犬の病気、猫の病気で悩んでいる飼い主さんへ
健康について「100%」とか「絶対に」と断言することは出来ません。あるのは「可能性」だけ。 私たちはその「可能性」を信じて下さる方に、ご相談や返品保証制度を通じ、できる限りの 応援と祈りを込めてお手伝いさせていただきます。

犬や猫の自然治癒力維持原動力に 第1位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 脳幹活性ペンダント イフ 犬や猫の体を水素でいっぱいに 第2位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 H4O水素水 犬や猫の体の中で微生物が生きる酵素 第3位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 酵素乃泉 犬や猫のペットケア用品部分 ヒト用 ペット(犬・猫)用 スキンミスト 犬や猫のペットケア用品部分 ペット(犬・猫)用 マウスクリーン 犬や猫の癌対策に アガリクスの5倍 PICK UP!ペット(犬・猫)用 花びらたけ

犬の吐く・嘔吐する

<症状と原因~吐く・嘔吐する>

犬が嘔吐する原因は沢山考えられます。巨大食道症・腹膜炎・胃腸炎・肝臓疾患・脳疾患など部位も様々です。吐く素振りをするのに、実際はでてこないなど吐き気があるのに吐けない場合は、胃捻転・十二指腸潰瘍・フィラリアなどが考えられます。

実際、犬の嘔吐で一番多いのは過食や食中毒なのですが、先に上げた病気(もちろん他の病気である場合も)である可能性もあるので、血が混ざっていないか、また食後などどのタイミングで嘔吐するのかをチェックする必要があります。

ちなみに消化の始まっているものを「嘔吐」、消化されていないものを「吐き出し」と呼び区別しています。「嘔吐」と「吐き出し」を見極めることで、ある程度原因をさぐることができます。一般的に嘔吐の場合は胃腸にトラブルが見られ、吐き出しの場合は食道のトラブルが見られる事が多いです。ただし、これらだけに当てはまるケースばかりではありません。胃腸のトラブルが原因の嘔吐ではなく、腎臓や肝臓などのトラブルによるもの、食道のトラブルではなく、実は嚥下困難(飲み込みが悪い)による吐き出しなどもあるので、きちんと原因を突き止めることが大切ですね。

また、病気ではなく、体を正常に保つための生理現象として嘔吐する事があります。散歩の途中で道路わきの草を食べ後で吐き出す、もしくは味の濃い餌を食べて吐くなどは正常な行為なので問題ありませんが、このような理由もないのに嘔吐を繰り返す場合には、それは病気や中毒のサインとみなくてはいけません。特に一日のうちに何度も繰り返し吐く・吐き気をもよおす、いかにも苦しそうに吐く、激しく吐く、吐いたものの中に血や異常な内容物が混じっているなどの症状が見られる場合には重大な病気を患っている可能性があります。


<考えられる病気~吐く・嘔吐する>

フィラリア症、尿毒症、急性腎不全、腎炎、子宮蓄膿症糖尿病性ケトアシドーシス、消化器の病気、悪性リンパ腫、腹部の腫瘍、事故による頭部強打、感染症、内部寄生虫、中毒 、異物を呑みこむ


<対策・予防方法~吐く・嘔吐する>

嘔吐した後に平然としている場合は、特に心配ない事が多いですが、吐いた後にぐったりとしていたり、いつもと様子が違うようであれば、病気によって引き起こされている可能性があります。また、基本的に嘔吐した後は12時間前後は絶飲食です。食事は元気があれば24時間抜くのが理想的です。ただし、絶飲食しても尚、嘔吐が止まらない場合は、体力の消耗と脱水症状が心配ですので、病院で診察をしてもらいましょう。

犬の病気をキーワードで検索 :

犬がこんなときに…症状別対応

吐く・嘔吐する
かゆがる、頻繁に体をかく
毛が抜ける
呼吸異常、咳
脱水を起こす
熱中症、熱射病
頭・耳を痒がる
目に異常がある(涙目/目やに)
血尿・尿に異常がある
便に異常がある
水を頻繁、多量に飲む
足が麻痺している
目のケガ(裂傷、脱出)
痙攣(けいれん)、ひきつけ
便秘
ショック状態を起こす
犬の体重が太る・痩せる
出血している
チアノーゼ
よだれに異常がある
元気がない
歩行異常、骨折
発熱

犬がこんなときに…病気別対応

感染症の
病気
ケンネルコッフ
犬パルボウイルス感染症
犬ジステンパー
犬伝染性肝炎
狂犬病
腎臓の病気(腎臓病・腎不全) 腎臓の病気(肝臓疾患)
膀胱炎
腎不全
肛門嚢炎
子宮蓄膿症
前立腺炎
呼吸器
の病気
喉頭
鼻炎
気管と気管支系
気胸
胸水
心臓の病気(心臓病) 犬の心臓病
僧帽弁閉鎖不全症
三尖弁閉鎖不全症
肺動脈高血圧
先天性の奇形
皮膚の病気(皮膚病) 皮膚病(皮膚症)
ノミアレルギー
脂漏症
犬のアトピー
犬の食物アレルギー
膿皮症(皮膚の細菌感染)
ニキビダニ症(毛包虫症,デモデックス症)
天疱瘡(てんぽうそう)
皮膚糸状菌症
犬の脱毛症
アナフィラキシー
肝臓の病気(肝臓病) 肝臓の病気(肝臓疾患)
門脈シャント
胃拡張・胃捻転
急性胃炎
慢性肝炎
急性膵炎
急性肝不全
出血性胃腸
膵外分泌不全
腸閉塞
寄生虫の病気(寄生虫病) 犬の寄生虫
犬の条虫症
犬の犬鉤虫症
犬の回虫症
犬のフィラリア症(犬糸状虫症)
犬のトキソプラズマ症
癌・ガン・腫瘍性の病気 犬の癌・ガン・がん
骨肉腫
リンパ腫
毛包腫瘍
扁平上皮癌
脂肪腫
肛門周囲腺腫
乳腺腫瘍
可移植性性器肉腫
皮膚組織球腫
黒色腫(メラノーマ)
血管腫
肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)
基底細胞腫
皮脂腺腫
精巣腫瘍
皮内角化上皮腫
膀胱移行上皮癌
皮膚乳頭腫
血管外膜細胞腫

血液系の
病気
免疫介在性溶血性貧血
ハインツ小体性溶血性貧血
バベシア症
内分泌系の病気 クッシング症候群
甲状腺機能低下症
副腎皮質機能低下症
(アジソン病)
犬の糖尿病
神経系の病気(神経病) 癲癇発作(てんかん発作)
水頭症
椎間板疾患
骨と関節の病気 椎間板ヘルニア
レッグ・カルベ・ペルテス病
股異形成(股関節形成異常)
膝蓋骨脱臼
骨盤骨折
眼の病気(眼病) 犬の角膜炎
犬の白内障
犬の緑内障
耳の病気
(耳病)
外耳炎
前庭炎
内耳炎
耳疥癬
耳血腫
耳の腫瘍
外耳道の異物
口の病気 歯周病
歯槽膿漏
歯周病(虫歯・歯石・歯垢)
口唇炎
口内炎
エナメル質の形成不全
歯根の腫瘍(根尖周囲腫瘍)
その他の病気 下痢
水便
血便
犬の脱毛症
肥満
犬の年齢(おおよその目安です)
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬(歳) 18 22 26 30 34 38 42 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬(歳) 19 24 28 33 37 42 46 51 55 60 64 69 73 78 82 87 91 96 100 105

犬の病気大辞典
犬の病気大辞典

猫の病気大辞典
猫の病気大辞典