脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

猫ちゃんの回復、詳細報告

見てください!レオンちゃんのがんばりを!

2007年7月


この写真が、今年の7月です。レオン自身は、元気にしていたので、外見で分かるのが痩せだけなのです。この時は、下半身が細くなり、お腹も凹み、ウエスト部分が凹んでるのが分かりますか?この時点で体重が3.3kgくらいでした。抱くとかなり軽くなっていました。

2007年10月

今のレオンです。。。体重3.76kgくらいです。標準体重になりました(^o^)

9月初旬にイフを購入した○○と申します。その後、好転反応のことで、一度問い合わせを致し、丁寧なご返答を戴き、ありがとうございました<(_ _)>。それから、一ヶ月が経過致しました。本日は嬉しい報告をさせて戴きたく、PCに向かった次第です"^_^"

実はあれから、うちの猫、スコティッシュ♂3歳レオンなのですが、好転反応での眠気を和らげる為に教えて戴いた通り、24時間装着は止め、日中だけ着けてすこ~~しずつ時間を延ばして行きました。但し、夜は首輪によるストレスややはり、思った以上に好転反応の眠気が出るようなので、寝起きが悪く、一切夜は着けずにおりました。

まず、レオンの病歴ですが・・・生後10ヶ月頃から吐くようになり、レオンが食べたくても、一度に沢山食べる事が出来ず、ちょっとでも多く与えると吐いてしまい、少しずつ何回にも分けて食べさせていました。

最初の病院で1歳の誕生日前に検査もして、腸に炎症があると言われて、ステロイドを飲むように言われ、私自身、障害者でステロイドの恐怖は感じておりましたので、先生にその旨を伝えると「ちゃんと用法を守って、長期に使わなければ大丈夫!今のレオンくんにはステロイドが必要だ」と言われ、その時は先生を信じました。

ステロイドは2ヶ月ほどで御飯が規定量食べられるようになったという事で打ち切りました。が・・、その後、1ヶ月ほどは調子が良かったのですが、又吐くようになりました。ステロイドの恐怖だと思った私は、又ステロイドをと言って来た先生に断る旨を伝えました。

それからは処方食のみ・・でもこの頃は体重がまだ、3.6kg位ありましたし、獣医を替える事まで頭が回りませんでした。こんな状態が1年以上続きました。体重は3.5kgまで落ちました。数ヶ月は3.5kgをキープしていました。

ただ、心配で採血をしていただいた時に、脱水がでておりましたが、先生は気にも留めず、私にも大丈夫と言ったのです。
これがまず、間違いだったとあとあと、気付くことになったのですが・・・その後、吐く回数も増え、予防接種の時には、3.4kgまで体重も減り、体調が良くないと言ってるのに、大丈夫だと予防接種を打たれてしまいました。その晩から元気がなく吐くので、もう病院を替えようと思い評判が良い病院へ転院しました。

即、胃の検査で前の病院で言われた病気ではないことが分かりました。良くなる訳がないんだと後悔しました。その後、レオンは3.3kgまで体重が減り、血液検査で脱水があることと腎機能が弱ってることが分かりました。

恐らく嘔吐などによる前腎性のもので、脱水が一番の原因だろうという事で、前の病院で2回行った検査で2回とも脱水が引っかかってたのに、無視をしたことも大きかったようでした。やはり十分食べれていない事で栄養が行き渡らなくなり、腎臓に血液が十分届かなくて脱水を起こし、腎機能が弱ったのだろうと、その日から点滴を打ち、電解質を飲ませました。

一旦は改善されたのですが、やはりレオン自身が余り水分を摂らないことから、具合が悪くなり、又腎機能が引っかかってしまいました。その時は
体重が3.2kgまで落ち、背中はガリガリでウエスト部分が細くなって、本当に見るに耐えないと言う状態でした。でも本人は至って元気だったので、救われましたが・・・

それで、数ヶ月前にサイトめぐりをしていて、知ったイフを思い出したのです。私は、その数ヶ月前のこのイフを知ったとき、実は今、私自身が整骨院で、エナジーバン治療を受けていて、イフを読めば読むほど、原理と言うのか、似てると思ったのです。その時、実は整骨院の先生にこのイフの事を聞こうとプリントアウトして持参し見て頂いたのです。

先生は、こういうのがあるのは知ってたと仰って、レオンに試す価値はあるのではないか・・と仰ってたのですが、一番心配だったのが、レオンが首輪は大丈夫だけど、イフより小さい迷子札を着けた時に異常な程、気が狂ったように暴れた記憶があり、躊躇していたんです。

整骨院の先生は、先生が独自に開発されたエナジーバンαと言うものを愛犬が調子を崩した時に首に掛けたら治ったと仰って、それは大きくて本来動物には重さや大きさから、負担になるから無理だと仰ってたのですが、愛犬は大型犬なので、着けられたようで、イフもレオンが自分に合うものだと分かれば、嫌がらないはずだと仰ってくださったのですが、購入する勇気が出ませんでした。(ごめんなさい)

でも今回はそんな甘い事を言ってられず、イフを購入しようと思い、購入しました。それで購入の際、メールより電話で直接お聞きしようと電話注文にしたのです。首輪に着けるのを拒否されたら、首輪にぶら下げる以外何か良い方法がないか?と・・・

でも、そんな心配要りませんでした。整骨院の先生が仰ってたとおり、自分に合うものは拒否をしないと言うのが納得しました。前回のメールにも書きましたが、イフが届き、私がダンボールを開けると、説明書も何も取れない位のスピードで、レオンがダンボールに入ってきたのです。

元々、ダンボールが大好きでダンボールが出ると直ぐに飛んでは来るのですが、
中のものも出せないスピードで入り、それも1分もしないうちにぐっすり寝て仕舞ったんです。今迄そんなことありませんでした。

そんなわけで説明書などを読むにはレオンが起きてからだと思い、とりあえずイフは私が持っていたので、イフをレオンの横に置きました。私もレオンのそばにいたので、イフは私にも届くと思い、レオンにくっ付いていました。レオンはそれから何と
4時間以上5時間近く昼寝をしてしまったのです。それも全く起きず熟睡です。

そして私にも効果が出たんです。ずっと氷のように冷たくエナジーバンでも痛みが取れなかった腕と手が、温かくなってきたんです。痛みは取れなかったけど、とにかく汗ばむくらい温かくなったんです。

で。。話は前後しますが、レオンも私も好転反応でとにかく眠い!!日中レオン、夜私が着けてますが、私はこの日以来夜熟睡出来る様になり、偏頭痛が出なくなっています。

レオンですが、今体重が、3.8kg前後あります。(*^。^*)イフを着けてから、病院の方からも栄養サポートを戴き、殆ど同時に始めました。でも今までのレオンでしたら、吐いていた量が食べられる、飲めるようになったんです。

恐らくイフを着けていなかったら、この栄養サポートもちゃんと受け付けられなかったでしょう~~とにかく、御飯を吐かなくなりました。缶詰は数回吐いてしまったんですが、とにかくしっかり食べれているんです。毛玉もイフを着け始めた頃は吐いてしまったんですが、今は吐いていません。うんちに出てるようです。

水分摂取をしてくれないので、そちただけは今も強制的にしてるのですが、レオンは缶詰などにお湯を足すと食べなくなるため、水分摂取法が悩みなんです(-_-;)

あと・・これは嬉しい悲鳴なのですが、体調が良くなってから、猫本来の御飯の飽きが始まりました。しっかり食べれてる為、体が餓えてる状態ではなくなったのでしょう~~。缶詰を同じものを数回続けるとそっぽ向くんです(^^ゞ。ドライフードはどうにか食べてくれてますが、風味が悪くなると食べません。(^^ゞ

猫友達や主治医の先生、看護士さんに聞いても、猫はそういう子が多いと聞き、レオンも本来の姿に戻ったのだ!!と嬉しいのです。と言っても、缶詰を一缶も終わらないうちにプイッとされると不経済だよ~~~なんて私も拗ねたりしますが・・・(^^ゞ

元気なときに血液検査をして確かめましょうと言われていて、まだ検査していませんが、いい結果が出ることを信じているのです。今回は今までの経緯と嬉しい報告をさせていただきました。本当に感謝しております。

18000円、決して高くありません。これでレオンが元気になってくれたのです。安いです。18000円でレオンの元気、健康が戻ってくれて、私も助けられました。レオンと一緒に使ってもうイフさまさまです。。。本当にありがとうございます<(_ _)>
ピースより

レオンちゃんの回復、とってもうれしいな~!今回の報告を読むと、「回復」なんていう言葉は、軽く聞こえてしまいますね!飼い主さんが、とても素直に獣医さんの指示に従いながら、でも疑問をいだき、他の先生に診てもらったことも、よかったのでしょうね。

レオンちゃんの元気っぷりは、他の病気を抱えている猫ちゃん、犬ちゃんにきっと勇気を与えてくれることでしょう!飼い主さんの○○さん、実に詳しいご報告、そしてお写真まで送っていただき、本当にありがとうございました!そして、レオンちゃん、そんな飼い主さんのもとで元気になれてホントよかったね!!これからも、ますますレオンちゃんが元気でありますように!v(^-^(ё_ёゝ

その他2007年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング