脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

癒しのご報告

letter23月28日にイフを送って頂いた◯◯です。人間の方がちょっと調子悪くてお便り遅くなりました。本当にミラクルです。あのリュウの発は"もう少し僕のそばにいて"のサインだったのかもしれませんね。仕事柄つい一人で置いておくことが多かったもので。ところで"イフ"を一つ送って頂きたいのですが 我が身につけてみようかと。よろしくお願いします。

<体験報告>

イフのおかげで元気になりました。ありがとう!もう年だから足腰は弱っているけどね。もう入院はこりごり、肝臓も腎臓もひどい数字だったけど、点滴のあとの痛々しさと汚れた身体を見て、ご主人がとりあえず退院させますって。

お家から離れた寂しさと、狭いゲージでの生活のストレスで僕もうボロ雑巾みたいにクタクタになってたんだ。毎日、会いに来てくれても誰だかわからないくらい・・・おもらしした僕を夜中にふいてくれたお医者さんも大変だったと思うけど、やっぱりお家の方がいいな・・・

戻ってからご主人が祈る様に僕の首に小さなペンダントをつけてくれてね、食欲も少しづつ出て来て、おもらししない様に一生懸命ベランダに出る様にしてるんだ。退院した翌々日、ママがパパに言われてたヨ。"お前リュウに何したの?"って。ママ内緒で僕にペンダントつけてたんだ。グッタリだった僕がスタスタ歩いちゃったんだもの、驚くよね。

letter1

ピース"ピースより

今回は、めずらしく?お便りをご紹介しました!とってもほのぼのした飼い主さんの言葉の行間から、大変な愛情を感じます。そして、リュウくんもやっぱり家族と一緒がいいんだな!よくぞ、回復してくれました!みんな喜んでいるよ!(^◇^)〜♪

その他2006年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング