脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

新年の挨拶


あけましておめでとうございます。
いつもお水をありがとうございます。おかげ様で注射や薬に頼りつつも新しい年を元気に迎えることができました。今年もよろしくお願い致します。(写真は水飲み中です)

ちーず、今年12歳になる男の子です。一昨年秋、 糖尿 肝機能 腎臓・いろいろ悪いところが見つかりました。昨年5月にだいぶ調子が悪くなり、なんとか~と思ってH4Oをお願いしましたところ、不思議なくらい元気を取り戻しました。幸い本猫はお水大好きで毎日ゴクゴクです。                          

鹿児島県/Kさん

【 藤井より 】

明けまして、おめでとうございます。藤井です。
今年もはじまりましたね!よろしく、お願いいたします。

実は年末年始の会社の休み中、電話の設定を通常留守電にするのですが、今年はお客様からの万が一の緊急の連絡に備え、私個人の携帯へ転送しておりました。動物たちにとって、病気にお正月は関係ないですので。

休みなので、そんなに電話がかかってこないと思いきや?平日に劣らぬ、電話があるではないですか!?

「緊急事態なので、イフを早急に送ってください!」と。かなりの在庫数を手元に置いていたのですが、休み明け直前には、在庫がゼロ状態なほど、緊急出荷をするほどでした。

これは、イフが売れているということを言いたいのではなく、今病気にかかっているペットたちがどれほど多いことなのか、その異常事態を知っていただきたかったのです。

もちろん、病気になった時、イフを頼りにしていただけるのはありがたいのですが、同時に、もっと健康なうちから、健康に対しての意識を持っていただけると、ペットたちにも良い世の中になるのにな~、と感じました。

電話をして下さる方は、みなさんペットを助けたいという一心でお電話をくださいました。ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

追伸 上記は、H4O(水素水)を飲ませている飼い主さんからおハガキをいただきました。 ありがとうございました。

その他2010年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング