脳幹活性ペンダント「イフ」体験談報告集

リンパ腫と診断されました。

昨年の3月愛犬(シーズー)の喉もとにウズラの卵のような出来物を左右両脇に4個発見し、かかりつけの医者に連れて行き検査をした結果悪性リンパ腫で2-3ヶ月の命だと診断されましたました。診断結果を聞いた瞬間は頭の中が真っ白になり、地獄へ突き落とされた気分になりましたが、獣医と治療方法を話し合い、抗がん剤投与、飲み薬をすることにしました。自宅に帰り途方に暮れましたが、インターネットにてイフの存在を知り、18000円をドブに捨ててもいい、と言う覚悟で購入を決意しました。

診断を言い渡されたのが2009年3月だったので医者の判断で4月の狂犬病の注射も免除してもらい。同時期に受けていたワクチンもしませんでした。しかし、これは逆に言うと1年は生きることはできませんと言うことです。かわいそうと思いつつ、イフを首輪に固定し毎月1度の抗がん剤の注射、1日おきの飲み薬を与えた結果1年経った今、14歳の為足腰の弱りはあるものの、まだ元気に散歩しています。驚くのはこれだけではありません。同時期にやはりリンパ腫にかかったシーズーが2匹いました。同じ治療を施しましたが1匹は3ヶ月で、もう1匹は6ヶ月で死んだそうです。

これだけ書くと治療法に問題があったり、犬の個人差があったりと思われるでしょうが、決定的な違いは首もとにあった腫瘍がみるみるなくなっていき、かつ11ヵ月後の2010年2月の血液検査では多少鉄分に問題はあったものの、ほとんど健康状態に異常がなかったと言うことです。かかりつけの獣医も驚きを隠せない状態でした。

この商品1ヶ月では結果は出ません。1ヶ月経ったけど効果が出ないとおっしゃられる方、2-3ヶ月は待つべきでしょう。あやしいと思っている方も多いと思われますが、疑ったらきりがありません。この商品の話で、かかりつけの病院でもイフを紹介して購入した方がいるそうです。

あと、どれだけ生きられるかわかりませんが2ヶ月の余命が12ヶ月を超えただけでもありがたいと思っています。

本当に有難うございました。

【 ピースより 】

とても正直なご意見をいただきました。弊社でもイフペンダントが万能なものではないと考えておりますし、飼い主様にもある程度、イフへの期待とは別に不安、不信、疑いを持たれていることだと思います。今回のメールでもそのあたりでの、お気持ちを正直にお伝えいただきました。でも、とてもありがたいお言葉でした。がんばったワンちゃんにも心から感謝とご冥福の気持ちを送りたいです。ありがとうございました。

その他2010年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング