脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

衰弱していた19才猫が・・・

捨て猫だったみいが我が家にきて19年。

なんとか元気に過ごしていましたが、ある日急に嘔吐が続き、食欲も全く無くなり、 何も口にしない日が3日も続き、ついに体重は2.3kgに。毛並みも悪く、ツヤも無くなり、ほとんど横になり、 ずっと寝ている状態。生きているか確認するのに、時々心臓の音を確認したりしていました。 病院にいっても、もう年齢が年齢なので、詳しく検査したり手術したりする体力がないだろうと言われ、愕然!

HPを必死にさがしイフにたどり着きました。

つけてすぐにご飯をぺろり。まあ病気が治らなくても、とにかく食欲が戻ってくれれば、それでいいと思っていたので、
本当にが出るくらいうれしかったです。その後何度か嘔吐はあるものの、食欲が出てきたので、体重も増え、歩く姿も力強くなりました。

いつもレトルトのご飯を1パック食べていたのですが、食欲が出て、1パック食べてもまだ足りず、くれるまで鳴き続けます。ひどいときには3パックほど毎食食べます。若い頃でもこんなに食べませんでした。獣医さんもびっくりしていました。 写真は食事の準備の様子です。キッチンにはんぺんがあり、どうしても食べたいので、登ってきてしまいました。

イフに出会えて本当によかったです。

人の言葉がわかるみいは、夫婦喧嘩の仲裁もしてくれます。かけがえの無い家族です。年齢的にはいつ天国にいっても仕方の無いのかもしれませんが、イフのおかげでまだまだ大丈夫みたいです。

【 ピースより 】

ご回復おめでとうございます!食欲が出てきたなど目に見えてわかる変化は本当に喜びもひとしおですね。高齢の子でも、 その年齢なりの元気さというのがあります。いつまでも元気で若々しくいてほしいですよね。これから、更に回復して、もっと 元気な姿を見せてくれると思います!

その他2009年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング