スマートフォン版サイトへ
> 足湯、冷え性対策レッグホット
服を着たままでOK!イスでも寝ながらでもOK!
年中気軽に使える。微妙な温度調整も可能。

現代人の典型的体温は...

ある夫婦の体をサーモグラフィーで体温を測りました。お二人とも頭がのぼせ、下半身が冷えている状態です。本来、「頭寒足熱」が理想といわれていますが、これでは「頭熱足寒」です。まざまな病気を引き起こします。

このように、自分の知らないところで「冷え」が進行しているわけです。決して、脅しでも何でもありません。なぜ、こんなことを言うのかというと、冷えが続くと病気を引き起こす原因になりかねないからです。

冷えを甘く見てはいけない

上半身と下半身の温度差、体の表面と芯の温度差が原因で様々な病気を引き起こします。

体内が冷えると、代謝できずに残ってしまった血流の滞りが生じて、血液や水分は汚れてしまうのです。その後、汚れた血液や水分は、熱の影響を受け、上部や体表面で、ほてり、むくみ、痒み、等の症状として現れます。ところが、下部や内面では、便秘や下痢、軟便、足元の冷え、疲れやすさが症状として現れます。表面では熱の症状・内面では冷えの症状。実は一つの身体で、こんな事が起こっているのです。

冷え症を自覚してなくても、想像以上に体が冷えている方は多いです。心臓にガンができないのは、心臓が常に動き続けて熱を発しているからという説があります。冷えは体全体の機能を劣らせ、自然治癒力を低下させる元凶です。

「低体温体質」の恐ろしさ

昔は、36.5度が平熱と言われていましたが、最近では35度代は当たり前、特に女性は34度代の人も大勢います。恐ろしいのは、低体温であることの自覚症状はあっても、それがすぐ緊急性の高い病気につながらないので、対応策を考えずに、ずっとその体質をひきずってしまいがちになるということです。低体温であると老廃物や毒素も体に溜まりやすい体質になり、更に代謝も悪くなるため排泄が難しくなります。アレルギー・アトピーの方は殆どが低体温体質だといわれています。

「ふくらはぎ全体」を温める重要性

下半身が冷えて血流が悪くなると、全身に回る血液の量も少なくなり、肩こりや動悸、息切れなどまで引き起こします。ですから、冷えの対処法には、まず足元を温める事が大事なのです。まさに「頭寒足熱」という事です。さらには、ふくらはぎは体温調節に重要な部分です。足首だけを温めるような従来の足湯では不十分です。レッグホットのように「ふくらはぎ全体」を温めることで、初めて「冷え」の解消につながるのです。

スタッフより

上の写真、左は足湯としてお湯に浸った後の写真、右はレッグホット使用後です。足湯は「足先のみ」温まっている状態で、ひざ下は冷えたままです。これでは温まったという実感が弱いかもしれません。

レッグホットは「脚」つまり「ふくらはぎ全体」を温めるので、いわゆる下半身全体が温まり、ひいては上半身も温まります。

「足」と「脚」では、大きな違いがあるのです。

「足湯」と「レッグホット」の違い

椅子に腰掛けて
読書をしながら
寝ながら
何よりも水やお湯を使わない!
だから寝ながらでも使えます!

現代版足湯「レッグホット」<br />価格59,800円(税込)

レッグホット
価格:62,790円 →
59,800円(税込)
【外形寸法】幅47×高さ42×奥行35
【重量】4.57kg
【電源】単相100V50/60Hz
【発熱体】160W×1:26W×1
【出力調整器】電子コントロール式
【タイマー】自動オフ(約40分)
【仕上げ材】ABS樹脂、発泡ウレタン、無臭ベニア
【消費電力】(最大時)186W/時
一時間あたり約5円の電気料金
【付属品】ヒールレスト、足裏マット