先日は早速イフペンダントを送っていただきましてありがとうござ いました。

半信半疑でしたが家の猫のみぃが目はうつろ、失禁はする。じっと していても息づかいが荒いという状態だったのでもう長くは無いのではと思い最後にしてやれるせいいぱいのことと 思って思いきってイフペンダントを購入しました。

3月10日に届いたので早速、夜実家に行ってみぃのそばに置 いてやりました。

次の日の夕方妹から電話があり、言うことにはみぃのエリザベスカラーを私がはずしたでしょうと言うのでいや、私は全然触ってないと言うと家のものは誰も外してないのにみぃ ちゃんのエリザベスカラーがどうして外れてしまったんだろう?おかしいという話になりました。

私はその時、 もしかしてこれはペンダントの効果?で力の出たみぃが自分で外したのでは?と思いました。

つぎの日の12日に実家に行ってみるとみぃはカラーが外れてから何も食べていないがご機嫌は至って良く失禁もしなくなり自分でトイレで用を足せるようになったとの事です。

私がみたところ3月10日時点より明らかに動きが機敏になり目がぱっちりとして光が宿っているように見えました。でも妹はカラーを外したのでご機嫌がいいんだろうと思っているみたいですが・・・・。私はそういう変化を見てやっぱりこのペンダントが効いているだろうと思いました。

先週末にまた実家に行ったときはやっぱり元気がいいみたいでした。それに加えて右足の毛が抜けていて骨と皮みたいだったのにだいぶ毛が生えてきていたことには驚きました。そんな感じで日に日に元気にはなっているようなんですが一つ心配事があります。

実はみぃは昨年12月に怪我の手術をしたときもう高齢のせいか腎臓の数値が高めと言われたのですが手術をしないと外に遊びには出れずに一生家でエリザベズカラーをつけて生活と言われたのでそれはかわいそうと思いなるべく数値が安定しているときに手術をしてもらいました。でも家でしばらく養生をしている間に口から血をだすようになってしまい、ごはんもカリカリがなかなか食べにくそうなのでまた病院につれて行っったりやわらかめのフードに変えたりしたのですが全然だめでとうとう舌が壊死してしまい、半分欠けてしまいました。それで現在は鼻からカテーテルを入れて流動食を入れているのです。

最近みぃはイフのお陰で治ろうとする力が働いていて自分でご飯を食べたいと思っていると私は思うのです。なのでカラーはあれ以来外れないのですがなんだか頻繁に鼻カテーテルが外れるので多分みぃが自分で外しているのだと思います。だんだん身体のいろいろな機能が回復してきているだろうにご飯が食べれないのは不憫だなーと思うのですが、やっぱり舌が壊死していたら流動食しか方法はないのでしょうか?もしなにかいいアドバイスがありましたら教えていただきたいのですが・・・・。よろしくお願いいたします。

でもたとえ無理であったとしてもここまで回復したのはイフペンダントのお陰だと心から感謝しています。

本当にありがとうございました。

【 ピースより 】

以前頂いた体験談です。力がみなぎってきている。そのように感じられるオーナー様は大変多くいらっしゃいます。状況的にお食事困難で大変だとは思いますが、流動食で栄養をとられながら少しづつでもお口からお食事が取れるようになるといいですね!希望を持って頂きありがとうございました。

その他2011年中に頂いた体験談一覧

自然治癒力維持のための人気アイテムランキング