脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

命の限界



ご丁寧なご返信有り難うございます。藁にも縋る思いでイフを購入したのですが、残念ながら愛猫くろ太には神懸かり的な効果はありませんでした...。くろ太は1歳3ヶ月と言う短い人生でした。免疫力や自然治癒力を養うには少し経験が足りなかったのでしょうね(笑)

9/4の朝にくろ太の急変を感じましたが、その日は医院が休みだった事もあり、もう覚悟もしていたので猫の習性を重んじてそっとしてあげようと考え仕事に行きました。狭い部屋の中でもやはり隠れたつもりだったのでしょう、くろ太は自分のトイレに隠れるように倒れていました。でも近寄るとまだ息をしていました。その後くろ太は次の日の朝まで必死に頑張りました。

既に瞳孔は開いて意識のない状態で必死に生きようと頑張れたのはイフの効果かもしれませんね...。ありがとうと言えないまでも、イフを疑えないのは自分でも不思議です。

イフは万病に効く薬でもないし、宗教でも何でもないですからね、本当に今回は仕方ないと素直に思えました。くろ太の為に買ったイフは知り合いの老猫に託します。そしてその猫にイフの効果を期待したいと思います。良い報告でなくて申し訳ありませんが、奇跡を信じる人や動物の為にも、私のような談も必要ではないでしょうか?
ピースより

イフのご愛用さまから、正直なご意見をいただきました。確かにイフが起こしている現実は、常日頃からスゴイのですが、ときどき、「間に合わなかった」とか、「亡くなってしまった」という残念なご意見をいただくことも事実です。

寿命がある以上、「万能ではない」ことは分かっているのですが、ダメ元で使っていただいても、実際に結果を出せない事実に直面したとき、人のなせる限界を感じざるを得ないこともあります。今回は、そんなご意見もあえて紹介させていただきました。

貴重なご意見、ありがとうございました。くろ太ちゃんのご冥福、心よりお祈り申し上げます。

その他2007年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング