ページが表示されない場合は「簡易版サイト」へ

犬の病気、猫の病気で悩んでいる飼い主さんへ
健康について「100%」とか「絶対に」と断言することは出来ません。あるのは「可能性」だけ。 私たちはその「可能性」を信じて下さる方に、ご相談や返品保証制度を通じ、できる限りの 応援と祈りを込めてお手伝いさせていただきます。


 単体のみだけでなく、外科療法と合わ
せて使用される事も多い治療法です。

  放射線治療は現在、ガンに対する有効な治療法の一つです。獣医や専門医がいる大学病院や 治療院に依頼をして行います。ガンに対して使われる放射線とは、 主にX線、γ線(ガンマ線)、電子線で、これらの放射線をガン組織が 存在する部位に照射する事により、ガン細胞のDNAを破壊し、 治療していきます。


  通常、放射線治療は4週間ほどかけて行われ、合計で20回ほど 受ける事になります。 効果が現れるのは遅いもので半年から1年です。ガンの進行状況に よっては、もっと早く効果が見られるでしょう。 現在とある大学病院で行われている治療によりますと、犬の 放射線治療は鼻腔内と口腔内が最も多く、次に脳、そして頭部から 胸部、肛門、四肢とほぼ全身に渡って行われています。


  放射線の副作用は、白血球・血小板の現象、貧血、食欲低下、 疲れやすくなるといったものです。他に照射した部分に炎症が 起きたり、皮膚が萎縮したり、毛色や毛質が変わってしまう ケースもあります。


  ガンの中でも鼻腔内や口腔内の悪性腫瘍、脳腫瘍肥満細胞腫、 リンパ腫と外部手術による完全な切除が難しい症状に適して いますが、実際に放射線治療を行う事によって、完治が望める ものなのか、症状の悪化を食い止める為に行うのか、どれほどの 効果を望めるかをよく話し合い、十分理解してから行いましょう。



  人と違って、犬に対して行う場合は、間違った部位に照射して、 正常な細胞を破壊してしまわないように全身麻酔をかけてから 行います。麻酔のリスクと放射線障害に関してはよく担当の獣医と 話し合いましょう。
癌・ガン(52%)
心臓病(15%)
腎臓病(9%)
4位 : てんかん発作(5%)
5位 : 肝臓疾患(5%)
6位 : 胃拡張・胃捻転(3%)
7位 : 糖尿病(3%)
8位 : 突然死(3%)
9位 : クッシング病(3%)
10位 : 免疫疾患(2%)
癌・ガン(35%)
4位 : 糖尿病(7%)
5位 : ネコ伝染性腹膜炎(FIP)(5%)
6位 : 猫エイズ(FIV)(5%)
7位 : 猫白血病(5%)
8位 : 甲状腺機能亢進症(肝臓病)(4%)
9位 : 肝臓病(肝炎と肝硬変)(3%)
10位 : ウイルス性呼吸器感染症(1%)

犬種別病気の解説
様々な治療法と自然療法
犬のお手入れ
犬の妊娠・出産
犬用語辞典