脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

半信半疑からの大復活!

犬の病気 猫の病気大変遅くなりましたが、本日郵便振込みにてイフの代金を入金させていただきました。(中略)

手元にイフが届いた時、正直、効果をあまり期待する気にはなれませんでした。それほど、このような物で良くなるのかしら、、、?という印象が強かったのです。まずは、1ヶ月つけてみて効果をみてみましょう、、、と思い、こころ(18歳老猫)につけてみました、、、。

つけて2週間ほど経過したころより、つける前から少しづつ回復傾向にあった食欲の回復が、急に加速している事や部屋をよく動きまわるようになっている事に気づきまじめました。相変わらず、点滴治療に獣医さんに通っていたのですが、通う頻度も毎日から一日おき、三日おきとなってきて、5日おきに3週間経過したころにはなっていました。

この時に血液検査をしたところ、腎臓の数値は正常範囲内になり、肝臓の値はまだ正常値より高かったのですが、尿毒症にかかる前の値よりも低い状態にまでなっていました。もちろん点滴治療による回復とも考えられますが、回復を早めさせているのはイフであるように感じております。現在、食事の内容が腎臓・肝臓の事を考慮にして、蛋白質と脂肪を制限したものになっているので、なかなか太れなく体重を維持させる事が課題となっています。

そのような中、この子が私達の目を盗んで、仏壇にあがっていたバタータップリの焼き菓子をつまみ食いしてしまったのです。食べたばかりの時は満足気だったのですが、その日の夕方に体調不良を訴えて嘔吐と下痢をしてグッタリとなってしまったのです。あきらかに焼き菓子のバターによる脂肪によって肝臓に負担がかかったものと見てとてました。

すぐにに獣医に行き、ふただび点滴治療をまた毎日通ったのですが、今回はイフをつけていた事もあり、回復が早く3日間連続点滴に通ったあとは、すぐに3日おきの治療に切り替えられました。嘔吐と下痢症状を示した日の夜は全く食欲がなかったのですが、点滴をしたその日よりすぐに食欲が回復してきたのですが、食欲の回復力の速さには驚かされております。

おかげ様で、現在、順調に回復してきております。本当にありがとうございました。このまま順調に回復していってくれる事を願っております。

ピース"ピースより

2週間目の結果、本当によかったです!
期待できない→2週間後、食欲の回復と動きが良くなってきた。血液検査ほぼ正常→お菓子のつまみ食いで点滴→即日の回復。
途中のつまみ食いは、予想外ですが、でもすぐに復活できるというのは、生命力が高まっている何よりの証拠。これからも、ますます元気になると思います(^◇^)〜♪

これからも、がんばってくださいね。

その他2006年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング