脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

ぐったりした猫ちゃんの回復



ザ・ピースカンパニー様 藤井様

昨日、イフを注文させていただきました○○と申します。早急の対応に感謝しております。本日、午前中に無事、到着致しました。今、本当に目の前の愛猫の変化に驚き、思わずメールさせて頂いております。

17日の夕方、仕事から戻ると、私の愛猫ユキが血だらけで横たわっていました。吐血と下血で既に体が冷たくなっていて部屋中血だらけで一瞬、目を疑いガクガクと震えてしまいました。朝、出勤するときまで元気でいたものですから何が起こったか判らず放心状態・・・

とにかく病院へと思い一番近くの獣医さんへ連れて行きましたが、体温は33度しかなくぐったりしていました。そのまま入院したのですが、次の日には体温計では計れないほど体温が下がってしまいました。臆病な猫なので元気が無いのに何かしようとすると、先生にも威嚇してゲージから出すことも出来なく、処置も出来ない、ということで家のほうがストレスがなくて良いということで朝晩、点滴に通いました。

今の状態では検査も身体に負担がかかるということで原因は不明ですが腫瘍か潰瘍があるのでは・・ということでした。今日までの五日間、吐く・下血の繰り返し・・・もちろん水も飲めない状態で見ているのも辛くてなりませんでした。うずくまってよっぽど具合が悪いのか、目は瞑っていても、寝ていないのがよくわかりました。

一昨日の夜、何でもいいから情報が欲しくて検索して「イフ」の存在を初めて知り、感動日記を朝方まで何度も読み返してコレにすがるしかないと思い発注させてもらいました。今朝もかなりの下血があり、また落ち込みながら病院に連れて行きいつもの処置をしてもらい、吐いても少しは食べたり飲んだりしないと腸の動きがわるくなってしまうから食べるようだったら、スープでも与えるように言われましたが全くうけつけない状態だったんです。

そんな中、本日、イフが11時頃に届き、午後から会社に行かなければならない私は、後ろ髪をひかれる気持ちでイフをユキの胸のところに置き出かけました。7時に帰ってまた吐いたりしていないか、恐る恐る部屋を見渡すと吐いている気配はありませんでした。

ふと見るとお昼に置いていった猫缶のスープの飲んでいたようで減っていて驚きました・・。飲んだの~~って思ったら嬉しくて・・・嬉しくてその後、信じられないことに以前のようにストーブの前で体を伸ばして眠っているんです。気持ちよさそうに・・・・

すかさずまた「イフ」を背中に忍ばせてあげると、もう4時間位ぐっすり眠っています。(手足を伸ばして)今朝までは絶対にありえない絵です!!!!!こんなに即効性があるのにもびっくりで・・・

明日、病院に行ったら驚かれると思います。もう、本当に嬉しくて・・・何だかこのまま症状が治まってくれる気がしています。急ぎで送って頂いて助かりました。また、ご連絡させていただきたいと思います。本当にありがとうございました。○○

ピースより

クリスマス・イブにとても嬉しいご報告がきました!元気がなかった愛猫ちゃんの飼い主さんがこの「感動日記」を読んでくださり、イフを信じて使っていただいた直後の話です!

飼い主さんの不安な気持ちと何とか良くなって欲しい!という期待が、今回のイフの出会いとつながり、そして、見事猫ちゃんが応えてくれた形になりました。(おめでとう!)

症状が安定するまで、時間はかかるかもしれませんが、とにかく、本調子になるまで頑張ってほしいです!読者の皆さんも回復を祈ってあげてくださいね!

その他2007年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング