スマートフォン版サイトへ

会社概要

社名
いきいき健康館
代表者
藤井淳藤井  淳
フリースクールNPO法人 CCV 役員
所在地
東京都江戸川区東葛西5-13-9-2F
電話番号
03-5659-7292(代表)
平日10:00~18:00 土日祝は休日
※土日祝は、受付センターでご注文のみお受け付けしております
※営業の電話はご遠慮ください
FAX
03-5659-7291
E-mail
ふじいじゅんのピースな世界を創る応援団 ピースな世界を創る応援団 社会弱者の応援団 NPO法人CCVの支援を通して、若者とその家族方への支援をしていきます。※活動内容は下記の通り・障害者のための福祉、雇用・不登校、引きこもりの解決・栃木県鹿沼市の町興しプロジェクト 犬や猫の病気を助ける応援団 犬の病気や猫の病気などのペットの健康と自然治癒力維持をサポートする健康情報発信サイト運営をしております。 IT弱者の応援団 アナログ派でHP制作やfacebook活用が十分にできていないという方のためのご提案をいたします。・ホームページ作成・facebookページの作成・facebookプロフィールのHP化 ふじいじゅんの「書」の世界  「書」は日本の文化であり、世界へ訴えかけできる可能性を秘めています。日本人だけでなく、世界の方へ訴えかけ、東北地震への貢献の窓口として私の「書」で何かお手伝いできないものか?私の個人ではとても小さいので、応援者を募りながら、現在プロジェクト進行中です。

藤井 淳 (フジイジュン)

大学卒業後、自然派化粧品会社、自然派健康器具会社に勤務。自然派志向の健康業界に15年間、身を置きながら、いかにモノに頼らずに、生命が自ら持っている「自然治癒力」を引き上げられるかを追求。

「心と体にpeace(平和)をもたらす会社」をスローガンに、2002年、自らこだわる自然派健康商品のみを取扱ういきいき健康館設立。人間のみならず、動物の健康メカニズムの共通性に着目し、動物の生命力の神秘も研究する。「病は気から」のメカニズムを紐解きながら、ココロとカラダを癒すヒーリング会社や整体学校など、癒し事業3社の代表として活躍中。

座右の銘 : 「ありがとう」と言われる仕事 私の誇り

ホリスティックケア・カウンセラーとは?

"Holistic(ホリスティック)"とは、ギリシャ語のHolos(全体)を語源として、英語で「全体的・総体的・心身一体的」といった意味の言葉です。ホリスティック・ケアは、西洋医学とは全く別の代替医療、自然療法とも呼ばれています。

ホリスティックケア・カウンセラーとは、ホリスティック=全体的な視点で健康をとらえ、日ごろのケアを通じて、コンパニオン・アニマルを真の健康に導く案内人です。

動物へのホリステイック・ケアには自然が育む食材や生食を使った食事、心身をリラックスさせるアロマテラピーやマッサージ、感情や精神のバランスを取り戻すための薬ではなく、お花の持つ自然のエキスを使ったバッチフラワーレメディやハーブ療法などがあります。

日々の具体的なケアに悩むオーナーの方々に寄り添い、ケアのポイントをアドバイスし実戦のサポートをしていく案内人がホリステイックケア・カウンセラーです。



この世の中には、色々な健康グッズが反乱しております。弊サイトでは、大切な犬や猫ちゃんの病気を解決するため、動物の健康に役立つアイテムについて、真剣に情報提供しております。寿命がある以上、健康について「100%」とか「絶対」と断言できるものはありません。あるのは「可能性」だけです。

しかし、弊社では今まで数多くの「常識、否定的な意見をくつがえす"揺るぎない実体験と事実"を報告としていただいております。「あなたの大切な家族であるペットにも可能性を見つけて欲しい!」心の奥底から、そう思っています。私たちは「可能性」を信じて下さる方々のために、ご相談や商品返品保証を通じ、できる限りの応援を惜しまない覚悟で、サイト運営させていただいております。

例えば...、プロポリス、アガリクス、ウコン、○○酵素、青汁、マイナスイオン

同じプロポリスでも◯万円~◯百円のものまで。

数え上げれば、キリがありません。いったいどのような基準で、どの商品を選んだら良いのか?迷わない方が不自然です。

よく、「○○病は、どうすれば良くなる」「△△病は□□を摂ると良い」なんて聞きますが、絶対的ではありません。確かに全てが間違っているとは言えませんが、絶対的ではありません。また、現代の栄養学やサプリメントをはじめとする健康法は、今までの西洋医学が作り上げた常識や企業が作り上げた宣伝文句に大きく影響されており、本質的な解決になっていません。私自身、ずいぶん長い間、そんな価値観に踊らされていました。

そこで、そんな苦い私の経験が、生かせられるのであればと思い、ちょっとだけお話させていただきます。私自身、多くの健康食品で失敗してきた中でも、継続的に使っている数少ない「お気に入り」があります。決して、有名なものではありませんが、健康オタクである私が、実際に試し、体感し、今現在も使用しているものです。

健康のことを真剣に考えたとき、「それが本当に体にいいのか?そうでないのか?」「一時的なのか?永続的なのか?」などトータル的に考える必要があります。そして、その根底にある価値観は、「自然治癒力を引き出す、協力的なパートナーであるかどうか?」です。誰となく作り上げられた雑誌やマスコミ、通販番組など流行な健康法は、表面的な健康テクニックで終わる可能性が高いと言わざるを得ません。企業は、売ることに必死ですから。

でも本当は、表面的な症状に惑わされるのではなく、潜在的な「自然治癒力」を最大限に引き出すためには?という価値観から、エネルギーとバランスがとれたものを選ばなければいけないのです。それは、「もっと生命の本質に働きかける」、「もっと体の内側の何か」が『あっ、そうそう。昔はこんな感じだったわ!』と若く健康のことなど、まったく気にする必要がなかった"あの頃のあの感覚"を取り戻してくれるものです。「元々、人間や動物は、必ず自然治癒力を持って生まれてきている」のですから。

基本的に健康食品などは肯定的ではない私ですが、数多くの健康グッズの失敗経験を通して、初めて分かった「本当にいいグッズ」が少数ながらあることも事実です。少しでも回復増進のスピードアップにお役に立てられるのであればいいなと思い、参考までに紹介させていただいます。お役に立てましたら幸いです。


病気の原因の3大要因

1) 悪い意識
2) 悪い食生活
3) 悪い生活習慣、環境

1) 悪い意識

不安、不満。ぐち、しっと、恨み、憎しみ、怒り、悪口、落ち込み、ルーズ、無責任、自己中心、不調和、うそ、他

これらの意識をコントロールすることは、だれにとっても難しいものです。しかし、これらの意識が「病気を引き起こす大きな要因になっている」ことを知らないのは、とても恐いことです。意識のどこかに、置いておきましょう。

2) 悪い食生活

血液を酸化させる食べ物の摂りすぎ、白砂糖、肉、魚、卵、牛乳等の動物性食品、酸化した油、リノール酸の油過多、マーガリン、和洋菓子、スナック菓子、飴、チョコレート、しるこ、ぜんざい、添加物過多食、繊維の少ない食事=精製食品、ピュアな物質(例えば白砂糖、白米、白パン、白いうどん等)も人体に有害です。水道水もそのままでは悪いです。電子レンジによる調理も悪です。

例) 白砂糖...白砂糖は病気を作る大元中の大元。

白砂糖は非常に消化が悪く、善玉菌の繁殖源。また、酸性の害を起こします。和・洋スナック菓子(チョコレート)ほか、清涼飲料水、レトルト食品、調味液、製氷、アイスクリーム、氷、しるこ、ぜんざい、白砂糖の多い調理品など。

※「食」対策...食の陰陽のバランスを取ること。

玄米、葉野菜、根菜、海藻などを常食し、多少の動物性食品を食べても十分に中和ができるようにする。次第にスタミナもあって血液もきれいになり、夜も熟睡、朝の目覚めもばっちりです。

3) 悪い生活習慣、環境

  1. 食べすぎ(過食)は絶対ダメ。(腹八分に医者いらず)
  2. 睡眠不足は疲れをためるのでいけない。午後11時には床につき、できたら8時間は寝ること。その他に30分でも昼寝をするとよい。
  3. 不眠、睡眠不足、うがい不足、昼夜交代、過労、丸飲み、よく噛まない。
  4. 排気ガス、騒音、湿気過多、工場による公害、高圧電線の下、他

本来「ありがとう」というセリフは、こちらがお客様に言うセリフですが、逆にお客様にこの言葉を言っていただけるような仕事をしろ、という教えです。弊社スタッフにとって、一番の肝としているポリシーです。


会社の規模に関係なく、お客さまの喜びであふれるようなサービスが提供できるよう、心がけたいと思っています。