はじめまして。今年の2月3月?(記憶が確かではありませんが)に、イフを購入した江東区の◯◯と申します。本社の葛西のほうへ突然TELをし、その日の夕方、葛西駅のコンビニ前で待ち合わせして、イフを購入した者です。

ペットのヨークシャが重病になり、一刻も争う事態だったため、お話も殆どせず、イフを受け取り後、すぐ帰ってしまいました。そのときは私も精神上とても疲れており、わらをもつかむ思いでイフを購入しました。

イフを最初からは信じてはいませんでしたが、はじめ近所のかかりつけの
獣医に見放され、都内の有名な獣医にかかり3日入院させても、悪くなるばかりで色々な検査をさせられCTや隋液検査などしましたが、結果は得られず、脳腫瘍の疑いがあると言われ、安楽死まで言われました。

結果を得る為MRIも進められましたが、麻酔の負担を私は心配し(獣医は進めましたが)、連れて帰りました。その日のうちに、近所で設備や高度な技術はなくても、とても親切にしてくれる獣医さんを探せて、望みは捨てず、一緒に治療を(治療といっても栄養剤投与などです)してくれる獣医さんにめぐり合いました。高度な治療よりも家族と一緒にいることが、一番のペットの薬といっていました。

そのとき(その日)、ネットで色々検索しているときに、イフを知りその日に購入しました(有名病院を退院させ、親切な獣医さんを探し、そのあとイフをみつけ購入した忙しい一日でした)。

その日から、イフをつけ、毎日栄養剤を打ち、家族で寝づの看病が2週間続きました。病状は、立つこともできず、目もみえづ、時々痙攣をおこし、食べることも出来ない状態でしたが、入院先から自宅にもどり、
少しは安心した様子はすぐに分かりました。

ただ、驚くことにだんだん元気になってきたのです。歩けなかったのによろよろあるきだし、意思表示もするようになり、
2週間が過ぎたときには、食事もとれ、大好きなおもちゃまでもってくるようになりました。

ただ、良い状態と悪い状態を繰り返しながらでしたが、今では、前と変わらない元気に戻りました。お散歩にもいけます。一体、あれはなんだったんだろうと今では思います。イフの力、親切に一緒にあきらめづ毎日、治療をしてくれた獣医さん、きっと両方の力だと思っています。イフの力を証明はできませんが元気になったのは事実です。

あのとき、待ち合わせしてイフを届けてくれたスタッフの方、本当にありがとうございました。そのときは信じていなくて、そっけなく受け取って帰ってしまってすみませんでした購入して本当に良かったと思っております。ありがとうございました。
ピースより

ご報告、ありがとうございます。弊社では、ときどき直接イフを買いに行きたい!という飼い主さんがいらっしゃいます。そんなときは、会社まで取りに来られたり、最寄りの駅などで手渡しすることもございます(あくまでも緊急の場合に限りますが)。

今回の飼い主さんもわざわざ、弊社近くまで来られましたが、とにかくイフを一刻でも早く使いたいという思いだったようですね。

イフだけで元気になったとはいいません。はやりご家族さまの想いなくしては、助からなかったことでしょう。でも、元気を取り戻しつつある現在は、スタッフにも暖かい声をかけていただき、こちらこそ、ありがとうございます!これから、ますます元気になりますように。

その他2007年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング