脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

脂肪細胞腫の犬

犬の病気 猫の病気ゴールデンウィークということもあり家族総出でマロンといました。(5月)1日2日は、半日外のおりで過ごし、午後からは玄関と廊下でゴロゴロすやすやという感じです。3日4日は、外の大掃除ということで、マロンは、わたしのあとをぽかぽかとついて歩き散歩代わりとしました。時々前足を踏んだり踏まれそうにになったりと、お昼寝タイムはお預けとなりました。天気もよく、マイペースですごしました。

5日は生まれて初めて海に出かけました。最初お風呂や雨に濡れることも嫌がるので、海も嫌がるのではと思っていましたが何の躊躇もなく、海に入り遊びました。しまいには、海の水をのどが渇いたということでそのままがぶがぶのんでしまいました。海が大好きなマロンでした。また連れてこようと思いました。大好きな車にも沢山乗れてご機嫌でした。

海から帰ってきてからと、6日の日はビデオ撮マロンがいかにして外おりから脱走するか、いかにして玄関を開けて中に入ってくるかを撮りました。本当にびっくりしました。信じられないかも知れませんが本当の話です。

7日、6日の夜から鼻水と少々が出てきたと言うことで1日早く病院を受診しました。体重もしっかり増えていました。食べないときもあるというのにです。薬の副作用ですね。もうすぐ15kg。肥満ですね。鼻水のほうは様子を見ると言うことになりました。無色透明なんですが。何か異常があれば色がついているということのようです。

8日外おりを脱走。金網を食いちぎり穴をあけすいすいと出入りしました。休み中は外おりに入れられず過ごしていたので、いなくなると啼きました。

10日よるコンクリートの硬化剤をなめてしまったようで夜中に水をのませたり電話をかけたりと大変でした。次の日電話連絡をしていたところから「大量に水を飲ませればだいじょうぶでしょう。」いうことでひと安心しました。もちろん変わったことは無いかどうかは遂次見ていましたが。少々においをかいでみたと言う程度だったようですが。何事もなくてよかっです。

週末はパパがお休みだったので、またのんびりと過ごしました。やはり年を感じます、よく寝るようになりました。午後はほとんどお昼寝うとうととしています。

ピース"ピースより

マロンちゃんの回復報告です。実は、マロンちゃん、肥満細胞腫なんです。でも、どうですか、このがんばりと、遊びへの意欲!動物の本能をいかんなく発揮?するかのごとく、とてもたくましく回復されているようです。年とはいえ、なんとかがんばってほしいものです。応援しています(^-^*)

その他2006年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング