脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

発作の犬ちゃん

1月31日
先日はご無理をおききとどけ頂き、誠にありがとうございました。翌日朝一番にペンダントを受け取る事が出来、早速つけさせて頂いております。ひやひやしながら一週間が過ぎ、また発作が起きるのではと覚悟を決めておりましたが、不思議な事に、今日になっても無事でおります。どうやらペンダントの効果が出ているようで、何とかこのまま回復してくれればと思っております。(中略)

2月7日
わざわざメールありがとうございました。残念ながら、5日にまた発作が起きてしまい、今日になってやっと峠を越えたところです。しかしながら、原因も分からず、積極的な治療も出来ないまま、5日間も記録更新出来た事自体、すでに奇跡に近いものがあります。
発作のさなか、掛かり付けの病院に行きましたが、体重も落ちておらず、脱水もない事にドクターも驚いておられました。また、イフペンダントの事をよくご存じで、「医学には限界があります。そういうもの(ペンダント)は飼い主さんが信じて使うと必ずその気持ちが動物にはつたわるものです。」と言われました。若くて新しい動物医療を学んだ現場のドクターが口にする言葉とも思えず感動しました。ペンダントのお陰か、今回の発作は経過が長いものの、声をあげるような強い痙攣は起きていません。(中略)ありがとうございました。

【 ピースより 】

お電話で初めて飼い主さんとお話をさせていただいた時、どうしても早くイフを使いたい!という思いと会社業務的に緊急で出せるタイミングとが合い、早く使っていただくことができました。

結局、5日に発作が起きてしまい、完全な形ではないのですが、でも、その中でも、体重を落さずにがんばってくれているとのことで、ホッとしております。これからも元気でね!

その他2009年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング