました 走ってきたんです 嬉しかったぁ。イフを見て こんなに小さいのに ここには大きな力が入ってるんだなぁと思いました。

このたびは 本当にありがとうございました。イフに出会えて感謝しています。

ピース"ピースより

いや〜すごい報告が来てしまいました!ほんとスゴいですね!!ぐーちゃん、立派に癌を乗り越えました!それは、獣医の先生、そしてご家族さえも諦めかけた状態からでしたね。体の皮膚に3箇所の腫瘍、そして手術。う〜ん、なんていったらいいでしょう。これぞ、「生命力のたくましさ」、いや「命の神秘」とも言えるのではないでしょうか?!

ぐーちゃんのお話を聞き、またエネルギーを感じる飼い主さんも多いと思います。「どんな状態でもあきらめない」。そんな単純なことを素直に感じさせてくれる今回のご報告に感謝です。本当にありがとう!これからも元気で!!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

慢性鼻炎と大復活ねこちゃん

犬の病気 猫の病気(イフの購入者さまより再注文)

5月に一つ注文致しました。突然倒れ自力で立つことも食事も取れなくなり、16歳という高齢ですし、もう回復は無理かも。と思いましたが、どうにも諦めがつかずイフに辿り着きました。あれから2ヶ月、今は毎日お腹いっぱいご飯も食べて元気に動いています。一番驚いたのは、慢性鼻炎で鼻水が常に鼻にこびり付き、しかも、出血もひどく、4年もの間何件ものお医者さんで治らなかったのが、イフを付けてから2日で全く出なくなった事です。

不思議ですねー。本当はもっと早くお礼を言うべきなのですが、小さい赤ん坊と猫の世話とで遅くなりすみませんでした。本当に有難う御座いました。すでに一匹の猫はイフを付けていますが、あと一匹にも付けてあげたいと思い再度購入します。

ピース"ピースより

高齢で自力で立つことができなかったというねこちゃんの鮮やかな回復、本当によかったですね!また鼻炎の調子もよくなったとのこと。実は、イフをして花粉症をはじめ、鼻炎で悩む方から、イフをして鼻の具合がとってもいい!なんて言葉をよくいただきます。脳が元気になると、すぐそばの鼻の調子もよくなるんですね!どうか、これからも慢性鼻炎はじめ、全身が元気になりますように!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

良い獣医、動物病院の選び方

藤井より

こんにちは!今日は、良い獣医、動物病院の選び方について、お話したいと思います!

「いい動物病院、獣医の先生、知りませんか?」

私たちが今まで、動物たちの健康に接してきて、飼い主さんから、よく聞かれる質問の一つです。正直、この業界の先生のレベルは最悪です。(もちろん、いい先生もたくさんいますよ)

どのようなことに気をつけたらよいか?数点挙げてみますね!

ポイント 電話であえて色々な質問をしてみる

インターネットや口コミなど、さまざまの情報を元に、いい病院を探そうと思いますが、最終的には、直接病院に電話をすることが、一番です。大切な家族のためです。ぜひ、電話の勇気を!!

電話の第一声は、「いま、動物病院選びしている!」と言うのがベストです。たとえば・・・こんな感じです。

「今度犬を飼うことになって、行きつけの動物病院をどこにするか悩んでいる所なんです。もしお時間よろしかったら、何点か質問させてもらってもよろしいでしょうか?」

そして具体的に次の項目を質問していきます。

・料金は?(ワクチン注射を打った場合、健康診断した場合、不妊手術した場合など具体的に

・救急や夜間診療の有無

・対応できないような病気や手術が派生した場合、提携先の病院を紹介してもらえるのか?

・診療時間、休診日

その他、気になることがあれば、全部聞く覚悟で、質問してみてください。良い動物病院は、こういった質問にもめんどうくさがらずにきちんと応えてくれるものです。電話での印象、対応など、いろいろ感じとってください。そして、実際に何かあったときは、すぐにその病院に連れて行きます。

ポイント 病院内は清潔か?

待合室はきれいに掃除されているか?においはどうか?を確認してください。衛生的なことは基本中の基本です。良い動物病院は特に気を使っているはずです。ただし、病院はウィルスの温床です。色々な病院を見比べるのは、ワクチン接種が終わって外出許可ができてからにしましょう。

ポイント 実際の診断での印象はどうか?

・問診するとき、こちらの話をちゃんと聞いてくれているか?

・触診するとき、動物を乱雑に扱うことはないか?取り扱いに慣れている感じか?

・検査を行う場合、どのような目的の検査なのかキチンと説明してくれているか?

・全体的な獣医さんから受ける雰囲気は良いか?また来たいと思えるか?

・薬を出された場合は、キチンと効用を説明されるか?副作用はないのか?

・診断書はキチンと明細まで記入されているか?料金の内訳ははっきりしているのか?

この条件が当てはまれば、よい動物病院だといえます。

ポイント補足 深刻な診断が出た場合

満足いく病院、獣医の先生に出会ったとしても、実際の医療の技術レベルが高いか?低いか?は別問題です。動物病院の先生の判断一つで、他の病院の先生とまったく診断が違うなんていうこともざらにあります。少しでも不信感を感じたら、すぐに治療に移るのでなく、別のところで診断し、比較してみることをおすすめします。そう、動物にもセカンドオピニオン、サードオピニオンが必要なのです。

これらのポイントに注意すれば、あなたのワンちゃん、ネコちゃんにぴったりの「獣医さん」が見つかるはずです。獣医の先生との出会いは、結婚と同じで、とても大切な縁です。時には、運命を左右することだってあります。だからこそ、地道に探してみてください。がんばって!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

にぎやか猫家族のがんばり!

犬の病気 猫の病気(中略)それと今回イフの体験談をお話しします。

先月なんですが、我が家の愛ネコ(だいすけ)15才がときたま変な嘔吐を何回もしてまして、病院に連れて行くと「腎不全からくる嘔吐」ということでもう年齢的なこともあり、二つある腎臓の一つはもうまったく機能してないのじゃないのか?と病院ではこれ以上悪くならないように薬でおさえようとするだけで治すことはできないと・・・

それで私も心配になりなにかできることはないかと探していたら、イフのHPと出会い、最初、私もほとんど信用してませんでした。けれど試してみないとわからないと思い購入しました。で、だいすけに着け初めて一週間ほどたった頃から、やたら元気になり食欲も旺盛で、腎不全のためにできなかった年に一回のワクチン注射も打つことができて、いまでは元気に飛び跳ねて遊んでおります。

それとイフペンダントに確信がもてたお話しがあります!7月12日に姉の愛犬「ノン」14歳が突然変なをしだして病院へ行くと肺に水がたまっており、このままではもう危ないと言うことで、3日ほど入院しておりました。

この子の場合、元々心臓が悪く手術もできず薬の治療しができず朝、夜薬付けの日々でした。でも、一向に病状は良くなるどころか悪くなる一方でこのまま入院さしてるとノンが死んでしまう!!と思い即、退院さして自宅療法にかえました。それでだいすけ(愛猫)に付けていたイフをノンに付けました。

退院したその日は、ほんと歩くこともままならず、ご飯もまったく食べれず水しか飲めない状態で、もうダメなのかなとほとんどあきらめていた状態でした。ところが、イフを付けて4日目なんと寝たきりのノンが元気になり、ご飯も少し食べて座れるほど元気になっているのです!!座ってシッポまで振るほど元気になっていったのです!!

それからまた3日後、体が弱ってから一度も吠えることもできなかったのに「ワン!!」と吠えることもできるようになりました。ほんとにが出るほどうれしかったです!!あのまま入院していたらノンはもう死んでたと思います。

このことがありイフは「ただものではない!!」と確信がもてました!!で、後、我が家に4匹の猫と私自信。姉家族の全員のイフを購入しました!ほんとにイフのおかげで元気になれました。イフにめぐりあえたことをほんとに心から感謝しております。ありがとうございました。

これを機会に私みたいにこまってる人がいたらイフを伝えていきたいと思います。また、新たな進展がありましたら報告させていただきます。長々と申し訳ございませんでした。

ピース"ピースより

いや〜ほんと劇的ですね!!言葉にならなくらいの感激です!このご家庭は、ねこちゃんのにぎやか家族です。そして、とても贅沢です(笑)。猫ちゃんと飼い主さん、全てにつけさせて。。。

イフに対する半信半疑なところから、実際に猫ちゃんのどん底状態から、回復ぶりをマジかで体験したのは、その驚きもさぞかし大きかったことと思います。だいすけちゃん、ノンちゃん、ほんとがんばってね!褒めてあげたいです。ねこちゃんの頑張り、そして飼い主さんの、こどもさん想いが伝わってくるメールでした!!

感動をありがとう。

犬の病気 猫の病気先日イフを2つ、その後合計4つ注文して早急に送っていただき、またプレゼントもいただき、ありがとうございました。人間と犬猫で使わせてもらっています。幾つかよい方向になったことがあるのでご報告させてください。

私(ヒト)

首〜肩の凝りが治った。

イフを外したら不快感が戻って驚いた)

首を反ると気分が悪かったのが治った。

月経前緊張症があるのだが、今月は楽だった。

なんとなく全般に気分がいい。


つけた途端に、体臭が気にならなくなった。

(臭いはありますが、離れていても蒸れたように漂ってたのがなくなった)

外耳炎が少しあるのでそれが改善したのかもしれません。

耳をがることがぐんと減っています。

元々健康な子なので劇的変化ではありませんが、

毛づやがとてもよくなり、ぽつぽつとあった湿疹が治りました。

この子は肌が弱く、夏場に湿疹ゼロで過ごしたことは過去5年間でありません。


拾った時の猫風邪の後遺症の目脂鼻水が、

一年間止まらなかったのが少しずつマシになっている。

つけた直後から全体に元気になり

(これまでも元気だと思っていた)

食欲増強、遊びが活発、眠りが深くなった。

捨て猫だったせいか触られたり抱かれたりを嫌がっていたのが、

じっと抱かれるようになったのがなによりとても不思議です!

ビビり恐がりの性格が変わり、落ち着いた猫になったのが、

とても驚きの変化です。


人間には他3人につけてもらっていますが、今のところ「いい感じがする」以外に詳細は聞いていません。でも全てに共通して不思議なのは、犬も猫も人間も、誰もイフをつけ始めることに抵抗がないことです。

こんなものといっては失礼ですが、私はHPなどで体験談など知っているものの、他の人には余り説明もせず勧めているのに、普段遠慮なく何でも私が進めるものを「やだ」と言い捨てる子供たちすら、、すんなりと受け取ってくれるのがなんだか気味悪いほどです。

人間もそうなのですが、動物たちの反応も不思議です。犬も猫も、これまで首輪はつけておらず、今回イフの為に首輪をつけました。犬の方は元々身につけるものに抵抗のない子なので、嫌がらないのはわかっていたのですが、猫は以前一度首輪をつけたら、ものすごく嫌がったので不安でした。

それが、イフつきの首輪をつけたら余り抵抗ないのです。一度噛んで外してしまったので、調節してもう一度つけたら、つけてもらいたがってるかのように大人しくて二度びっくりしました。その後もふたりとも全く嫌がることなくつけています。それが一番不思議に思うことです。

なんにしてもとてもよかったと思えて楽しく過ごしています。ありがとうございました。

大阪府 ◯◯

ピース"ピースより

とてもユニークなご報告をいただきました。◯◯さん、ありがとう!イフは、まず人間ではなく、動物に使っていただく!それがうちの信条です。なぜかというと、「動物は気のせい」がないからです(笑)。人間がなにも言わなくても、効くときはキチンと効きます!

今回も飼い主さんは、ちょっとした変化を敏感に感じ取っていただけたようです(すごい!)。また、イフの波動が人間様?にも無理なく受け入れられているというのは、なにかホントデキスギ!ですね。きっとイフによっぽど縁があったのでしょうね!

わんちゃん、猫ちゃん、そして飼い主さんやその周りの方々にイフは、これからも健康運を運んで行くでしょう!これからも、いい結果がでますように!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

発作→驚きと感心

犬の病気 猫の病気(7月6日イフ購入時メッセージ)

通信欄:質問させていただきます。うちの犬は14歳オス(雑種)です。しつけに失敗し、狂犬病の注射をしに行くのも安定剤を飲ませてからという有様です。その為、いま犬にとって良からぬ状態が現れているというのに、病院に連れていけないのです。普段は何ともないのに、散歩へ行くとわかるとすごく喜んで興奮して吠えて暴れます。

そうすると、目が上を向いてしまって立っていられなくなりクルクル回ります。ひどい時は倒れてしまって、なお且つそれでも立ちあがろうとしてまた倒れたりを1分程続けます。その後1〜2分で元に戻ります。5月頃から気が付いて段々と酷くなっている様に思います。(中略)

(7月12日 イフ使用後ご報告)

◯◯市の◯◯◯◯◯です。土曜日にイフが届いてから今日までの間、愛犬モウちゃんは一度も目が上を向いて倒れ狂う事は無くなりました。これは絶対イフのお陰です(;_;)本当にありがたい事です。あんなに小さなプラスチック片なのに、とても不思議です。

ですから、ボーナスが出たら私用にもう一つ買おうかなと思っています。主人も欲しいような事を言っておりました。今日職場でこの話をしてみたら、一人買いたいと言い始めたので、御社のHPを教えておきました。今頃PCに向かっているかと思います。本当にありがとうございますm(__)m

ピース"ピースより

せっぱ詰まった状態からの回復、本当によかったですね!最近、てんかん発作や痙攣(けいれん)などの症状の子をよく耳にします。もともと脳の機能の不具合が原因だと言われていますので、脳に働きかけるイフが、いい状態をもたらすことは不思議ではありません。

が、やはりこのようにお便りをいただきますとうれしいものです!小指の第一間接ほどのプラスチック片と肉眼でほんの少しの大きさでしかないチップが、よくぞここまで働きかけてくれるな?いつも、そう感心している私たちスタッフなのでした!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

見えないけど、感じる第六感

犬の病気 猫の病気ザ・ピースカンパニー様

丁寧なメールを本当にありがとうございました。本日午後1時頃確かに受け取りました。うちの全ちゃんの病気(伝染性腹膜炎)が少しでも改善するように、全ちゃんの自然治癒力を信じて、早速イフをいつもの寝床に綿のタオルにくるんで置きました。

それから仕事に出かけ、午後9時頃帰宅して寝床を見ると、ひとつ気になることがあったんです。その寝床は、全ちゃんが自分でみつけたお気に入りの場所で、部屋の角のタンスの隙間に、使っていない折りたたみの木の椅子を立てかけておいたら、丁度、椅子の下が全ちゃんがすっぽり入るくらいの広さで、そこがかなり落ち着くみたいなんです。

そこに座布団をおいてあげました。今は昼も夜もほとんどそこで寝てます。たまにそこから出てきて水とトイレとちょっとした見回りをしてます(完全室内飼いなので家の中に見回るところがあるみたいです)。ただ腹水で動くのはおっくうそうで食欲もまだありません。(イフによって食欲がでることを祈ってます。)

そこで気になることですが、寝床に寝るときは椅子に顔がかくれる寝方しか今まで見たことがなかったんですが、椅子に隠れない側(つまり全ちゃんの背中のあたり)に、丁度いいスペースがあったので、そこにイフを置いたんです。

帰宅したら、そのイフの近くに全ちゃんが頭を寄せていたんです。その時はたまたまだろうと思ったんですが、ちょっと目がとろんとしてたようだったので好転作用かもしれないと思って、少しイフを離して、また2時間後くらいに同じところに置いておいたんです。全ちゃんは、またいつもと同じ(イフのそばに背中がある状態)、寝方でまた寝始めたんです。

そして先ほどまた寝床の様子を見たら、今度は丁度イフを枕にしたような状態で横になってたんです。同じことが2回続いたので、これはやっぱりイフに関係があるのでしょうか?それともたまたまでしょうか?

寝ている間に、全ちゃんの頭(脳幹)がイフにひき寄せられたんでしょうか?まだ食欲とか症状の目立った改善はみられませんが気になってしまって・・・・。是非、ご意見をお聞かせ下さい。

ピース"ピースより

とても、ユニークなメールをいただきました。ありがとうございます。上記のように、「ときどき、イフの置いてある場所に、引き寄せられるように移動する」というご報告がきます。これは、あくまで推測でしかありませんが、このように考えています。

例えば、人間でも何となく引き寄せれる場所、気づいたら来ていた場所なんていうことはないでしょうか?動物には第六感という感覚があるといいますが、不思議と心地いい空間、癒される場所を察知する能力はあるようです。悪いこと(なんだか気持ち悪い、行く気がしないなど)もしかりです。

あくまでも「なんとかく」という感覚ですので、目に見えるものではありませんが、マイナスイオインに代表されるように、今や見えない空間でも、波動的に感じる「何か」があると言えると断言できますよね。

今回のねこちゃんの場合も、その「何か」を敏感に感じたのだと思います。偶然にしては、ほんと調子良すぎます。動物は、人間以上に、波動に敏感です。人間が見えないものも見えることがあるそうです(ちょっと話が危ない?)。

とにかくイフは、結果だけではなく、効くプロセスまで不思議な現象を見させてくれますね!なんというか、ほんとすごいヤツです(^▽^)

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

目に力がよみがえる!

犬の病気 猫の病気ピースカンパニーさま

こんにちは。昨日から、愛猫にイフを使用しています。今まで首輪をつけたことがないのでストレスになってもいけないと思い、いつも横になっているところに、イフを忍ばせました。イフをつけたとたん、目の輝きが変わったと感じました。私の気のせいかと思ったのですが主人も同じことを言うのです。

そしてそれ以外はとくに変化ないなぁと思ってました。しかし実際は変化があったのです。夜になっていつも投薬するために抱っこしています。この時にいつも逃げる時は足が麻痺状態なのでフラつくのです。

ところが昨日は・・・歩く速度はゆっくりながらも、フラつきが消えたんです!!投薬を開始してから3日目のことです。足の麻痺の主な原因は脳炎と腰部の炎症です。その炎症の原因も不治の病、FIPの可能性も捨てきれないと言われていました。(FIPの発症=1年以内の死です)

また、FIPではなかった場合でも、炎症の場所が脳なだけに場合によっては、生涯を足の不自由なまま生きていかなければいけないかもしれない、とまで言われた子がです。

まだその歩きはゆっくりで完璧ではないものの、確実に回復の兆しを見せています。お陰様でステロイドの副作用もなく穏やかに過ごしています。本当にありがとうございます。今後もなにか変化があればご報告いたしますね!

ピース"ピースより

「目に力がよみがえる!」

生命力のスイッチが入った時に、よくみられる現象ですね!人間でもそうですよね。目が全てを語るみないなところがあります。

そして、フラついていた歩き方にも変化が...。う〜ん、これだけの短時間でよくも。。。すごい生命力!よくぞ、自然治癒力ちゃん、がんばってくれましたね!これから、どんな病気が来ようとも、絶対に絶えてがんばってくれそうな猫ちゃんですね!ファイト!!です。

犬の病気 猫の病気いつもお世話になっています。香川県の◯◯です。2日前からふぅのオシッコが普通の状態になってきました!お塩を入れたお水も飲んでいます。今年の1月から降圧剤を飲み始めた母も昼間、イフを付け始めたのですが(昼間はふぅが動いて前足にひっかかったりする為、夜寝る時だけ付けています)、今日病院で血圧をはかると正常範囲でした!

いつも病院では、白衣症候群も手伝って高めの血圧になってしまいます。降圧剤は今日も処方されましたし、血液検査もしていない為、若干高めの血糖値や中性脂肪、その他の数値はわかりませんが、病院での血圧測定はいつも高めでしたので、今日の数値には驚きました!

膝や腰の痛みも良くなったらいいのに、と母も言ってます。薬や注射に頼らず健康体になれるのは理想的ですよね。

それから あのお塩、"何者"なんですか!?少量をふぅや人間の飲み水に入れています、何か違うんですよ!顕著に現れる、というより抽象的な言い方ですが、何か違います。すごいです!ふぅの今の状態、母の病院での血圧の数値、本当に本当にありがとうございます。

ピース"ピースより

こんにちは!いよいよ、ふぅちゃんの調子が良くなってきましたね!おしっこは、普段なんとも思いませんが、病気から症状に回復したとき、こんなにありがたく感じるのは、ほんと不思議なものですよね。また、お母様の血圧の状態が改善されつつあるということで、このような数値で回復ぶりを証明できることは、とても安心できたことと思います!プレゼント品のお塩の威力も感じてとっていただき、私もうれしいです(^-^*)これからも、ご家族みなさん、元気でね!!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

愛犬ちゃん〜歩けるように!

犬の病気 猫の病気今日は初めまして!今回メールさせていただいたのは,イフの効果について、お聞きしたいことがあったのでしてみました。

調べて頂ければお分かりになると思いますが、イフを既に3回購入しています。

最初に愛犬◯◯◯の病気を何とか治したいと思い・・・購入!!・・・ビックリしました!!ヨロヨロと歩けなくなってしまった◯◯◯が転倒せずに歩ける様になったからです。

やはりインチキ(すいません・・)じゃなかったんだ。凄いと正直に感激しました・・・そして、これなら妻の腰の痛み肩凝りや正座が不可能な膝なども良くなるんじゃないのか?

そう思って2回目を購入・・・こちらの効果も肩凝りが余り無くなっています!その他の効果も期待しています。

そして3回目は自分の為に・・自分は血圧が高く薬を服用していますが、何とか薬を服用せずに正常にならないかと期待しつつイフを使用中です。

さて前置きが長くなってしまいましたが、今回お聞きしたいのは、自分の母が年齢による膝の痛みを立ち上がる時に訴えています・・・この様な症状が治った例は有るでしょうか?是非、解答をお願いします。

ピース"ピースより

こんにちは!愛犬ちゃんがよろけずに歩けるようになったこと、本当によかった!!そして、イフに確信をもっていただき、今では家族中でご愛用いただいているなんて、うれしいですね!お母様が膝の痛みがあるようですが、当然良くなる可能性はあると思いますね。とはいいましても、100%ではないですが(笑)。膝の痛みは、膝だけに原因があるとは限りません。

例えば、腰の悪さが膝に負担をかけてしまい、腰ではなく膝にくる場合もあります。体は全部つながっていますので、部分的に見るのではなく、全体を通して見た方がいいですね。立ち上がるときに痛みを感じるというのは、日常生活がとてもしんどくなりますよね。なんとか、自然治癒力が活性化して、痛みが引けますように。

ちなみに、体をあたためる方法 を試してみてください。もちろん、丹田だけではなく、膝も温めてくださいね。体の冷えを取ることが、痛みをも取り除くかもしれませんよ!ご家族みなさん、健康でいてくださいね(^-^*)。応援しています!!

あこお久しぶりです。今回も嬉しいお電話の紹介をさせて頂きますね!愛犬ちゃんの調子が悪く、獣医さんもお手上げ状態という中でイフのHPに出会い、使っていただくことにありました。

使用して1週間程度でぐったりしていた愛犬ちゃんは、スタスタ歩くようになり、そして食欲も回復。検診では、血糖値も正常になり、お医者さんもびっくりしていたようです。

それを見ていた飼い主さまは、イフペンダントを愛犬ちゃんから借りて、たまにつけていたそうです。すると、疲労感が軽減し、体の調子がよくなったのを実感!そのうち愛犬ちゃんは、すっかり回復したので、ついつい借りている時間が長くなってきてしまったようですが、これはやっぱり自分用に購入しなくちゃ!とのことで今回2つ目のご注文を頂きました!家族みんなで、健康になってます!というご報告は本当に心から嬉しいですね!!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

タレントさんも使っていた!

キヨこんにちは、Kです。前回に引き続き、登場させていただきます。

昨日、NHKのサンデースポーツを見ていたら、ゲスト解説者に『不夜城』で衝撃的なデビューをして以来、多くの著書を生み出してきた作家の馳星周(はせ せいしゅう)さんが出ていました。

始めは、ワールドカップの話題で、盛り上がって楽しくテレビを見ていたら、彼の胸元にイフのようなペンダント(ネックレス)のようなものを発見しました。最初は「アレっ」「まさか」と思ってみていたら、アップになった瞬間にはっきりとイフと判るシルエットを見て取りました。

それは間違いなくイフでした。

イフの紐を工夫してオシャレに付けていたので始めは、「まさか」と思って見ていましたが、よ〜く見たら、紐を短くして、上手にアレンジしていました。イフは自然の紐を付けていただくのが、一番効果的な方法ですが、馳さんは忠実に、しかもオシャレにイフを身につけていました。

テレビでまさかイフを目撃するとは思わなかったですが、馳さんのイフを見て、「イフって工夫次第でオシャレに身につけることができるんだな〜」と思わされた瞬間でした。まさか、馳さんとは・・・以外な人が付けていたので、ホントびっくりでした。

以前、ジャニーズタレントのHさんがTVで使用していたという報告に続いての話でした。 イフってタレントさんからも意外と有名な存在みたいで、ちょっとびっくり&うれしかったです!!!

キヨ先日私宛に一本のお電話がありました!その方は去年の7月にイフを購入されたお客様で、愛猫ちゃんが急に元気がなくなり、今は毎日病院へ行って点滴を打ってなんとかもっている状態だということで相談を受けた飼い主さまからです。

「久し振りです、あれから病院通いを止めて自宅で看病していたら徐々に元気になって今では信じられないくらい歩き回っています。奇跡が起きました。ありがとうございます

といった喜びのお電話でした。その方は岡山の倉敷市の飼い主さんで、17歳になるシャム猫を飼っています。当時の相談のときには「私達夫婦は子供に恵まれなかったから、このコが子供代わりのような存在で、新婚当時から一緒に暮らしているとてもかわいい猫なんです。動物はいずれ死んでしまうのは分かっているけど、どうしてもこのまま亡くなってしまうのは忍びないからなんとか助けたい」そう言ってイフを使っていただいておりました。

イフの付け始め当初は、気持ちよさそうに良く寝るようになったけど、相変わらず食欲は戻ってこないから、明日も病院で点滴を打ってもらいます。といって、病院では点滴を毎日打って、それでも回復してこないようなら、諦めて下さい。そう先生から下されたと言っていたのがとても印象的だったのを記憶しています。

あれから何ヶ月か経った今回、このような驚きの報告を頂けるなんて、本当に私も嬉しかったです!いつも私達は、飼い主さまよりさまざまな病気の相談などを受けておりますが、その後そのワンちゃんやネコちゃん達が、元気に回復されたのか?どうなってしまったのか?とすべてを把握しているわけではないのです。

ですから、今回のような半年近く経ってから、以前相談させていただいた方から、喜びの体験をいただけることは本当に嬉しい事で、それも17歳になる猫ちゃんが見事に回復して、元気に走り回っているといった報告を受けるなんて、まさに奇跡だな〜&めちゃうれしいな〜と素直に感じました。

最後に飼い主さまは「病院に掛かるのを止めて、家で自然に身を任せて治療したのが結果的にはよかったです」と言っていたのがとても印象に残る言葉でした。

飼い主さまの中には、病院や治療法に対して疑問を抱いているけど、中々思い切って治療を止めてしまうといった行動が取りづらいと思います。が、もし同じ気持ちを抱いている飼い主さまがいましたら、動物病院やステロイド・抗がん剤による治療などについてもう一度真剣に考えてほしい、とつい考えてしまいました。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

猫白血病

犬の病気 猫の病気今日イフが届きました。取り扱い等の説明書をよく読み、早速ふぅ(白血病の猫)の首に着けました。1時間半位は寝ころんだり起きあがったり、いつもと変わらない様子でしたが

突然、猫特有の俊敏さが戻ってきました!

70%程の確率で肝臓に悪性の腫瘍できているので、延命させるにはもっと詳しい細胞検査が不可欠ですが、開腹をして肝臓の一部をとるので、検査、延命治療どちらもリスクがあります。一応の目安は6ヶ月、もちろん3ヶ月とか10日という事例もあります。と命の期限をきられた、ふぅです。

白血病は治らない病気、病院での処置は延命だという事は分かっていたつもりでしたが、検査を受ける決心もつきません。そんな頃に『ネットで興味深いサイトがあるよ、理にかなっているから試してみたら』と友達がイフの事を教えてくれたのですが、正直、信じられませんでした。

幸いにもまだ元気もあり、食欲もあったので、小康状態だと思っていましたがイフを着けたふぅはいつもと違います。家の中を走ったり、今まで以上に外に出たがったり...ここ数カ月、こんな姿は見た事がありません!

素人なので、今のふぅの体の中がどうなっているのかは分かりませんが やはり嬉しい 良かったと思わずにはいられません。ザ・ピースカンパニー様には毎日 膨大なメール等が寄せられる と思いますが、ご誠実で思いやりのあるご返信が支えになりました。本当にありがとうございます

ピース"ピースより

ふぅちゃん、がんばっていますね! 命の期限を切られながらも、必死に生きようとする姿をイメージするだけで、ジンときてしまいます。このホームページで紹介させていただく事例は、どうしても短期間で良くなった!というものが多くなってしまうのですが、長期に渡って徐々に回復する例も実際には多くいます。

ふぅちゃんも短期的にも長期的にも、いい結果が出ること祈っています。まだまだ長く生きられる可能性を信じまくっているスタッフ一同より。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

癒しのご報告

letter23月28日にイフを送って頂いた◯◯です。人間の方がちょっと調子悪くてお便り遅くなりました。本当にミラクルです。あのリュウの発は"もう少し僕のそばにいて"のサインだったのかもしれませんね。仕事柄つい一人で置いておくことが多かったもので。ところで"イフ"を一つ送って頂きたいのですが 我が身につけてみようかと。よろしくお願いします。

<体験報告>

イフのおかげで元気になりました。ありがとう!もう年だから足腰は弱っているけどね。もう入院はこりごり、肝臓も腎臓もひどい数字だったけど、点滴のあとの痛々しさと汚れた身体を見て、ご主人がとりあえず退院させますって。

お家から離れた寂しさと、狭いゲージでの生活のストレスで僕もうボロ雑巾みたいにクタクタになってたんだ。毎日、会いに来てくれても誰だかわからないくらい・・・おもらしした僕を夜中にふいてくれたお医者さんも大変だったと思うけど、やっぱりお家の方がいいな・・・

戻ってからご主人が祈る様に僕の首に小さなペンダントをつけてくれてね、食欲も少しづつ出て来て、おもらししない様に一生懸命ベランダに出る様にしてるんだ。退院した翌々日、ママがパパに言われてたヨ。"お前リュウに何したの?"って。ママ内緒で僕にペンダントつけてたんだ。グッタリだった僕がスタスタ歩いちゃったんだもの、驚くよね。

letter1

ピース"ピースより

今回は、めずらしく?お便りをご紹介しました!とってもほのぼのした飼い主さんの言葉の行間から、大変な愛情を感じます。そして、リュウくんもやっぱり家族と一緒がいいんだな!よくぞ、回復してくれました!みんな喜んでいるよ!(^◇^)〜♪

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

家族みんな元気でね!

犬の病気 猫の病気こんにちは、(中略)

今週、ユウがとても元気でした。思いおこすと、今年にはいってから食欲が落ち、しょっ中、下痢をし、嘔吐し・・・と繰りかえしてました。なのに、28日(日)にひどい下痢を1日中して、医者で下痢止めを注射してもらってから、夜中に、ゴハンだ食べたいと鳴きました。

獣医さんには、朝までは絶対絶食!と言われていたのに、結局、ユウに食べさせてしまいました。そして、月曜からずっと、すごい食欲です。ちょっとビックリです。散歩の時も、走ります。その俊敏な動き・・・ もう5,6年見てないかも・・・なんで、あんなに元気なのか不思議です。

それと・・・もう1匹、ちゃーぼうという犬がいます。8年前に迷ってきたわんこです。異常なくらい元気印なわんこだったんですが、ここのところ、元気がありません。2週間前には、嘔吐しつづけて、獣医さんに連れていきました

が、よく原因が分からないまま、食欲はなく、散歩にも行きません。こんなに元気のない ちゃーぼうは初めて見ました。ホントにヤバイ!ってくらいに元気がないんです。そこで、ユウがいつも着けてるイフをちゃーぼうにつけてみました。

そしたら、ちゃーぼう、食欲を取り戻しつつあります。散歩も行くようになりました。結構、長いこと食欲がなかったので、100%元気になるには、ちょっと時間がかかるかもしれませんが・・・でも、イフってやっぱりすごいですね。ユウとちゃーぼうの分、2ついるかも。。。

ピース"ピースより

こんにちは!いつもお便りありがとうございます。(いつもご報告をいただいている常連さんです!) 数匹のワンちゃんを飼っていると、いつもみんな元気とは限りませんよね。そんな中で、イフの使い回しで、元気ない子優先でイフを使ってもらうことは、とても賢い使い方ですよね。もちろん、贅沢にも一人(一匹)につき、イフ1個という方も、よくいますが、高価だけに、やはり使い回しが現実的ですね。

また、飼い主さんと動物たちの両刀使いの場合も、よく聞きますね。ただし、よくよく考えますと、半永久的に使えて、いつも元気なお守りとして、見守ってくれている存在って、他に何かあるかしら?そう考えると高いけど、安い?なんか変なイフ!?みんな元気になってほしいですね。

犬の病気 猫の病気昨日、イフを注文いたしました◯◯です。早速、ウーに付けてあげました。ずっと薬を飲んでいるからなのかイフのおかげなのか、今朝まで、名前を呼んでも目を細めうるうるさせながら、頭をちょっとだけ、上げるだけだったのに、私自身の病院から、帰って来たときに、玄関まで、シッポをふりふりして、でむかえてくれました。「うそだぁ〜」って思うくらい、夕方、近所から、犬の鳴き声が聞こえると、子供の◯◯が、走ってるのかと思ったら、ウーでした。

しょぼしょぼの目も爛々とした感じで、超ビックリです。信じて購入して良かったと、感謝しています。あさって、病院に行って、結果がどうなのかは、まだ、わかりませんが、本当に有り難うございました。また、報告します(*^-^)b私自身も、拡張型心筋症という病気を抱えていますが、希望が、わいてきましたよ〜ん。

ピース"ピースより

こんにちは!ウーちゃん、よかったですね!はやく結果がでることは、珍しくはないですが、でも中には、時間のかかる子も多くいますので、ウーちゃんの早い回復ぶりに、とてもうれしく感じます。

イフを使って、単に病気が克服されるだけでなく、日常生活の動き、目の力強さ、鳴き声、食欲など、何気ない行動が、実は一番感動するものかもしれません。ウーちゃんの飼い主さんも、きっとそうだったんだろうな!!ご家族みなさんが、これからも元気でありますように!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

飼い主さんの確信

犬の病気 猫の病気ザ・ピースカンパニー 様

お世話になっております。先ほどは、お電話をいただきありがとうございました。(中略)

今週に入って、「イフ」を注文するのは、3回目です。1回目は、愛犬の「◯◯」が、心臓弁膜症と心不全で、苦しんでいるので、藁をもつかむ思いで注文させていただき、イフを装着した途端、それまで「ガーガー」言っていた呼吸が、「スースー」と静かになり、呼吸困難も起こっていないと、母親から話を聞き、私も長年「肩こり」に悩まされているので、自分用にと注文したのが2回目。

昨日、それまでは愛犬の◯◯が苦しむ顔を見たくないからと、◯◯に近づかなかった姉が、穏やかな顔をして寝ているモモを見て安堵し、また、イフの力に驚き、自分も「イフ」が欲しいということで、本日3回目の注文となりました。

◯◯については、まだまだ寝たままで、水も飲まず食べ物も食べない状態ですが、イフの力と◯◯ちゃんの「生きようとする力」で、近いうちにまた以前のように、よく食べよく遊ぶ◯◯ちゃんに戻ってくれると信じてがんばります。

ピース"ピースより

効果の出かたは、実にさまざまですが、一番そばに接している飼い主さんが、犬の呼吸の変化や表情の安堵さを感じて、まだ愛犬の結果が出ていないのに、ご家族の方が使ってくださるなんて、実にありがたいです。こちらこそ、ありがとうございます。これからも、もっともっとよくなりますように。

私たちスタッフ側からの見方で恐縮ですが、このように、一度イフをご使用いただき、再度注文がくる確率は30%以上で、健康食品のように消耗するものではないにもかかわらず(一生モンです!)、ご家族、ご友人、職場の方、ペット仲間のために、リピートオーダーをしていただける!ほんと不思議な商品です。そんなところからも、イフの威力を感じる今日この頃ですね。みんな元気になってほしいものです!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

最期まで生きようとする生命力

犬の病気 猫の病気先週注文させていただいた◯◯です。すぐに送っていただきありがとうございました。その後、すぐにちび(ネコ)のそばにおいておきましたが、昨日の夕方6時50分に眠りにつきました。かなり癌が転移していたため、覚悟はしていましたが、イフをおいた後すぐに苦しがっていた呼吸が少し落ちついてきたり、それまで何も口にしなかったのに、少しだけ流動食を食べてくれたりしました。

なによりも獣医さんに肺にも転移しているため、最後は痙攣をおこして苦しむかもしれないと言われていましたが、ひどい痙攣もおこすことなく、一呼吸するごとにゆっくりゆっくり呼吸が止まり、眠りについたという感じでした。

ほとんど歩けない状態だったのに、自分からイフのそばにひきよせられるように歩いたときは、本当に驚きました。ちび自身何か感じるものがあったのかもしれません。悲しいことにちびは死んでしまいましたが、ほかに2匹飼い猫がいるので、その子たちの健康のためにもイフを使わせていただきたいと思います。

ピース"ピースより

とても、お辛い中のご報告、ありがとうございました。ねこちゃんの引き際のときの状況を語ってくださる文面の状況を想像すると、非常に辛く、かなしいものがあります。ただ、その中にあって、ちびちゃんは、なんとか最後の最後まで、生きようとする生命力みたいなものを感じることができる内容として捉えさせていただきました。

きっとちびちゃんは、幸せ者だったと思いますし、他のねこちゃんにもその生命力の強さは、受け継がれることでしょう。心よりご冥福をお祈りいたします。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

脂肪細胞腫の犬

犬の病気 猫の病気ゴールデンウィークということもあり家族総出でマロンといました。(5月)1日2日は、半日外のおりで過ごし、午後からは玄関と廊下でゴロゴロすやすやという感じです。3日4日は、外の大掃除ということで、マロンは、わたしのあとをぽかぽかとついて歩き散歩代わりとしました。時々前足を踏んだり踏まれそうにになったりと、お昼寝タイムはお預けとなりました。天気もよく、マイペースですごしました。

5日は生まれて初めて海に出かけました。最初お風呂や雨に濡れることも嫌がるので、海も嫌がるのではと思っていましたが何の躊躇もなく、海に入り遊びました。しまいには、海の水をのどが渇いたということでそのままがぶがぶのんでしまいました。海が大好きなマロンでした。また連れてこようと思いました。大好きな車にも沢山乗れてご機嫌でした。

海から帰ってきてからと、6日の日はビデオ撮マロンがいかにして外おりから脱走するか、いかにして玄関を開けて中に入ってくるかを撮りました。本当にびっくりしました。信じられないかも知れませんが本当の話です。

7日、6日の夜から鼻水と少々が出てきたと言うことで1日早く病院を受診しました。体重もしっかり増えていました。食べないときもあるというのにです。薬の副作用ですね。もうすぐ15kg。肥満ですね。鼻水のほうは様子を見ると言うことになりました。無色透明なんですが。何か異常があれば色がついているということのようです。

8日外おりを脱走。金網を食いちぎり穴をあけすいすいと出入りしました。休み中は外おりに入れられず過ごしていたので、いなくなると啼きました。

10日よるコンクリートの硬化剤をなめてしまったようで夜中に水をのませたり電話をかけたりと大変でした。次の日電話連絡をしていたところから「大量に水を飲ませればだいじょうぶでしょう。」いうことでひと安心しました。もちろん変わったことは無いかどうかは遂次見ていましたが。少々においをかいでみたと言う程度だったようですが。何事もなくてよかっです。

週末はパパがお休みだったので、またのんびりと過ごしました。やはり年を感じます、よく寝るようになりました。午後はほとんどお昼寝うとうととしています。

ピース"ピースより

マロンちゃんの回復報告です。実は、マロンちゃん、肥満細胞腫なんです。でも、どうですか、このがんばりと、遊びへの意欲!動物の本能をいかんなく発揮?するかのごとく、とてもたくましく回復されているようです。年とはいえ、なんとかがんばってほしいものです。応援しています(^-^*)

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

乳腺と子宮卵巣摘出手術の犬

犬の病気 猫の病気4月28日イフ購入時通信欄:

前略 失礼致します。妹夫婦が飼っている犬(シーズー犬)なんですが、4/25に手術(乳腺部位と併せて、子宮卵巣摘出)をしたのです。一日でも、元気なクッキー(犬の名)にと。ただ祈る思い出です。腹部半分が赤く内出血のように赤くなって、下痢も..)早く着けてあげたくて、注文した次第でございます。よろしくお願いいたします。

5月9日ご報告:

前略 おかげさまで、元気になりました。商品が届いた翌日に、宝塚の妹宅へ届に行ったのです。痛々しい傷を見て、一日でも早く元気になりますようにと、ペンダントを付けて、帰ってきた次第す。3日目から、下痢も収まり、声を出して吠える事も出来るようになったそうです。

お陰様で、1週間後の抜糸で、通院したところ,シャンプーもいいですよといわれ、安心して、帰ってきたそうです。私も、お見舞いに行ってあってきました。本当に、以前のような元気になっていました。「周りの人たちは、順調に回復したのよ。」というけど、私はイフのお陰だと、思っています。ありがとうございました。

人間も同じ動物ですから、孫が風邪で肺炎になり急遽入院という知らせが・・・このペンダントを身近におくようにと、もって行こうとおもいます。早く快苦なりますようにと,祈りをこめて・・・・。 とり急ぎ、お礼をもうしあげます。

ピース"ピースより

乳腺部位と子宮卵巣摘出手術の困難を乗り越えたシーズーちゃん、本当にたいしたものです。周りの方々はイフの存在を知らないでしょうし、もし教えたとしても、信じてもらえなかったかもしれませんが(笑)、でも共通しているのは、周りのだれもが喜んでいることですよね!陰の功労賞として、イフの存在を認めてくださった飼い主さん、ありがとうございます!そして、お孫さんにもいいお知らせが届くとうれしいです(^◇^)〜♪

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

フジテレビから取材依頼が!

藤井より

こんにちは!長かったゴールデンウィークもようやく?終わりました。私は?といいますと、結構、仕事やっておりました。だって、休み中に関係なく、病気による緊急事態が、どこかで起きているからです。ほんとうに、この休み中は、「緊急の病気につき、早急の出荷希望」の方が多かったです。何とか、イフが力になれたら、うれしいです!

下記は、イフの注文メールの配信欄にあった書き込みです。とても、うれしいご報告でしたので、紹介させていただきますね!(こういう話は、喜びと同時にうちの財産になりますね!)

通信欄: 帯広市の◯◯◯◯さんの紹介で貴社のイフを知りました。彼女の愛犬クロベイが末期状態の時、イフを付けた途端病状が良くなった事を目の当たりにし驚きました。あの小さい物体の底知れぬパワーが、人間の脳幹を刺激するなんて、素晴らしい限りです!長年腎臓病で患う父と高血圧と膝痛で悩む母、年老いた両親にプレゼントしたいと思い購入を決めました!結果が楽しみです。どうぞ宜しくお願いします!

そうそう、今日はフジテレビのある動物番組から、「イフで回復した動物の事例を紹介したいので、どなたか紹介してくれ!」という依頼がありました。最初は、冗談かと思ったのですが、制作の記者の方が結構本気でしたので、ある飼い主さんの了解をとって、記者の方に紹介しました。さて、この話し、本当に実現するのでしょうか?こういうのは、水モンなので期待しないで、待っていようと思います!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

自分で歩き出した奇跡

犬の病気 猫の病気午前9時前に届きました。ありがとうございました。首輪に付けてからしばらく寝ていましたが、起きてから今までとは違うと感じるような変化が見られます。

目の輝き、おしっこの色、体の動き一つ一つがイフを付ける前と違います。辛そうに寝ていたのが嘘のように自分で歩き出したことが奇跡のようです。

本当にありがとうございました。また、経過を報告させていただきます。

ピース"ピースより

連休中、ど真んなか中にいただきましたご報告です。いつも連休中はお休みをいただいているのですが、このゴールデンウィークの3、4、5日は、スタッフが出勤し、緊急の場合に限り、特別出荷をさせていただいております。昨日も、たくさんのご注文をいただきましたが、その3分の1ほどが、「緊急につき、すぐに出荷してくれ!」という緊急扱いの依頼でした。

今回の飼い主さんからも、5月4日にイフのご注文をいただき、今日5日お昼にこのご報告をいただきました。連休中だからと言っても、病気は待ってくれませんので、早くお届けできてよかったですし、またこのように結果も即効的に出て、ホントよかったです。

6、7日は休日をいただきますが、多くの方々からのご要望が多くなってきている昨今、土日でも出荷できるような体制を将来的に作っていなかければ、そう感じている今日このごろです。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

信じる想い

犬の病気 猫の病気藤井さま。

大変ご無沙汰してしまい、申し訳ありませんでした。昨年の9月末に愛猫のムーニーが糖尿病による急性腎不全の為、緊急入院いたしまして早速イフを購入しました◯◯です。先生からも「腎臓がかなり悪いので、万が一という場合もあります」と言われ、大変ショックでした。

しかし、皆さんの体験談を読み絶対にイフが守ってくれると信じ、入院中はずっとケージに付けさせて頂きました。毎日、お見舞いに行きました所、日に日に表情が良くなっていくのが分かりました。一週間後、先生も「もう大丈夫でしょう」と。退院。その時のクレアチニンは2.8ほどでした。

退院後は、自宅でのインシュリンと2週間に一度の血液検査。糖尿病とまた腎臓も悪くなってしまった為オシッコの量も多く、すぐに脱水を繰り返し・・最初はインシュリンが上手くコントロールできずに苦労しました。

約一ヶ月後の検査時に奇跡が起きました。腎臓が健康時よりも良くなっていたのです!以前、先生が「腎臓は一度悪くすると元に戻らない」とおっしゃっていましたので、半ば諦めていました。なので、先生は首をかしげておられました。

それからです!検査の度にクレアチニンの数値が下がっていくのです。入院時3.0だったのが、なんと今は1.5です。(ちなみに健康時は2.6です。)インシュリン治療を始めて早半年、現在は同量のインシュリンでコントロールされ、痩せて細っていた体もふっくらとしてきました。

先生には「これ以上太らせないで」と言われる程、食欲も旺盛なのです。オシッコの回数も減り、(以前は足が濡れる程してました)脱水もあまり起こさなくなりました。

ムー二ー、今年の3月で15歳になりました。これかもイフを付けて、いつまでも元気で長生きしてくれる事を願うばかりです。また、不思議な事にもう一匹のマミーの両足の内側がはげていて、長年の悩みでしたが、ムーニーといつも一緒に居るせいか、今ではふさふさです。

本当に驚く事ばかりで書ききれない程です。本当にイフを信じ、出会えた事に感謝感激です。有難うございました。

藤井より

ムーニーちゃんのご報告、ありがとうございます!感動しながら、読ませていただきましたよ!糖尿病、腎臓の不調など泌尿器系の病気は、本当に多いですね。そして、お決まりの限界の言葉。本当に辛かったと思います。

といいましても、だからイフで助かるなんて申しあげません。いくら自然治癒力を促すといいましても、潜在的に持っている生命力との兼ね合いもあります。宿命、運命もあると思います。ただ、言えることは、どんな結果であれ、信じることは、とっても大切なのではと感じます。

その信じる力は、生命力の限界を引き上げることにつながると感じるからです。極端な話ですが、信じるからこそ、何でもしてあげようという行動につながるわけですし、イフに出会われたのも、例外ではないと思います。

ですから、今回の結果は、ムーニーちゃんだけの頑張りだけではありません。結果を信じた飼い主さんの力も大きいのですよね。みんな偉いです!これからも、どんどん良くなりますよ!そう私も信じてます!ムーニーちゃん、◯◯さんご家族のますますの健康、心より祈っております。また、分からない点などございましたら、ご遠慮なく連絡ください。よろしく、お願いいたします。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

糖尿病の猫ちゃんの戦い

犬の病気 猫の病気1月の終わりにイフを購入させていただいた◯◯です。2年前から糖尿病にかかってしまった12歳の猫みーこを飼っています。家を引っ越した事と他に猫が増えた事からのストレスから、糖尿病という病気にさせてしまい毎日辛い日々をおくっておりました。

どんどんやせて行き、1年半前には、夜中に痙攣をおこしもう駄目かと思うほどの症状をおこしました。1時間以上もかかる夜間病院に連れて行き、先生方の懸命の治療で一命を取り留める事ができました。

長時間の移動の間中、痙攣と戦った強い生命力のある子ですから、これからも糖尿病と仲良く付き合っていこうと家族全員で看病しておりましたが、今年の1月の終わりから毛つやも悪くなり、体重も減り、食欲も少なくなり、お腹も張って毎日点滴と注射を繰り返す日々が続いておりました。

そんな時偶然にイフの存在をPCで知り、皆さんの体験談を拝見し、藁をもすがる心境で購入を決意しました。高価なものでありましたが、大切な家族はお金に代えられるものではなく、すぐに購入をきめました。

商品が届いた時の感想は、こんな小さな物で本当に効くの???という気持ちでした。家族も「こんなので効くの?」と私と同様の意見でしたが、祈る気持ちで愛猫のみーこに付けました。すると、2週間くらいで点滴にも行かなくていいくらいに回復し、体重も徐々に増えてきました。食欲ももどり、家族で「イフが効いたんだね!」と喜んでいました。

しかし、イフの効果はこれだけでは、ありませんでした。糖尿病になってからは、1日を寝て過ごす事の多かったみーこが、3月頃から部屋の中を歩き回る事が多くなり、4月からは以前好きだった高い場所にも、自分で上がれるようになったのです。

そして、何より驚いたのはずっと毛つやが悪くパサパサだったのに、以前のようなふわふわした毛に変わってきたのです。病気になる前は、綺麗な毛つやの三毛猫で近所でも有名だったのですが、最近は本当にかわいそうな位の様子になってしました。それが、以前にだいぶん近づいてきたのです。

本当に驚きの連続です。糖尿病ですので、血糖値の増減はありますが、みーこが辛く生きるのではなく、楽に生きれるようになった事に本当に感謝いたします。本当にイフのおかげです。ありがとうございました。

ピース"ピースより

ほんとうに、おどろきの連続ですね!文頭の『痙攣(けいれん)、毛ツヤが悪く、体重減り、食欲なく、毎日点滴と注射』と読んだときには、このあと、どうなったのだろう?と少し不安な気持になりましたが、その後の回復ぶりに、うれしさもひとしおでした!行動範囲、毛ツヤの回復、本当に自然治癒力が回復してきたことの証明です(^o^)。

それにしましても、最近、猫も犬も糖尿病で悩んでいる子をよく聞きます。なんとか、イフがそのお助けマンになれたらうれしいですね!もちろん、これからも応援してますよ!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

人間様だって、すごいよ!

あこお久しぶりです。スタッフのAKOです!今日もまたお客様からの嬉しいお電話がありましたので、ご報告させていただきます♪

この飼い主さんは、愛猫ちゃんの調子が悪く、色々なものを試されたようですが、効果が感じられなく、インターネットでイフを見つけてお問い合わせ頂きました。

お話を伺うと、猫ちゃんの食欲もなく、健康食品などを試してみたけれど、あまり改善しなかったとのこと。また、ご自身も、長い間膝の痛みがとれず、病院へ通われているようでした。

「半信半疑でとても信じられないけれど、これで良くなる可能性があるのなら・・・」と愛猫ちゃんとご自身の分お二つの注文を頂きました。そして、お送りした翌日の今日、

「今日午前中に届いたんだけどびっくりしました!で、たった今、膝の痛みがほとんど無くなっているんです!!スゴイです!!まだ3時間位ですよ!!猫も気持ちよさそうに寝てるんですよ!!ホントにすごいです。せっかくこんなに素晴らしいのだから、もっと人間にも効果があるって出したらいいのに・・・」

と、嬉しいお電話が入りました!これには私たちスタッフも思わずにっこり☆です。つけて数時間で、これほど顕著に効果を発揮したという、ご報告を直接受けさせて頂き本当に嬉しかったです☆私もまた沢山の人からのお喜びの声が聞けるように、頑張っていきます♪

犬の病気 猫の病気15歳になる雑種犬で、食べては吐くの繰り返しが続き、遂には全く固形物を口にしなくなりました。それでも、アクエリアスなどの水気のものは飲んでくれていたのですが、その後、水以外のものを受け付けなくなってしまいました。

病院が全くだめな子で、連れて行くとチアノーゼが出るぐらいの臆病ものなので、連れて行っても、いつも診察出来ず、飼い主にも先生にも噛み付くしまつ・・・。そこで何かいい方法はないかと祈るような気持ちで、インターネットで検索しました。

そしてイフを見つけ主人に相談したところ『やってみよう』と即答でした。半信半疑での注文でしたがなんとかいい反応が出て欲しい!今より少しでもよくなれば、という気持ちで犬の首に付けてあげました。すると1日目、2日目はやはりご飯も食べず、ぐったりとして寝ていたのですが、5日目頃から変化が現れました。

具合が悪くなってから、2週間ほとんど水気以外を口にしなかった子が、子犬の離乳食用のご飯をあげると、ものすごい勢いで食べたんです。その次の日、やはり少し吐いてしまっていましたが、今までのように食べてすぐ全量が出てしまうのではなく、半分ぐらいの量が1日経ってから出る程度のものでした。便の方も食べなくなってから1度も出ていなかったのですが、2週間ぶりぐらいにゆるい便が出ました。

次の日は、スプーン1さじぐらいしか食べませんでしたが、そのまた次の日は、お粥を朝、夕お茶碗に1杯づつきれいに食べてくれました。まだまだ、元気とはとても言えない状態で、食欲にも波があるようですが、少しずつ症状が改善されているように思います。イフを付け始めてから、初めて良い反応が出たと実感できましたので報告させていただきます。

ピース"ピースより

ご報告、ありがとうございました!少しずつの変化のようですが、でも、地道で、確実に良くなっている、そんな印象を受けますね!!食欲がないのは、余分な力を使わないようにしているだけ、余力がついてきたら、食欲が自然と出てくると考えることもできます。

そして、すべて良い方向に向かっている!そう信じることというのも、必要ですよね!飼い主さんもよく辛抱したことと思います。そして、なにより、ワンちゃん自身が、体の内部で、ゆっくりと病原菌と戦って勝ったのだと思います。

本当によくがんばりましたね(^◇^)〜♪

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

奇跡を信じて!

犬の病気 猫の病気ザ・ピースカンパニー御中

昨年、11月26日にイフを送っていただいた福岡の◯◯です。その後、お礼のご連絡もせずに大変失礼いたしました。商品到着後、すぐに我が家の愛犬、マルチーズのラッキーの首輪につけさせていただきました。

もともと、数ヶ月前に腎臓の機能が低下していると診断されていたものの、寝込むわけでもなく、食欲もあったので、イフの効果が出てるのかな〜と、よくわからないまま、月日が過ぎていきました。よくわからなくても元気な状態なら、きっと効果が出ているんだと思っていました。

ところが、12月29日から急に体調が悪くなり、食欲はない、嘔吐を繰り返す元気がなく、動きもほとんどない・・・という「もう危ないか?」と思えるような状態になりました。半ば諦めつつ、病院でお正月前後に静脈点滴を打ってもらったところ、なんとか元気を取り戻し、現在に至っております。

当初は2、3日に1回、現在は5日に1回程度、皮下点滴に通ってます。血液検査の状況では、数値的にはさほど改善されてはいないようですが、何故か元気もあり、食欲も旺盛で飼い主としてはうれしい限りです。先生は「この子には、点滴の効果が大きく出てるんでしょうね」と。もちろん、点滴の効果もあるのでしょうが、この状況はきっと「イフ」の効果なんだろうな・・・と感じています。

余命はもう長くない・・・と言われていたし、血液検査の結果も、改善しているわけではないので、家族全員覚悟はしています。でも、今は元気な子と殆ど変わらない生活を送れています。この状況が少しでも長く続けばいいなと思います。お礼が遅くなりまして本当に申し訳ありませんでした。

ピース"ピースより

とても、厳しい状況の中で、一筋の光りを感じていただいているようなご報告です。家族同然の子に死の宣告をされつつ覚悟されながらも、元気な姿で一緒に過ごすことが出来ている幸せを、しっかり噛み締めながら、日々を送られているようです。でも、でも、奇跡が起きることを信じたいです!頑張って!!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

スタッフも驚く体験報告

キヨピーススタッフのKです! 最近登場していませんが、社内では、みなさんの喜びの声をいつも頂いています!!今回は、どうしてもこのブログで紹介したい出来事があったので、お話したいと思います。先日、愛猫用にイフをお買い上げいただきました、愛知県の○○さんからのお電話の話しです。

普段でもイフを身に付けられて回復したといった報告は、数多く頂いておりますが、今回の場合は、かなり衝撃的な内容でした。獣医の先生にも見放され最悪の状態の中、家での看病をしていたらしいのです。

その状態とは「目は瞳孔が開き、口は半開きになりヨダレが出ている」そんな状態で、飼い主の○○さんご自身も半ば諦めていて、せめて苦しまないように逝ってくれればと思っていたらしいのです。が、なんとそのような状態から、みごと復活を遂げられたと言うのです。

いつも体験談を聞き慣れている私自身は、そうそう驚くことはないのですが、今回は本当に信じられない出来事が起きたのだと、ひしひし伝わってきました。

私は飼い主さんに「予断はゆるさないかも知れませんが、これからももっと回復されるといいですね!」と返事をしたところ、「予断もなにも、全く以前のような状態に戻っているので、完全復活したようです!」と逆にもう全くといっていいほど、心配しなくても大丈夫なくらい、いつもと変わらない猫ちゃんになってしまったようです!!

飼い主さんご自身、これほどまでにイフが効いてくれるとは夢にも思わなかった。本当に感謝しています。と大喜びしていました。私たちスタッフでさえ、イフには驚かされることが多いのですが、今回のご報告には飼い主さんと一緒に思わず喜びを爆発させてしまい、その驚きぶりで、周りのスタッフをビックリさせてしまう程でした!あ〜、ホントよかったです!!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

慢性腎不全の猫

犬の病気 猫の病気こんにちは。3月28日にイフを届けていただきました◯◯と申します。

ヒマラヤンで名前は豆奴、年齢は18歳、これまでにも慢性腎不全で意識がなくなり、生死をさまよったことがありました。3月23日に歯の根本が腐っていたために全身麻酔をかけて抜き、毛玉がひどかったので刈っていただきました。

以前、麻酔をかけたときにさめ方が遅かったこともあり、大事をとって1日入院することにしました。先生も慎重に様子をみながら負担が軽い方法をとってくださったと思います。直後は麻酔のさめもよく、元気だったのですが、翌日から低体温が続き、食欲もありません。

点滴をしたり温めたりしても回復しません。体温を調節する神経機能がおかしくなってしまったのかもしれないとのことでした。低体温が続くと死に陥る可能性もあり、覚悟することも言われました。

藁をもつかむ思いでHPを探し、イフのことを知りすぐに注文させていただきました。28日に届き、午後とりあえず一時退院してすぐにイフを首につけ、暖かくして静かに見守ることにしました。1、2日は元気も食欲もなかったのですが、2日目の夜中にニャーと声を出して私を呼んでくれました。そして少しずつ食欲もでてきたので、多分体温も上がってきたのではないかと思います。


動物病院の先生も気にしておられ、イフのことは話していませんが、とても喜んで下さいました。今日は4月6日ですが、以前よりも沢山食べてくれるようになりました。おしっこも便も快調です。高齢なのでほとんど寝ていることが多いのですが、夜は私と一緒に寝ています。

イフのことは半信半疑だったのですが、おかげさまで元気になってくれ、とても嬉しく思っております。ペットロスになるところでした。(毎日泣いていました)本当に本当に有難うございました。

現在、入院中の猫にもイフをつけています。ただ、酸素室で昏睡状態になっているので、どうなるかはわかりませんが、苦しまないように逝かせてあげたいという思いでいっぱいです。でも出来ることなら元気になって帰ってきて欲しい・・・・

ピース"ピースより

これまでにも慢性腎不全で意識がなくなり、生死をさまよったことがありました。」

...本当に大変な思いをさらたのですね。腎臓機能は、最近とても多くの動物たちに見られます。うちにも、よく相談される病気です。

確かに、低体温が続くと危ないのですが、体温調整神経を司っているのは、「脳」ですから、すぐに回復の兆しを見ることができたのは、その脳が元気になったということかもしれませんね。

ご報告を読んでおりますと、締め付けられる思いが伝わってきますが、なんとか、頑張ってほしいです。こちらからも、「ねこちゃん、元気になりますように!!」の念をより送らせていただいますね!!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

腫瘍(癌)を克服した猫

犬の病気 猫の病気ザ・ピースカンパニーのスタッフの皆様へ

先日、「イフ」を送っていただいた◯◯です。先月の29日に二回目の抗癌剤を投与しました。私たちも信じられなかったのですが、医者に「腫瘍が小さくなってきた!!これはいけるぞ」と言われたのです。薬の効果はもちろんですが、こんなに奇跡的なことは信じられません。

私たちは、「イフ」の力だと思っています。しかし、このとき打った抗癌剤は、医者のほうにも少し強めなので、副作用が強く出るかもしれないといわれました。家族みんなで、りくから目を離さないようにしていました。(いつ吐くかわからないので...)

しかし、りくには、吐いたり、だるそうにする副作用は表れなかったのです。その上、食欲も旺盛で、家中を走り回っています。病気の猫とは思えない元気ぶりです。本当に「イフ」の力には驚きます。ありがとうございました。

ピース"ピースより

いや〜。りくちゃん、本当によかったです!抗癌剤で体力を消耗する動物たちが多い中、いかにりくちゃんに強い生命力があったかを物語っていますね!これからも、イフの力を信じて、癌を倒していってくださいね!りくちゃんであれば、不可能ではない、そう感じます。どうか、お大事にね!

国際グラフ国際グラフ取材

先日、清水さんから取材された弊社の記事が掲載された、国際グラフが発行されました(パチパチ)。とっても気さくな清水さんの取材で、藤井のテンションは、ハイ!にならざるを得ませんでした!(笑)きっと、イフが動物たちに広まっていく絶好のチャンスになってくれるでしょう!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

家族みんなで作る「健康の輪」

犬の病気 猫の病気(3/9ご報告)

今、イフの代金を振り込んできました。ご確認ください。 夫も早速着けた所、腰が軽くなって要るそうです。効果の早さに、驚いていました。愛犬のエルマは13日に蓄大に連れてゆきますが、今面会に行ってきましたが、診察室を小走りしていました。 先生の話では、13日は間違いなく、ピンは取っても大丈夫と云う事でし た。家にはもう1頭、イングリッシュコッカーのめるも(8歳)がいるのですが、(中略)健康家族になれた、どんなに嬉しい事でしょう。 イフに出会えた事に感謝してい ます。 有難うございました。

(3/29ご報告)

ご無沙汰しています。 イフを送って頂いたその後のご報告をします。 ゴールデンのあとむ、は日毎に力強く、多少の長い散歩も出来る様になりました。近所の方たちからも見違える様になったね。と云われる程です。シエパードのエルマは、ピンを取る手術の前日より、発情が始まり、4月3日まで延びましたが、現在退院して我が家にいます。2ヶ月以上の入院生活に耐えて新しい犬舎にも慣れ軽い散歩が出来る程です。

娘も、足の痺れが無くなり楽になったそうです。 藤井様のネットに出会わなければ、あとむはサプリメントと薬、家族の介護が離れなかったでしょう。今はサプリメントは辞めました。信じて、本当に嬉しく思います。30日は私の検査結果を通知されますが、多分大丈夫と、安心しています。これからは困っている方がいたら、ぜひイフをお知らせしたいと思っています。今後もザ・ピースカンパニー様の御発展を、お祈りしています。

有難う御座いました。

ピース"ピースより

ご家族ともにごひいきしてくださっている!?飼い主さんからのご報告です。「近所の方々からも見違えるほどと言われるほど元気になった」そんな幸せの感情をみんなで共有できるって、すばらしいですし、月並みですが、ホントうれしいことですよね!ご家族の方も、自然派思考になられたようでして、本当の体質改善はこれからですね!!これからも、陰ながら応援してます!

犬の病気 猫の病気ザ・ピースカンパニーのみなさま

2月10日にイフを注文しました福島市在住の◯◯と申します。11日には無事に到着しました。ありがとうございました。現在我家には、犬が6頭、猫が28頭おります。新年早々子猫2頭が元気、食欲が全くなくなり入院しました。原因不明との事だったので、ネットで猫の病気について調べ、イフにたどり着きました。

少し疑問があったので、メールで質問しましたところ、すぐに藤井さんより返事をいただきました。でもその時は、亢生剤の点滴を何日続けても状態もあまり改善されなかったので、無理に退院させたとたんに元気、食欲が戻り、イフを注文するには至りませんでした。

ところが、2月の初めより我家に4頭いる一番年上の猫、8才の中の1頭が体調を崩し、毎日病院に通っていましたが、一向に快方には向かわず困り果てていました。そこでイフを思い出し、注文させていただきました。

どんな方法であっても元気になってほしかったので、到着後すぐに具合の悪い猫に付けてみました。しかし、特に変化も見られずに、2月14日には入院する程弱ってしまいました。血液検査の結果、急性腎不全、白血病、巨大結腸症の疑いがあるという事でした。その時は、やっぱり奇跡は起きないのだなと絶望の淵に立たされた思いでした。

そして、獣医さんにお任せするしかないという思いを強くしました。白血球が10万近くあったので、それを下げる為に1週間点滴を続け、強い亢生剤を使いました。その結果白血球は下がり、食欲も戻りました。巨大結腸症の為かウンチも手でかき出してもらうしかなかったのが、自力で出るようになりました。白血球数も落ち着いているので、薬で様子を見る事になり2月22日退院する事ができました。

薬の効果なのかイフが自然治癒力を引き出してくれたのか・・・正直わかりませんが、私の力強い味方になってくれた事は事実です。この先、ずっと服薬を続けなければならないのかと思っておりましたが、3月27日の検査の結果、一旦薬を止めてみる事になりました。

とても嬉しいです。ありがとうございました。2個購入しましたが、もう一つは免疫異常で口の中が痛くてごはんを食べられない8才の別の兄弟猫に付けています。こちらは少しごはんを食べられたり、食べられなかったりの繰り返しです。焦りは禁物なので気長に良くなってくれたらと思っています。 

ピース"ピースより

ご報告、ありがとうございました。かなり深刻な病気に、とてもご心配されたことと思います。白血球低減のために抗生材を処方して、体力の消耗もあったかと思いますが、猫ちゃんはがんばりましたね。

今回のように、お薬のおかげかイフのおかげかというのは、正直分からない部分もありますが、大切なのは、良くなったという事実です。本当によかったです(^-^*)これからも、元気で。。。

追伸 それにしましても、「犬が6頭、猫が28頭」ですか!これからも、イフがみなさんに強い味方になれますように。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

椎間板ヘルニアの犬ちゃん

犬の病気 猫の病気(3月17日のご報告) こんにちは、

わたしは去年12月7日にイフをオーダーした者です。わたしは4歳ダックスと一緒に暮らしています。実は愛犬メタルは、去年の11月の終わりに椎間板ヘルニアになってしまいました。

全く歩けないほどの重症で 私も切羽詰ってなく暇も無く、そして、検索エンジンにてHPを見つけて、去年、12月7日にオーダー、その後12月9日にイフが届き、さっそくわが娘につけてあげました。

そして、約一ヶ月半経った頃でしょうか。。ある日の夜 確か、1月中旬だったと想います。仕事を終えてうちに帰ってきたとき、メタルはご機嫌そうにお留守番していました。昨日までは ヨロヨロ歩きで おもうように歩くことができませんでした。

しかし、その夜、お留守番していたメタルをゲージからそっと出してあげると、とんでもないことに。。自分から歩き出したんです!!!

本当に信じられない・・

なぜ。なぜメタルは歩いているんだろう・・・

ほんとに頭が真っ白になりました。奇跡的なことが本当に起こったのです。去年の11月の終わり頃、メタルは100%歩けませんでした。そして、年末、大晦日、お正月、メタルには沢山の毛布をかけてあげて、新しい年を迎えました。

わたしは、メタルにイフをつけてあげた日以来、こつこつ、こつこつ、毎日祈りました。歩けるように、歩けるように。今までのように元気に走り回れるメタルに戻りますように、そう願っていた 私の痛々しい気持ちは 本当に神様に届きました。

半信半疑でイフをオーダーしました、でも、わたしはいっぱいいっぱいの気持ちでした。本当に何でもいいから 我が家族を助けてほしい・・そう願ってイフにねがいをこめました。

しかし、イフは私の家族を助けてくれた。わたしとメタルに幸せをプレゼントしてくれた。ほんとにすごい、すごいというより。先生は私とメタルにとって神様のような存在です。

本当になんと言っていいかわからないほどに、心より 感謝しますこれからもヘルニアには気をつけて二人で楽しく過ごしていきます。病気について、何か困ったことが起こったときは、すぐに、先生に相談します。今後とも、どうぞよろしくお願いします。

犬の病気 猫の病気(3月19日のご報告)

こんばんわ

わたしは去年12月7日にイフをオーダーした福岡の◯◯◯◯です。

今日は、治療過程の写真を送ります。

去年の11月下旬、椎間板ヘルニアになってしまい、全く歩けなかった愛犬のメタルは、こんなに健康な状態に復活することが出来ました。

「上の写真が、1月下旬」の状態

「下の写真は、2月上旬」の健康状態です。

今となれば、とっても健康な状態で、小さなイスにもピョンと乗ってしまうような感じで 信じられないくらい、健康で丈夫な体になりました。以前、ヘルニアにかかる前も 確かに元気でしたが、歩けるようになってきてからは ホントによく食べる よく遊ぶ よく寝るの3点セットで 飼い主の私も本当に安心して過ごすことが出来ています。こうやって、健康かつ、幸せでいられるのも、本当にイフのおかげです。本当にありがとうとつたえたい気持ちでいっぱいです。

今日は、元気になった写真を見ていただきたく、メールしました。今後ともどうぞよろしくおねがいします。

メタル1メタル2
ピース"ピースより

メタルちゃんのご回復、おめでとうございます。文面から、回復のご様子が、よく伝わってきますね!椎間板ヘルニアから歩くようになって、そして「ホントによく食べる よく遊ぶ よく寝るの3点セット」ですね!!ホントいい響きですよね。こんなかわいいワンちゃんが、少しでも長生きしますように、祈っています。

犬の病気 猫の病気飼い主 ◯◯◯◯◯
シェルティー 13歳

症例 セルトリー細胞腫

残念ながら日曜日に容態が急変し、安楽死の選択をしました。詳しいことはHPのBLOGに記載しております。院長の予想に反して、すごく長く生きしたと思っています。お別れは十分できたと思っています。

残念な結果となりましたが、イフの効果は夫婦で認めております。イフをつけてからラッキーは本当に元気になりました。院長もびっくりするぐらいの回復ぶりでした。吐血を繰り返しました。何度も血を吐いたのにあまり苦しそうに見えなかったし、立ち上がることもできました。イフの効果だと思っています。それが私たちには救いでした。

ただ歯茎が真っ白になるほど貧血も進んでいましたし、これ以上苦しむことは私は望みませんでしたので安楽死の選択をしました。イフに感謝いたしております。ラッキーのイフは形見としてMダックスのハーブにつけました。

すべてのワンコが辛い癌から救われますように!イフの力を私は信じております。これからも、ワンコのために研究を進めてくださいますよう、心から応援しております。本当にありがとうございました。

ピース"ピースより

逝ってしまったラッキー。ブログには、ご家族の深い深い愛情が、どこまでも伝わってくる内容でした。直接リンクはかけておりませんが、このような飼い主さんに見守られたら、さぞかし幸せだったろうな〜、という想いが芯まで伝わる愛ある家族からのご報告でした。このブログの中で、とってもすてきな詞が紹介されていました。紹介させていただきます。ラッキー、やすらかに。。。。

〜千の風になって〜


私のお墓の前で どうかを流さないで下さい

そこに私はいません 死んでなんかいません

私はそこには いないのです

あの大きな空を 千の風となって空を渡っています


春は花吹雪舞う さわやかな風となって寄り添います

夏はサンサンと照る 麦畑の光となって駆けおります

秋はシトシト降る 静かな雨となって語りかけます

冬はダイヤのようにきらめく雪になって訪れます

朝は鳥になって あなたを目覚めさせます

夜は星になって あなたを見守ります

千の風になって あの大きな大きな空を吹き渡っています


どうか私のために 泣かないで下さい

私はいつも あなたのそばにいるのですから...


作詞者不詳

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

何も食べなくなって10日

犬の病気 猫の病気3月3日(金)14時〜16時着で脂肪肝の13歳の愛猫の為に注文致しました◯◯です。ヤマトさんの手違いにより、時間指定になっておらず相当焦りましたが、無事に17時過ぎに受け取りました。それなのに母が付けたまま、実家に帰ってしまい、あんなに、急がしたヤマトさんには申し訳なかったです。

4日(土)は仕事の都合で獣医に連れて行けず、前日に多めに点滴をして帰り、すごく疲れていた様子でぐったりしていた

みぃに夕方からイフを付けてやりました。皆さんの体験談にも多く書いてある様に、私も半信半疑・・・でも祈りながら、就寝しました。

5日(日)朝そんなに欲しがりはしませんでしたが、皆さんの体験談に翌日から、変化がでたとの話が多かったので、試しに缶詰を少し与えてみたら、うちの子も食べたんです!全く食べる事を忘れてしまったの?思う位だった子が・・・、食欲がおちだして2週間以上、全く何も食べなくなって10日・・・(もちろんその間に毎日点滴に通い、水は少し飲むようになっていましたが)、久しぶりに猫らしく前肢を伸ばして伸びをし、爪とぎまでしたんですよ。

結局、昨日は缶詰(80g)を半分ほど食べてくれました。(嘔吐も無し)、でもずーっと寝てます。ただ寝ている姿も元気な時の様に横になり、寝返りもしながら、手足を思い切り伸ばして爆睡しています。イフを付けるまでは、何て言うんですか?猫座り?四つんばいのまま座った姿勢でじっと耐えてる感じでした。

悲しい思いをしている全国の皆さんに少しでも信じて頂ける力になれ、家族の一員である子たちと、少しでも長く同じ時間を過ごせるといいなと言う思いを込めて、お礼のメールを致しました。本当にありがとうございました。

ピース"ピースより

ご報告、ありがとうございました!普段食欲があることが、当然のように思いがちですので、「食欲がおちだして2週間以上、全く何も食べなくなって10日・・・」状態から、食べ出したことは、本当にうれしかったことかと思います!ほんとよかったです。また、最後に励ましのお言葉、こちらも本当に力になります。こんなささやかなお言葉の中に、感動を覚える私たちです(笑)

猫ちゃん、これからも、ますます元気になりますように!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

血液検査で肝臓異常

犬の病気 猫の病気2月21日にイフを送って頂いたです。私たちの大事な家族のココ(M・ダックス 雌)が、おかげさまで、以前のようにとっても元気になりました。2月18日の夕方に血尿を出して、すぐに病院に行きましたが、日に日に弱っていって、血液検査では、肝臓が異常な数字の判定で、他にも測定できない程に悪い状態でした。原因は分からず、何か毒物でも食べたような異常さだと言われました。いつ死んでもおかしくない状態だったそうです。

まだ、2歳でこれから春のいい季節なのに・・・悲しくて悲しくて・・・と、そんな時、このHPを見て、これしかないと思いました。とりあえず、なんでもいいから、してあげたいとの思いだけでした。20日の午前中に注文して21日のAM10:00に届いたのには、感動しました。早く届いてと、ずっと願っていたのでありがたかったです。

他の方のように、すぐにとはいきませんが、PM3:00頃から徐々に良くなってきたと実感しました。いつも顔を舐めてくれていたのですが、弱ってからは出来なかったのに、ペロっと舐めてくれて、もう少したったら、ワンと鳴いたのです。久しぶりに聞いたココの鳴き声に、感激し、これは治ると思いました。

毎日、病院で点滴と注射をしていましたがイフが来て一週間後、先生がもう来なくていいと言ってくれました。ごはんも食べるようになったし、硬いジャーキーも食べれるようになったのです。そこからは、もう、いつも以上のやんちゃで甘えん坊のココに戻ってきました。ココのお母さんのルルと喧嘩もしています。

思っていたより、早く元気になって、本当にイフのおかげです。ココにあやかって、私たち家族全員もイフをつけています。旦那様には、お酒が苦手になるかもしれないとの情報は入れないで・・・笑


健康こそが一番、今は、イフに感謝、感謝!!本当にありがとうございました。

ピース"ピースより

ココちゃん、やりましたね!いつ死んでも...というのは、本当に辛い時を過ごされたと思いますが、それも今は昔ですね!いつまでもルルちゃんとケンカできる環境であるといいですね!

ご家族でイフを使用して頂いているので、健康環境は、バッチリですね(^◇^)〜♪ 心配なのは、ご主人さまかな?(いえ、飲めなくなるのは、心配でなく、安心ですね) これからも応援しております。ありがとうございました。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

猫の結石

犬の病気 猫の病気ザ ピースカンパニーの皆様こんにちは。

昨年12月のはじめに愛しい家族の一員である猫の為にイフを購入したものです。今回メールしましたのは心配していた猫の病状がすっかり回復したことの報告とみなさまのご丁寧な配慮へのお礼を申し上げたかった為です。

私は現在アメリカに滞在しております(理由はアメリカ人の夫をもったため)。現在二匹の猫を飼っているのですが、昨年そのうちの一匹に結石が見つかりました。当初は大変動揺し、どのような治療が最善なのか、素人ながらインターネットで色々と調べたどり着いたところがイフでした。もちろん半信半疑でしたしまして、うちは夫がまだ大学院生で貧乏学生の身、二万円近い支払いをすることには大きなためらいもありました。が皆様の良心的な対応に心をゆるし購入することにいたしました。

イフが届いたときに一緒に同封されていたものも、大変興味深い資料として保管しております、現在は"黒米"の購入を密かに?検討中!デス。 また、インネイトインテリジェンスについて、書かれた本も読ませて頂きましたがもともと密教、インド哲学、ヨガ等興味がある私にとって納得のいく本でもありました。

前置きが非常に長くなってしまいましたが、本題である猫の回復までの経過をお話させてください。昨年12月のあたまの段階では、病院ではっきりと結石が確認できたと言われ、メス猫なので慌てるほど急ぐ必要はないが、段階を踏んで行こうとのことで、まず結石を溶かすための薬をもらいました。夫と二人で協力して、一日たしか2回猫に飲ませていたと思います。

しかしこれも猫にとっては、大きなストレスで、だんだん飼い主の私達に対してまで、猫が恐怖心まではいかずも、不信感を抱くようになっているのが目にみえてわかり、これ以上愛する猫に精神的ストレスは与えられない、と夫と二人薬を与え始めてから4日か5日目ぐらいに断念しようと決めました。

ご存知のように猫に、薬を与えるときにはある種の格闘をくりひろげなければなりません。その後、お医者さんと相談して、ダイエット治療に挑戦しようかということにしました。手術は最終手段として考えていましたから。でも薬を断念した時点で、私自身はあとはイフへの期待をかけるだけかもしれないと考えはじめていました。

病院から推薦されたダイエットフード、ヒルズのFeline s/d のドライフードを少しずつ与えはじめやっと食べるようになってくれたのはよかったのですが、缶フードはどうしてもFancy

Feast(Purinaというカンパニーから出ているもので、アメリカのスーパーでは一缶約50円ほどで購入でき人気がある商品)しか食べてくれず、しかもそれが大の大好きなのです。

そうならば、これは仕方ない猫の楽しみは奪いたくないと考えと妥協で、一日にドライフードと一緒に一匹につき一缶Fancy

Feastをあげていました。これはとりあえず、今も続けています。もともと結石が発見されたとはいえ、そんなに体調が悪そうだったり、元気がなかったりということはありませんでいた。

ただ外に遊びに行くときに、彼女は時々マーキングをします、そのときおしっこに血が混じっていたりすることがあり、一番おかしな行動をしたのは、私達の目の前でしかも家の中で冷蔵庫の扉にマーキングをしたことでした。またその当時はトイレのおしっこ臭いが強かったりしたこともありました。

それが数日間のお薬の投与とイフの着用、ダイエットフードの使用(完璧ではない)、結石発覚から約4ヶ月後の今日、病院で検査したところ結石が無くなっていたんです!いつ結石が無くなったのかは定かではありません。。。実は最近はずっとおしっこがキレイなだけでなく、猫の行動等注意して観察いるなかで元気そうでしたし、異常なところがなかったので、私達人間は勝手に安心していたのです。

それでやっと、夫の学校春休みになったのを機に、今日再検査に行ったわけです。大丈夫だろうという気持ちで、病院には行ったのですが、やはりはっきりとお医者さんからどこにも結石は見当たらない、と言われた時にはヤッター!という気持ちでした。

ちなみにお医者さんにイフのお話はしていません。非常に東洋的な治療法ですし、しかもここはアメリカの田舎、様々な懸念が私の頭をよぎり、ただThank

you so much!!と言って帰ってきたわけですが、夫と二人ニヤニヤと笑みを浮かべておりました。夫いわく、ドクターはかなり驚いていた様子とのことデス!(中略)

大変長いメールで申し訳ございません。。。今後も猫だけでなく、人間の健康に関しても更に関心を深め、精神面と身体面においてバランスのよい学習をしていきたいと考えております。またピースカンパニーの皆様の心温かい対応と働きに、もう一度ここにお礼申しあげます。

ピース"ピースより

アメリカ在中の飼い主さんからです!猫ちゃんの結石がなくなったとのこと、やりましたね!アメリカではどうしても、東洋的発想がないので、ご家族はじめ、お医者さんに納得していただくのは、大変かもしれません。が、とにかく、結果がでれば満足なのですよね(^◇^)〜♪獣医さんの「かなり驚いていた姿」、私も見てみたかったです(笑)。。。これからも、どうか、元気でね。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

半信半疑からの大復活!

犬の病気 猫の病気大変遅くなりましたが、本日郵便振込みにてイフの代金を入金させていただきました。(中略)

手元にイフが届いた時、正直、効果をあまり期待する気にはなれませんでした。それほど、このような物で良くなるのかしら、、、?という印象が強かったのです。まずは、1ヶ月つけてみて効果をみてみましょう、、、と思い、こころ(18歳老猫)につけてみました、、、。

つけて2週間ほど経過したころより、つける前から少しづつ回復傾向にあった食欲の回復が、急に加速している事や部屋をよく動きまわるようになっている事に気づきまじめました。相変わらず、点滴治療に獣医さんに通っていたのですが、通う頻度も毎日から一日おき、三日おきとなってきて、5日おきに3週間経過したころにはなっていました。

この時に血液検査をしたところ、腎臓の数値は正常範囲内になり、肝臓の値はまだ正常値より高かったのですが、尿毒症にかかる前の値よりも低い状態にまでなっていました。もちろん点滴治療による回復とも考えられますが、回復を早めさせているのはイフであるように感じております。現在、食事の内容が腎臓・肝臓の事を考慮にして、蛋白質と脂肪を制限したものになっているので、なかなか太れなく体重を維持させる事が課題となっています。

そのような中、この子が私達の目を盗んで、仏壇にあがっていたバタータップリの焼き菓子をつまみ食いしてしまったのです。食べたばかりの時は満足気だったのですが、その日の夕方に体調不良を訴えて嘔吐と下痢をしてグッタリとなってしまったのです。あきらかに焼き菓子のバターによる脂肪によって肝臓に負担がかかったものと見てとてました。

すぐにに獣医に行き、ふただび点滴治療をまた毎日通ったのですが、今回はイフをつけていた事もあり、回復が早く3日間連続点滴に通ったあとは、すぐに3日おきの治療に切り替えられました。嘔吐と下痢症状を示した日の夜は全く食欲がなかったのですが、点滴をしたその日よりすぐに食欲が回復してきたのですが、食欲の回復力の速さには驚かされております。

おかげ様で、現在、順調に回復してきております。本当にありがとうございました。このまま順調に回復していってくれる事を願っております。

ピース"ピースより

2週間目の結果、本当によかったです!
期待できない→2週間後、食欲の回復と動きが良くなってきた。血液検査ほぼ正常→お菓子のつまみ食いで点滴→即日の回復。
途中のつまみ食いは、予想外ですが、でもすぐに復活できるというのは、生命力が高まっている何よりの証拠。これからも、ますます元気になると思います(^◇^)〜♪

これからも、がんばってくださいね。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

フィラリアと肺水腫

犬の病気 猫の病気昨日無事に"イフ"が届きました。迅速な対応にとても感謝いたしております。ありがとうございました。暖かい励ましのお言葉、本当にありがとうございます。

うちの"ウラン"は昨年6月にフィラリアからの肺水腫を発病しました。一応難は脱しその後は元気に暮らしておりましたが、先週2月23日(木曜)頃から元気がなくなり、24日(金曜)には以前と同じような息遣いになりました。

25日(土曜)に病院に連れて行き利尿のための注射をしてもらいましたが、オシッコは出たものの、何度も嘔吐をくりかえし、食べ物は一切口にせず衰弱してゆくのが目に見えてわかりました。

27日(月曜)に病院で血液検査をしましたが、GTPの数値が1000以上まで上がっていると知らされました。「心臓に負担が掛からないようにゆっくりと点滴で治療したいので今夜は入院です」と「朝から夕方までゆっくり点滴をしたいので毎朝連れてきてください」「飼い主さんがどこまでやってあげるかですね・・・」とのこと。

飼い主の責任で"ウラン"をこんな苦しい目にあわせてしまったのですから、私のできる限りのことをするのが当然だ・・・そんな気持ちでいっぱいで先生に"ウラン"を託し帰路につきました。家に戻ったら空っぽになった"ウラン"のケージ・・・・

血液検査の結果をネットで検索しようと思い"イフ"の存在を知り、経験者の方々のお話を時間を忘れて読み続けてしまいました。


【藁にも縋る思い】

まさにそのとおりの気持ちで、注文を迷うことはありませんでした。

3月1日(火曜)朝から病院に治療のため"ウラン"を連れて行ったのですが、通勤ラッシュのため通常30分ほどで着くのに1時間もかかってしまいます。毎朝1時間もかけて苦しいのにひどくはならないだろうか・・・余命いくばくもないのであれば病院ではなく自宅で・・・そんなことばかり考えていました。

夜にお迎えに行ったとき、「肺水腫と腹水、お腹を触ると痛がるのでエコーで見ると肝臓がおかしい」

「3度嘔吐しました」

家では25日に嘔吐しただけなのに・・・"ウラン"を助けるための点滴や注射・お薬が、余計に苦しませているのではないだろうかそんな気がしました。ここまで悪くなっていれば今の治療は延命措置にしかなりません。

肝臓も手術をしなければ何があるのか分かりませんがそれだけの体力もありません。嘔吐を繰り返すのならそれを注射で押さえながら行くしかないですね・・・食欲が出てご飯を食べてくれるようになればいいのですが・・・・先生の言葉で覚悟しました。"イフ"にかけてみよう!「分かりました、これからは家でゆっくり最後のときを過ごさせてやりたいと思います」そう先生に答えて家に帰ってきました。

帰り道、私の足元で伏せている"ウラン"のそばに"イフ"を置いてみました。家に着いてからは首にかけてみましたが嫌がることもなく、心なしか安心した様子で気持ちよさそうに寝息を立てていました。いつ容態が変るか心配でゆっくり眠れなかったのですが、昨晩は久しぶりにゆっくり眠れた気がします。これも暫く私が"イフ"を身につけていたからかもしれませんね。

3月2日(木曜) 朝は元気に目覚めたようで、ケージを開けると自分からすすんでトイレに行きオシッコを・・・それまではケージのなかのペットシーツでしていたのに・・・歩くのすらままならない状態だったのに・・・ドッグフードを少しずつ食べさせてみたら1口・・2口・・・結構な量を平らげました。気になっていた嘔吐もありません。私が出勤する時間になると以前のようにケージの端で座ってお見送りまでしてくれました。

お昼ごはんも晩ごはんも以前の量までは行きませんがしっかり食べてくれます。トイレもちゃんと自分でいけます。何よりリードを見せると喜んで散歩に行きたがったのです!全ては"イフ"のお陰だと感謝しております。"ウラン"が元気になるのを諦めていた私にとってこれ以上の感謝はありません。

この幸せがいつまで続くのかは分かりませんが、少しでも長くそばに居てやりたいと思います。本当にありがとうございました。"ウラン"の話に私の従兄弟が驚き、「私の分も注文して欲しい」と頼まれました。後ほど再注文させていただきますのでよろしくお願いいたします。

追伸

全国では、可愛い我が子と共に苦しんでおられる飼い主さんがたくさんいらっしゃると存じます。その方たちに"イフ"の力を分かっていただけるのなら、どうかこのメールをお使いくださいませ。

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

   和歌山県和歌山市

               ○○○○

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

キヨKより

○○さん貴重な体験談ありがとうございました。ウランちゃんの回復力は凄いですね!きっとフィラリアや肺水腫を患っている動物たちの励みになると思いますよ。○○さんの病院での治療に見切りをつけて安心できる環境で看病して、あげた判断力もウランちゃんには良かったんだと感じております。

いつも飼い主さまからの体験談を聞いていると家族の一員としての絆がしっかりと伝わってきます。このまま快方に向かう事をスタッフ一同願っています。ウランちゃん頑張れ!!!

犬の病気 猫の病気藤井 様

お世話になります(イフ)で・・。近況報告までに。私の愛犬(ゴンちゃん)にイフを付けさせて頂いて約2週間くらい経ちます。心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)とお医者さんに言われてから、老犬の病気だから寿命だよ。と言われて。でも、見ていると苦しそうで、止め薬をのませると2.3日はが止まり、また咳が出る・・の繰り返しでした。

が続くと舌が紫色っぽくなりチアノーゼまではいかなくても、とても息が苦しそうでした。何とか呼吸だけでも楽にならないかなーと色々インターネットで調べていたところ、イフに出会いました。皆さんの体験談を読んでこれしかない!と思いすぐに申し込みました。体験談を読んでが出できました。

現在のゴンちゃんの様子ですが、は多少出るのですが薬は飲まなくても、大丈夫な感じです。呼吸も私から見て楽そうに見えます。やはり心臓病なので少し走ったりするとハアハアしますが、呼吸もすぐに元に戻るような気がします。何しろイフを付ける前と後では違うのがわかります。

まだ身に着けて2週間程なのでもっともっと症状が良くなるかも?しれないです。ただ今の状況でもとても感謝!していますので、御礼の方が言いたくてメールしました。本当に有難うございます。やっぱり居るんですねこの世の中にはやさしい人が・・・。

またメールします。ありがとうm(_ _)mございます。

ピース"ピースより

ゴンちゃん、本当によかったですね!この短期間によくぞ、ここまで回復してくれたという感じですね(^-^*)

そして、こらからますます元気になるような予感もします!!

最上級のお言葉は、恐れ多いですが、その言葉をもっと受けるにふさわしい活動をますます強めていきたい!そう藤井も申しておりました!でも、やっぱり、うれしいですね。動物たちが元気になって、飼い主さんが喜んでくれて、そして、私たちスタッフもその喜びに共感できるなんて!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

突然の不調と火事場の馬鹿力

犬の病気 猫の病気お世話になっております。本日再注文したイフの代金を送金しましたので、ご確認をよろしくお願いします。

イフ購入のきっかけは猫のたまの病気からでした。嘔吐が止まらなかったのがイフをつけてから治まりました。しかし、経験談のようにすごくビックリすることでもなく、ただイフを信じてつけていることに安心感をもつ程度でした。

ところがです!今日イフのすごさを目の当たりにして、興奮し、感謝で一杯です。家には猫以外に、秋田犬とパピヨン犬がおります。その秋田犬のさつきが今日のお昼、スーパーの買い物から戻ると身体をくの字に曲げ、目は白目をむいてよだれをドボドボ垂らしているのです。ビックリして買い物袋を車にのせたまま、さつきの身体をさすりました。しかし、発作?は治まらず、思わずイフをつけようと思い立ったのです。

しかし、イフはたまの首輪につけており、肝心のたまが家にいません。とっさにプレゼントでいただいたブラックヒーリングを持ち出してさつきの頭から背中へかざしました。でも発作は一向に治まりません。途方にくれながら、目を道の方に向けるとたまが座って様子をみてるじゃないですか。いつもなら外にいる時のたまは捕まえることができないのに、今日はおとなしく抱かれてくれました。慌てて首輪をはずそうとしたけど手元が震えはずせません。

火事場の馬鹿力とでもいいましょうか。イフはつけなくても50センチで効果があることを思い出し、たまを片手に抱いて、もう片手でさつきの頭から背中となでていました。この間5分くらいだったでしょうか。突然、目が普通に戻り、よだれで汚れた前足を舐めだしました。そして立ち上がろうとしたけれども後ろ足に力がはいらないのかバランスが崩れ倒れました。でも、ようやく自力で立ち上がり、寝床まで歩けたのです。

もしあの時たまがいなかったら、もしイフに出会えていなかったら...いろいろと思いは巡りますが、出会うべくして出会ったイフに感謝しつつ、元気にご飯を食べているさつきの姿に安堵している次第です。

犬たちの分もイフを買いたいと思いますが、母の分も買ったところで今は無理です。そこでブラックヒーリングをPC横から犬のいる犬舎に場所を移動しました。何かしら効果があればいいなと思っています。何事も経験しないと信じない私ですが、今日の出来事はまるで奇跡を目の当たりにし言葉になりません。

イフの関係者の皆様ありがとうございました。今後も本物のみの取り扱いをお願いしつつ、お礼の報告を申し上げます。

藤井より

いつもイフのご愛用、ありがとうございます。また、この度は、ご送金ならびに、大変貴重な体験報告をいただきまして、感動しております。

○さまのとっさの判断が、ある意味で、わんちゃんの命を救ったのかもしれませんね。うちは、ただイフを紹介しているだけです。イフの価値を広げるのは、飼い主さんだとも思っておりますので、本当に、すばらしい行動ではなかったかと思いますよ!

経験を踏まえて、前に向かう姿勢、感謝の気持を素直に、表現できる飼い主さんに出会えたことに、こちらこそ、感謝です!ありがとうございました(^◇^)〜♪

にぎやかなご家族がこれからも、みんな元気で過ごせますように!また、分からない点などございましたら、ご遠慮なく連絡くださいね!よろしく、お願いいたします。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

ミニチュアダックスのヘルニア

犬の病気 猫の病気藤井様

この度は、イフを送っていただきありがとうございます。体調不良(インフルエンザにかかりました・・・)のために入金が遅れてしまいまして、大変申し訳ありません。完治いたしましたので、早速振り込みに行ってきます。

現在の報告ですが、我が家のミニチュアダックス♂モカですが、1月末より急に立てなくなって、病院でも、この子のヘルニアは重症で、これ以上の期待は無理です。と言われていました。家でも犬も家族も活気が無く、家族中が不穏になっていました。

正直、イフも私がインターネットで病気を調べていくうちに、こんなのあるけど、(イフ)こんなので(すみません・・)治るんだったら、病院いらないよね。と話していたのですが、そう思う半面、主人も私も駄目でもともと(すみません・・)やるだけのことはなんでもやってみよう。そう思い、頼んでみました。

確かに、最初は小さい!こんなので無理よね・・・と真剣に思いましたが、とりあえずモカの首につけました。1週間たってもあまり変わりなく、やっぱり・・・と思っていたのですが、ある日、腰が浮いていたのです!

自分の力で浮かせている!それから、今まで麻痺していたシッポも自分で振っているのです。本当に驚きでが止まりませんでした!!病院でも先生から、変わりないよね?(よくならない)と聞かれたので、最近腰を持ち上げて、シッポも動かせるようになったんです。と話すと、「えっ・・・」一瞬先生の顔が変わったのを感じました。

まだモカは、後ろ足が自由にはなりませんが、表情もイキイキして歩こうとする姿勢が見られます。私の慢性の偏頭痛が起きないのも、もしかしたらイフのおかげかも・・・今度は私もお世話になる日が近いかも。また、良い報告が送れるように、1人でも多くイフで救われますように・・・心から祈っています。

ピース"ピースより

すっ、すごいです!!文字通り、「ダメもと」状態からの復活劇ですね(^◇^)〜♪先生の驚きぶりからも、その回復ぶりの奇跡が想像できます!すべての子たちが、このように回復するわけではありませんが、でも、それでも、自然治癒力が活性化したときには、人間の想像を越える力を動物たちがもっていることを改めて教えてくれています。

ときどき、飼い主さんから「病なんだけど、治らないですか?」という質問を受けます。治ります!本当は、そう言いたいところをぐっとこらえながら、「実際にはその子の力にもよりますので、使ってみないとなんとも言えないです」、そう答えざるを得ないのが実情です。が、少なくともこのような実績の積み重ねをしていきつつ、結果はどうあれ、最後まであきらめないことの大切さを伝えていきたい!そう感じました。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

英語版サイトができました。

藤井より

こんにちは!

突然ですが、うちに連絡してくる人って、誰だと思いますか?

そう、90%以上の方が、飼い主さんなんです。(当たり前か!) 面白いのは、日本の方だけでなく、海外からうちのホームページを見つけて、メールなり、電話してくるんですよ。もちろん、圧倒的に日本人の方からなのですが...。おかげさまで、世界中の日本人に?イフは使っていただいておりまして、一日に複数国、送ることもしばしば。

ただ、海外にいる日本人の奥さんや旦那さんは、配偶者の方が外人という人も多く、夫婦、家族と言えども、イフの説明となるとなかなか出来ないようなのです(笑)


で、以前から、英語版を作ってほしい!という要望がありました。そんな要望にお応えして、癒しと英語に長けた友人MASAYOとTOMASIにお願いして(ありがとう!)、ようやく、そのHPが完成しました!(2/17現在は、まだ完成ではありませんが)。

http://www.peace7.com/if3/

まだ、言葉の問題、支払いの関係などあり、販売まではいきませんが、反響をみてみたいと思っています。どうなることやら...。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

最期まで苦しむことなく...

あここんにちは。AKOです^^

最近お客様からお喜びのお電話やメールが殺到しております(^o^*) スタッフ一同、心から嬉しく思っております。

あるお客様からのお電話で乳がんを患っていたワンちゃんのお話を伺いました。食欲も元気もなく心配された飼い主さまが、イフをご購入してくださいました。イフをつけて数日後、ワンちゃんは徐々に元気を取り戻し食欲も快復したとのこと。獣医さんにも余命あと僅か・・・と診断されましたが、とてもそのようには思えない程に元気になっていったそうです。

ところが、それから数ヶ月後、ある日突然容態が悪くなり、慌てて病院へ行くと、肺全体に癌の転移が見られたそうです。獣医さんも驚く程症状がなく、転移していたとは思えないほどの元気ぶりだったそうです。

残念ながらその翌々日、愛犬ちゃんは天国へ召されました。が、飼い主様は"最後まで苦しむ事もなく、本当に穏やかに亡くなりました。獣医さんも言っていましたがイフのおかげだと思います。"とお話してくれました。

愛犬ちゃんはお亡くなりになり、私達スタッフもとても辛くなりましたが、最後まで痛み・苦しむことがなく、また宣告された余命を伸ばしてくれた愛犬ちゃんと、その後も家族皆様でイフを使ってくださっている飼い主さまを想うと私達スタッフももっともっと皆様のお力になりたいと強く思いました。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

チワワちゃんのてんかん発作

犬の病気 猫の病気1月16日にペンダントを贈って戴いた高知市の○○です。わけあって2年前から、ぷりん(ロングコートチワワ・11歳女の子7月生まれ)を連れて家を出、二人で第2の人生を歩んでいます。その時点で子宮蓄膿症を患っており、もう10歳、今しかないと思い先生に無理にお願いし、体力改善の治療をし、去年3月に手術し、無事成功しました。

8月やっと通院も終わり、これで心配ないし、ぷりんも楽になれた。よかった、とほっとして1週間、てんかん発作が始まり、口もアカラス病になり、おまけに9月柴犬に襲われ噛んで振り回され、ちょっとした段差でも後ろ足がだんだん上がらなくなり、現在はオシッコとウンコをすると踏んばれず、そのまま座り込んでしまいます。

てんかん発作は毎日のように起こり、抱いたら治まり、降ろすとまた痙攣し出すのです。明け方になると2回は、突然激しい歯ぎしり発作が起き、かわいそうでいつも抱いてばかりいました。3日に1度は点滴に走っており、もう本当に身も心も疲れてしまいました。(経済的にも・・)

でも、イフを知って、これだ、これしかない!(妹にも早速話しましたが、信じるしかないよ、信じることだよと、哀れに思った慰めの言葉でした。同じ境遇の人でないと判らない直感だと思いました)首に掛けて11日目の明け方また激しいひきつけ発作が続けて2回起こり、点滴に行きましました。その時、この子にはイフは効かないのかもしれない・・どっと落ち込みが出ました。

その日の夜、気が付くとぷりんはグーグーいびき掻いて気持ちよさそうに寝ているではありませんか!そういえば点滴してから後、発作がおきていないんです。その晩も、そして次の日も・・。ふと、私は前に映画で見たイエスキリストの「十戒」と「天地創造」を思い出しました。奇蹟って本当にあるんだ、思わず藤井さんが目の前にいるようで、ありがとうと口から出ました。

後足の方はまだまだですが、口のアカラス病も薬を塗っているのですが、真っ赤になっていたのが、黒ずんできたように思います。この感謝の気持ちは、皆様のお礼の手紙が代弁してくださっているように思います。大切なひとのために今日3個注文させて戴きました。ほんとうにありがとうございました。

ピース"ピースより

お気持ち伝わる心なご報告、ありがとうございました!気持良さそうな眠りの姿にこんなにうれしさを感じることは、いかにそれまで大変だったということの裏返しだと思います。とてもご苦労されてきたのでしょうね。

でも、今ではその苦労が報われそうで、私たちもうれしいです。感謝のお気持ちを十戒や天地創造で例えていただきましたが、藤井は恐れ多いと申し上げております。今までの治療の治療体験の集大成がイフに現れていますので、イフを開発された木村大先生に改めて感謝ですね。これからも、ますますのご回復、心よりお祈りいたしております。

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

あの人からの取材が...

2006年2月1日

「どうする?ア○フル?」

のCMで有名な俳優さん 清水さんが、弊社まで取材にかけつけてくださいました!清水さんは、現在9匹のワンちゃん(うち6匹がチワワ)を飼っていて、大の愛犬家です!

もともと「国際グラフ」という記者の方から取材依頼を受けたのですが、ペットのことなら、あの人!ということで、清水さんをインタビュアーとして紹介してくださったのです。ホント、ラッキーでした。
取材内容ですが、清水さんのご質問に、私 藤井が答えるような形式でした。イフのことを詳しく話させていただきましたが、何せ、イフが今まで起こしてきた実績というのは、奇跡としかいいようがない事例ばかりですので、とっても驚かれていました!また、全国からいただいた飼い主さんからの体験談報告などもしっかりとチェックされていました!!

さらに、話だけでなく、体験していただいた方がいいかと思い、イフを使って清水さんの姿勢がどのように変わっていくか?その変化をその場で体験をさせていただきました。これまた、瞬時に姿勢や重心が変わるなんて!と再度びっくり!!

CM同様?!目を大きく見開いて、とても感動されていました!!


<取材ダイジェスト>

清水さん─では会社を始めるきっかけは、なんだったのですか?

藤井─私自身健康オタクでして、10年ほど健康器具を扱っている会社にいたんです。いろいろな健康アイテムがあるなかで、とっても不思議な商品が一つあったんです。その商品はお客様にすでに成果をあげていて評判も良かったのですが、あるお客さんから、「藤井さん、あれうちの猫ちゃんに着けたら、またたく間に毛並がフサフサしてきて、今信じられないくらいとっても元気なんです!」というお言葉をいただいたんです。

もしかしたら、これはすごいモノかもれない!?と他にもたくさんの動物たちに試してみたのですが、自分が思っていた以上に病気の改善や結果が出てしまいまして、これは、人間を相手にするより、動物専門に紹介してあげた方が、より喜んでいただけるのではないか?と考えたのがきっかけです。動物は、結果に嘘をつかないじゃないですか!(笑)

清水さん─今日ご紹介の脳幹活性ペンダント イフなんですが、どのような商品なのでしょうか?

藤井─はい、イフというのはこれなんです(見せながら)とても小さくて軽い、一見するとおもちゃのようなものなんですよ!

清水さん─へぇ〜本当に小さいですで、これはいったいどのような物なんですか?

藤井─イフは整体院の木村先生という方が発明されたアイテムでして、人間本来の自然治癒力や免疫力を高めるペンダントです。元々は整体に通われる患者さんのために作られた物なんです。

清水さん─どうしてこのペンダントが身体の治癒力などを高めてくれるのでしょうか?

藤井─はい、木村先生は人間・動物の治癒力や免疫力を高める力を発揮させる場所は「脳」にあると考えています。神経や血液の流れ、ホルモンバランスなど、すべての命令は「脳」であることは誰もが認めるところだと思いますが。木村先生は、脳の中でも中心部にある「脳幹」という部分が人間の生きる上で一番重要な部分だとおっしゃられます。その「脳幹」を刺激してあげると、自分の病気は自分で治す「自然治癒力」が強められる!そんなコンセプトで開発されたのがイフなんですよ!

清水さん─いくらいいものでも、インターネットでの販売に、不安に思うお客様などはいませんか?

藤井─そうですね、最近はさまざまに胡散臭い商品、詐欺まがいな会社などがありインターネットでのやり取りを不安に思うお客様は少なくありません。私自身、いまだに感じていますので、自分が消費者の立場で考えて、紹介するように心掛けています。まず、30日間の返品制度というのを設けています。

清水さん─返品制度とはどのようなものですか?使っていてもいいのですか?

藤井─はい、もちろんです! やはりみなさん最初は「こんなものが?」とか「騙されたかな?」と思うのは、自然な感情だと思います。私も例外にもれず、そう感じました!もちろん、一ヶ月間使っていただいて何かしらの効果、変化を感じなければ返していただいて結構です、とお伝えしています。基本的に後払いです。

清水さん─では、一ヶ月間で結果がでるという自信があると言うことなんですね?

藤井─そうですね、イフを使って頂く方たちはさまざまですが、人間でも動物でも一ヶ月使っていただければ、何らかの変化があると思っていますし。判断いただくには十分な期間ではないかと思っています。でも、実際はといいますと、返品はほとんどありません。こんなところでもホント、イフの力を感じますね!

清水さん─一ヶ月間の返品制度もあると言う事は、お客様にとっては安心できるシステムですね!

藤井─そう、思って安心して試してもらえればいいなと思っています。

清水さん─では最後に今後の抱負を聞かせてください。

藤井─はい、何気ないことですが、、、いろいろな公園に散歩に出かけるじゃないですか!いまでこそ、多くの方に使っていただくようになりましたが、それでもイフを公園で散歩しているワンちゃんたちが首にかけている様子を見たことがなんです(笑)。まだまだ、一部の人にしか広まっていなんのだな、と感じてしまいます。

このイフというものを少しでも多くのワンちゃんやネコちゃんに使って頂ける様に、これからもきちんとした情報を発信して行きたいと思っております。また、最近では海外の飼い主さんからも依頼が多くなってきています。それこそ、世界中の動物たちを健康にする責任を担っていると感じていますね。

清水さん─今日はありがとうございました。

藤井─こちらこそありがとうございました。

清水さん取材4対談後にツーショット記念撮

清水さん取材3サインをしてもらっちゃいました!(ミーハーですね)

清水さん取材2スタッフたちとも記念写真

<藤井の感想>

清水さん、評判どおり、とても気さくな方でした。おかげで、私ばかり話しまくってしまい、もう少し、清水さんのお自宅のワンちゃんたちの様子も聞きたかったような。。。

清水さんも、時々整体などを受けられるようでしたが、弊社のしている健康法にとっても興味を持ってくださって、「ペットの健康のために、ますます頑張ってください!」というお励ましのお言葉をいただき、最後は握手とサイン、スタッフと写真撮をしてお別れいたしました。(←ホント、ミーハーですね)

今度、清水さんの奥さん、そしてワンちゃんたちにも、イフを使っていただくことになりましたが、これからどうなりますでしょうか?楽しみです!

でも楽しい一日でした!清水さん、雑誌スタッフの方々、ありがとうございました。

追伸

自慢ではありませんが、私は表に出ることが大の苦手です。別に悪いことをしているわけではありませんが(笑)、昔から裏方の方が合っていると思っているんです。今回の写真は最初で最後になるかもしれませんね!(どうでもいい話ですみません)

犬の病気 猫の病気こんばんは、藤井様

先週、17日に愛猫の為に「if」を注文した○○です。夜分遅くにスミマセン、、、

本日、遅くなりましたが入金を済ませました。遅くなって申し訳ありませんでした。
猫の状態の方ですが、私達にも奇跡が起きました。

母共に驚いています。まだ、完全ではないのですが、連れてきた状態から見ると、信じられないほどの回復です。ありがとうございます。もう少し様子をみてまた改めてメールさせて頂きます。この度は早い対応をして頂き、ほんとうにありがとうございます。


犬の病気 猫の病気こんにちは。15日にイフを送っていただいた○○です。ご丁寧なご連絡を頂戴しておりましてありがとうございました。「イフ」の使用感ですが、うちのネコに着けてあげたら、ビックリするぐらいずーっと爆睡してました。

子猫の時の様に、ピクリともせず寝続けていました。おかげさまで健康だったのか他に特に気づいた点はなかったです。...気づく前に、飼い主の私がそれからずっと装着しているので、変化が判らないということもあります(笑)。

私も特に着けた途端に変化を感じるということはないのですが、ただ一つ姿勢が良くなる気がします。幼少の頃から姿勢が悪く、足の長さも違うため、骨盤がいつも歪んでいて、自分でも気になっていたのです。少し前から踊りをはじめ、姿勢の大切さを実感したので、自分でも、そうとう努力して姿勢を直していっているのですが、もともと歪んでいる為、正しい姿勢と言うものが体感で判らないのです。

それが、すっとこの位置というところに、体がなじむ気がして、ネコから取り上げてしまい、私が使用しているという状況です。そのほかの点ではやはりおかげさまで健康なのでしょうか?他に変わったとかこれが効果だとか気づく点はないのですが、それはもう人それぞれなのでしょうね。(中略)

それから、やはり金属のネックレスなどと一緒に装着しない方が良いですか?つい習慣でつけてしまうことが多いのですが...。

同じようなタイミングで、慢性腎不全のネコちゃんに「イフ」を買ってあげたお友達がいるんです。少しでも楽になってくれればいいなと祈ってるところです。また変化がありましたら、ご報告させていただきます。悩んでる方が少しでも救われるといいですね。頑張ってください。

ピース"ピースより

こんにちは。今日は、特別に?2例紹介させていただきました!お一人が、猫ちゃんにですね!奇跡という言葉を使っていただいておりますが、実際にどのような奇跡が起きたのでしょうね?いずれにしても、とても驚き、そして、喜んでいただいているようで、よかったです(^-^*)

お二人目の方は、、、普段、ここで紹介している事例は結構劇的なご報告ですが(どうしても、選びやすいで...スミマセン)、何気ない変化の報告です。わんちゃん、ねこちゃんの「爆睡」は、良くなる兆候の場合が多いんです。

実は、うちの代表の藤井から以前教えてもらったのですが、免疫力というのは、夜寝ているときに作られているそうなんです。寝ているときにこそ、免疫細胞が作られて、その後の復活につながるらしいのです。そういえば、それって人間にも言えますよね!復活前の爆睡...今回も期待できそうですね。

そして、飼い主さん自身の姿勢の変化が気になっていらっしゃるようですが、「すっとなじむ気がして...」ということで、こちらも進行形ですね。今後も期待しています。ありがとうございました(^▽^)

犬の病気 猫の病気

まずは、お礼から・・・。ほんとうに、ありがとうございます。出会えてよかった!! if を手にいたしましたのは、昨年の9月29日。待ち望んでおりましたので、その日時まで忘れることはできません。

その約3ヶ月前に迷い込んできた子猫(生後約3週間)が、育ての親(8月20日に19才で没。)を失ってからだんだん鼻水がひどくなり、鼻の粘膜が破け鼻血を出すようになってしまいました。なんとかならないか・・・と探して、探して、見つけたのが、if でした。

すがるような思いで購入し、その日からリュウ(母が、韓流スター リュウ・シオンさんのファンなので、子猫の名前に・・・)の首に装着!! はじめは好転反応のせいか、物凄い鼻水との闘い・・・。1〜2時間おきに拭かないと鼻の穴が見えなくなってしまう始末。夜も2時間おきに起きて拭いてやり、そのたびに(ゆっくり寝かせてやりたい・・・)と心から願う日々でした。

 そして、魔法の言葉・・・。

「リュウはいい子だね。大きくなるよ。大きくなって、元気な立派なネコになるよ。よかったね。ペンダントが来て。すぐ元気になるよ。」

毎日、毎日、彼は鼻水を拭かれながら呪文のように、私のこの言葉に騙されていったのです。11月の終わりくらいまでその状態が続き、それから徐々に鼻水は減り、そのかわり庭へ出たがる回数が増えました。最もひどい時は、後を追いかけてくしゃみでぶちまかれた鼻水を拭いてまわり・・・おかげで我が家は、大掃除を前に既にピカピカでした。(T_ T)V

そして、現在・・・他の2匹のネコと一緒に元気に遊びまわっています。喉にあった扁桃腺の腫れは、殆どわからなくなり、時々でるくしゃみは、まれに飛び出るわずかな鼻水と共に、彼の武器となっています。この数ヶ月、リュウをおいて家族で出かけることが不可能でしたが、今ではほったらかしでも大丈夫です。

if との出会いを作って下さったこと、心より感謝いたします。確かに、初めは半信半疑、ダメもとでしたが、何事も「信じる」ということが大切なんだと再認識いたしました。本当にありがとうございました。(中略)

ps:現在、母が虎視眈々とリュウの ifペンダント を我が物にしようと狙っています。恐るべし・・・母。

                                   2006年 1月21日

ピース"ピースより

心暖まる、そしてユーモアたっぷりのご報告、本当にありがとうございます。リュウちゃん、赤ちゃんのように、飼い主さんの言うがままに名付けられ(笑)、成長し、そして元気になったご様子が、ひしひしと伝わってまいりますね。毎日の飼い主さんからの励ましが、どんなに動物たちを勇気づけることになるのかを物語ってくれています。

人間の言葉は分からなくても、言霊はしっかり伝わるんですね!イフの波動のエネルギーと似ているのかも!?ご報告、本当にありがとうございました。これからも、げんきでね!

脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

心臓肥大・呼吸困難な犬ちゃん

犬の病気 猫の病気こんにちは。1月6日に「イフ」が届きました。我が家の愛犬「トン吉」君(今月11歳になります。柴系の雑種です。)は、暮れから具合が悪くなりました。今まで病気らしい病気一つしたことがなかったのですが、心臓肥大で呼吸も荒くなってしまいました。食事も全く受け付けなくなり、薬を飲ましても吐いてしまいます。(水だけ飲みます。)

動物病院の先生はとても良い先生で、暮れもお正月も毎日診察・点滴をしていただきました。心臓は治ったわけではありませんが、全く食事を取りませんでした。食事を取らないと体力も回復しないし・・・毎日でした。そんな時「イフ」を知りました。2日間悩みました。怪しいかな・・・効くのかな・・・けして安くないし・・・でも、命に比べたら安い・・・とかいろいろ正直悩みました。

1月6日(土)に早速着けました。でも、変化がすぐにはありません。あせってはダメとわかっていても魔法にように効いてほしかったんです。相変わらず、食事も取らず寝てばかり・・・・足も立たなくなりそうでした。一度足から崩れたときは、生きた心地がしませんでした。

ところが、6日目の1月12日(木)に私が食べていたアイスクリームに興味を示しました。(もともと大好きでした。)ペロっと舐めたと思ったら、いつ食べてもいいようにと置いていたゆで卵を食べだしました。

もう、がでてきました。この3週間くらい悲しいでしたが、嬉しに変わりました。それからというもの、食欲が急に戻り、ご飯を催促して今日に至ります。足腰も元のトンちゃんに戻りました。19キロ強あった体重から4キロ以上痩せてますので、今は少しずつ体重を戻すようにしています。

戻ったら、心臓の治療も始められます。何が効いたのか正直わかりませんが、「イフ」の力も大きいと思います。本当にありがとうございました。

ピース"ピースより

心臓肥大で、呼吸困難。さぞかし、ご心配されたことでしょう。また、イフは特効薬でも、魔法でもありませんので、必ずしも速効性があるというわけではありません。ですので、結果が出るまでの期間、不信な想いもあったかと思います。

それだけに、喜びも大きかったかもしれませんね。スタッフも、いい結果がでてうれしいです(*^o^*) これからも、うれしが増えますように。

雑誌WAN

ピース"ピースより

雑誌で「WAN」というものがあります。今月の特集『うちのコを癒す3つの魔法』に、うちの脳幹活性ペンダント イフが掲載されました!ペット時代の昨今、ますます、犬や猫の病気のために、イフは、必要とされるアイテムであると確信していますが、多くのみなさんに知っていただく機会が増えて、うれしいです。!!

あこ新年、明けましておめでとうございます。
本日お客様よりこんなお話を伺いました^^

愛猫ちゃんのお口がびっくりするくらい"臭い"との事で、イフペンダントを使用して頂いたそうなのですが、使用から約2ヶ月で、口臭が全く消えた!というのです!!そればかりか・・・・なんと毛並みの色艶がすっごく良くなった☆と^^

黒猫ちゃんだったのですが、白髪が目立つようになるほど、白髪が減ってきているそうです!!本当に安心し、嬉しく思いました^^

ことしも、こんな声をいっぱい聞くことができたら、うれしいです!!本年もどぅぞ宜しくお願い致します。

キヨ新年あけましておめでとうございます!Kです。今年もよろしくです。

今年の僕のスタートとして紹介させていただくのが、まだイフを使い始めて数日しかたっていない○○さんの愛犬まぁめちゃんです。スゴクかわいいですよね!

ちゃんとイフを付けてポーズをとってくれています。今は椎間板ヘルニアなどの病気を克服するために奮闘中だと思いますが、私達スタッフ一同回復するように祈っています。みなさんも、この子のためにパワーを送ってくれると嬉しいです。まぁめちゃん頑張れ!

イフとまぁめちゃんまぁめちゃん頑張れ!

犬の病気 猫の病気以前 愛犬のリンパ腫でお世話になりました仙台市の◯◯と申します。イフを使用する前はアガリクスなどの内服を使用していたのですが、吐き気などがでてしまい内服ではどうにもならないと考えて、イフを購入いたしました。

おととしの12月から愛犬にイフを使い始め、抗癌剤治療も並行して行いました。去年の4月の末で無事半年間の抗癌剤治療を終えることができました。抗癌剤治療を終えてから半年後の定期健診でも再発はなく現在もとても元気に暮らしています。その節はありがとうございました。

また我が家の違う子犬が 成犬に頭を噛まれ、頭蓋骨が陥没骨折をしてしまい 脳圧が出血によって上がってしまい、生死をさまようような状態(頭の大きさが2倍にもなった)だったのですが、そのときもICUにわんことイフを一緒に入れてもらったところ、たった3日の入院で退院することができました。現在 見た目もまったくわからない状態で、後遺症も全くなく病院の先生も周りのかたがたも、奇跡だね〜っと言われるぐらいです。

犬の病気 猫の病気本当に本当にありがとうございます!!お休みのところを無理言ってしまい申し訳ありませんでした。。。先日、我が家の猫のためにイフを送っていただいたのですが、実は我が家の子も死亡率が100%に近い猫伝染性腹膜炎にかかってしまっています。

そんな時に、イフの存在を知り、早速送っていただき、猫の首に付けてあげてから一週間、、、かなり食欲も出てきたように思います。なので、実際ウチの猫を見ていて、同じ病気の友人の猫ちゃんにも早くイフを付けてあげたくて・・・この様な無理を言ってしまいました。申し訳ありません・・・・。また良いご報告が出来ますことを祈っております・・・。ありがとうございました。

(↑自分の猫ちゃんの回復をみて、ご友人さまにプレゼントされました)

犬の病気 猫の病気

先月14日にペンダントを送っていただいた◯◯です。大変遅くなりましたが本日振り込みました。ペンダント送っていただいた後、危ない状態か続いていましたがなんとか年を越すことができました。

犬の病気 猫の病気イフの配達早くしてくださって本当にありがとうございます!!!さっそくマロンにつけてみました。その前に私もつけてみました(笑

5分ほどで上半身がぽかぽかしてきて、便秘してたのにスグトイレにいきたくなりました(笑

あとは寝るときぐっすりでした!!!

マロンは頭でづつき?をよくする猫なんですが、最近は全然しなかったんです。それがつけた瞬間づつきをしてきたんです!!ご飯食べてなかったのに食べていたり、もう一匹のクリームのえさまで盗る始末(笑

鼻がずーずーして苦しそうだったけれどそれも直り、ほっとしております(´∀`*) また報告します(*´▽`*)本当にありがとうございました(*´▽`*)イフって凄いですね!!!!!!

犬の病気 猫の病気

22日にイフを送って頂いた◯◯です。その後の報告をさせてください。

*******************

23日に「3日もたないだろう」と言われて病院から連れ帰って、しばらくはなんの変化もみられず、流動食も吐いてしまっていて、私たち家族も半ばあきらめていたのですが、25日の夜、その日口にいれた食は少なかったものの「吐いていない」ことに気づきました。

翌日からも、ほんとに僅かづつ食量を増やしていきましたが、吐かなくなりました。ぐったりと横たわってほとんど動かなかったミーナが、自分でトイレに入りおしっこをし始めました。そして、自分でお水を飲むようになってきました。食量も気がつくと5〜6倍の量に増え、もちろん吐きません。それどころか、今日はうんちをしたのです!夫と、「HPで読んだイフの話が現実になってきた」とが出てきました。

あとは、自分で食事をしてくれるようになれば一安心。あまりにもうれしい新年をむかえられそうなので、報告させて頂きます。

*******************

ピースカンパニーの皆様、本当にありがとうございました。2006年が、皆様にとっても輝く年となりますよう、心からお祈りいたします。今度は元気になったらご報告させて頂きます。

PS イフの事、私が運営しますHP・ブログの中でもご紹介させて頂いても、構いませんでしょうか。

藤井より

あけまして、おめでとうございます。年があけましたね!年末年始、ぞくぞくと、みなさまからお便りが寄せられてきています!飼い主さん方、ほんとうにありがとうございます!! 私にとりましても、会社にしましても、今年いろいろな企画を考えておりまして、多くの方々に、自然治癒力を高める健康法を知っていただく機会を作って、少しでも多くの命を救っていけたらいいなと思っています。ことしも、よろしく、お願いいたします。ありきたりですが、みなさまにとっていいお年になりますように。

ピース"ピースより

明けまして、おめでとうございます。昨年もいろいろとありがとうございました。多くの感動をいただき、そして命の尊さ、偉大さを肌で感じさせていただけたことに感謝いたします。このブログは、日記というより、日々送られてくる飼い主さんからのご報告の一部を掲載させているだけですので、飼い主さんに支えられているものです。

イフをはじめて知る方、イフのことは前から知っていたけど、本当にいいモノなのかどうか?不安で、様子をみられていた方、様々な状況だと思います。事実をそのままお伝えすることで、何らかの想い、感動を伝えることができればいいな!という気持で今おります。心を新たに、またがんばります。今年も、よろしく、お願いいたします。

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング