脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

自己免疫性血小板減少症の犬


今日はある歯医者さんからの電話でのご報告です。
きっと、この文章を読まれている方は、疑いのまなざしでいっぱいになるかもしれませんが、本当にほんとです。以下は、電話で本人様が話された内容です!



7月にレントゲン写真を撮った時にモヤモヤとしたが肺に。11月に再度写真を撮った時にははっきりと、それとわかる腫瘍の塊が直径1cmにも大きくなっていました。

「早期ですか?」という質問に先生は、
「残念ながら中期から末期になります。余命この3ヶ月くらいです。」犬の3ヶ月というのは人間にとっての1年で、末期になると長生きはできないというのが普通です。

手術もできない、麻酔をしても死んでしまう可能性がある。ということで結局は何もできない状態でした。そんな折り、家族(息子)が何か治療法はないかと探し回って、イフペンダントを見てこれだ!と思ったんです。ただし、それは息子自身が悔いのないようにという自己満足のためであり、半ばというよりも、ほぼ覚悟を決めていました。

ところがです。愛犬はイフをするようになって2ヶ月位たった頃から、よく食べるようになり、快便・快眠、見る見る元気になっていくのです!これはおかしいと思って、年が明けた今年の1月初め、いつもの先生の元へ再検査に行ってみたんです。先生いわく...

「あれ?腫瘍がなくなっている!こんな事は普通ないんだけど...でもいい結果だからよしとするか。」

半分困って、苦笑いしながら説明してくださったのです!!こちらもあっけに取られてしまったほどです。ほかにも実は驚くことがあります。愛犬は「自己免疫性血小板減少症」という白血病も患っており、血が止まらない病気で、どこかぶつかるとすぐにあざのように痕がついたり、手足は1.5倍位に膨れ上がったり、挙句の果てには...、

膿が出て、化膿止めをして、膿がなくなったあとは、ぽっかり穴が開いて、その部分にイソジンを塗るという、見た目にも肌の表面がボコボコの状態でした。血液検査もいつも白血球の数値だけは要注意という指摘をされていました。


ところがです。
自己免疫血小板の数値が、1月の検査の時には、平常時に戻ってしまったのです。

さらには、8歳からは両目が白内障にかかり、この7年間3週間に1度相模原の有名な病院に行くほどの難病を併発していました。

ところがです。眼医者の先生からは、この7年間ずっと3週間に1回の通院ペースだったのが、初めて4月まで来なくていい!と言われまったのです!(驚)

「とにかく、息子が強くイフペンダントの事を推してくれたので、半ば試せるものは試して、悔いがないようにという家族の自身の自己満足の為に使ったものですが、結果的には通常では考えられない、まさに"奇跡"的な結果を生みました。末期の肺癌と宣告されてから僅か2ヶ月しか経っていませんが、こんな事ってあるのでしょうか!?」(以上、飼い主さん談)


【 藤井より 】




飼い主さんは歯医者さんなので、現代医学的なことは信じられても、イフのように目に見えないような存在のものを信じることができなないとおっしゃっていましたが、今回の事件(笑)をきっかけで、今では周りの方にイフの事を自信を持って伝えたい!ということでした。電話越しの熱いメッセージに、年始から私も興奮しながら、聞き入ってしまいました(ちなみに、この電話1時間以上だったのは、言うまでもありません(笑)。

その他2007年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング