犬の病気、猫の病気で悩んでいる飼い主さんへ
健康について「100%」とか「絶対に」と断言することは出来ません。あるのは「可能性」だけ。 私たちはその「可能性」を信じて下さる方に、ご相談や返品保証制度を通じ、できる限りの 応援と祈りを込めてお手伝いさせていただきます。

犬や猫の自然治癒力維持原動力に 第1位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 脳幹活性ペンダント イフ 犬や猫の体を水素でいっぱいに 第2位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 H4O水素水 犬や猫の体の中で微生物が生きる酵素 第3位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 酵素乃泉 犬や猫のペットケア用品部分 ヒト用 ペット(犬・猫)用 スキンミスト 犬や猫のペットケア用品部分 ペット(犬・猫)用 マウスクリーン 犬や猫の癌対策に アガリクスの5倍 PICK UP!ペット(犬・猫)用 花びらたけ

犬の皮膚病(皮膚炎)

daijiten1.jpg
特に問題になっているのがアレルギー性皮膚炎

特に問題になっているのがアレルギー性皮膚炎です。かゆみを伴い、アレルギーの原因となるものを除かないと長い間、犬を苦しめる事になります。

アレルギーと言うと人の花粉症やハウスダストによるアトピーを思い浮かびますが、他にも牛乳や卵、ドッグフードの成分となっている大豆やとうもろこし、牛肉、豚肉等の食物や羊毛の毛布などによるものがあります。

ノミや細菌のアレルギーも原因の一つ

また、ノミや細菌のアレルギーも原因の一つ。ノミが体中を走っていても皮膚は何ともない犬もいますが、1~2匹でも皮膚炎を起こす犬はノミアレルギーが考えられます。通常皮の表面にいる細菌に対し、アレルギー反応を起こす犬もいて、そういう意味では、アレルギーの中に①外部寄生虫、②細菌が含まれると考えられます。

マラセチアという母様の真菌(カビ)の一種への感染の皮膚炎も非常に多いです。もともと健康な犬にも寄生していますが、アレルギーを持っていたり、抵抗力が落ちると増悪させてしまいます。ベタベタした脂っぽい皮膚炎になり、犬はとてもがります。耳の場合は外耳炎になる事も多いです。

主立った症状

などがありますが、皮膚病と思いつつ実は甲状腺機能低下症 であったりと一概に皮膚だけにとどまらない病気もあるので注意が必要です。甲状腺機能低下症 で代表的なのが糖尿病です。フケが増えたり、肌が黒ずんだりする。その他、にきび?おでき?などと思っていたら、あれよという間に大きくなり実は腫瘍だったということもあるのです。もちろん良性の腫瘍も多いのですが、なかには悪性の腫瘍もあり、これは俗にガンと呼ばれるものです。悪性と良性の見極めの目安の一つにできものを軽くつまみ左右に揺すって見たときに、移動するような感じがすると良性であることが多く、動かない場合は悪性であることが多いです。

脱毛が見られた場合

脱毛が見られた場合、ダニ・ノミなどの害虫によるものが圧倒的に多いのですが、細菌によるものあります。完全に除去しないと何度も繰り返し炎症を起こし、いつまでも治りません。その為皮膚状態は悪化し、毛の生えにくい黒ずみカサカサした皮膚になってしまうので、しっかりと最後まで投薬し駆除することが大切です。

脱毛の原因として有名なのは、膿皮症(のうひしょう)・疥癬症(かいせんしょう)・ニキビダニ症・真菌症(しんきんしょう)・内分泌疾患・肉芽腫性脂腺炎ですが、なかには遺伝要素の強い黒色被毛脱毛症・カラーミュータント脱毛症という病気もあります。

上記のケース他どれにも当てはまらない場合

上記のケース他どれにも当てはまらない場合は、ストレスなどの精神的な要素を疑います。意外とストレスによる皮膚状態の異常や脱毛は少なくありません。まずは病院へ行き疾患がないかどうかの確認が必要です。

原因が明らかになった場合は、抗生物質などの塗り薬などで対処しつつ、環境の改善をしていきます。ストレスが原因の場合は、ストレスになりうる要因を減らし、自由にゆったりと暮らさせてあげる事です。特別なお薬が必要ない場合は、必要に応じて、スキンケア用品などを使用するといいでしょう。

スキンミスト
犬の病気をキーワードで検索 :

犬がこんなときに…症状別対応

吐く・嘔吐する
かゆがる、頻繁に体をかく
毛が抜ける
呼吸異常、咳
脱水を起こす
熱中症、熱射病
頭・耳を痒がる
目に異常がある(涙目/目やに)
血尿・尿に異常がある
便に異常がある
水を頻繁、多量に飲む
足が麻痺している
目のケガ(裂傷、脱出)
痙攣(けいれん)、ひきつけ
便秘
ショック状態を起こす
犬の体重が太る・痩せる
出血している
チアノーゼ
よだれに異常がある
元気がない
歩行異常、骨折
発熱

犬がこんなときに…病気別対応

感染症の
病気
ケンネルコッフ
犬パルボウイルス感染症
犬ジステンパー
犬伝染性肝炎
狂犬病
腎臓の病気(腎臓病・腎不全) 腎臓の病気(肝臓疾患)
膀胱炎
腎不全
肛門嚢炎
子宮蓄膿症
前立腺炎
呼吸器
の病気
喉頭
鼻炎
気管と気管支系
気胸
胸水
心臓の病気(心臓病) 犬の心臓病
僧帽弁閉鎖不全症
三尖弁閉鎖不全症
肺動脈高血圧
先天性の奇形
皮膚の病気(皮膚病) 皮膚病(皮膚症)
ノミアレルギー
脂漏症
犬のアトピー
犬の食物アレルギー
膿皮症(皮膚の細菌感染)
ニキビダニ症(毛包虫症,デモデックス症)
天疱瘡(てんぽうそう)
皮膚糸状菌症
犬の脱毛症
アナフィラキシー
肝臓の病気(肝臓病) 肝臓の病気(肝臓疾患)
門脈シャント
胃拡張・胃捻転
急性胃炎
慢性肝炎
急性膵炎
急性肝不全
出血性胃腸
膵外分泌不全
腸閉塞
寄生虫の病気(寄生虫病) 犬の寄生虫
犬の条虫症
犬の犬鉤虫症
犬の回虫症
犬のフィラリア症(犬糸状虫症)
犬のトキソプラズマ症
癌・ガン・腫瘍性の病気 犬の癌・ガン・がん
骨肉腫
リンパ腫
毛包腫瘍
扁平上皮癌
脂肪腫
肛門周囲腺腫
乳腺腫瘍
可移植性性器肉腫
皮膚組織球腫
黒色腫(メラノーマ)
血管腫
肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)
基底細胞腫
皮脂腺腫
精巣腫瘍
皮内角化上皮腫
膀胱移行上皮癌
皮膚乳頭腫
血管外膜細胞腫

血液系の
病気
免疫介在性溶血性貧血
ハインツ小体性溶血性貧血
バベシア症
内分泌系の病気 クッシング症候群
甲状腺機能低下症
副腎皮質機能低下症
(アジソン病)
犬の糖尿病
神経系の病気(神経病) 癲癇発作(てんかん発作)
水頭症
椎間板疾患
骨と関節の病気 椎間板ヘルニア
レッグ・カルベ・ペルテス病
股異形成(股関節形成異常)
膝蓋骨脱臼
骨盤骨折
眼の病気(眼病) 犬の角膜炎
犬の白内障
犬の緑内障
耳の病気
(耳病)
外耳炎
前庭炎
内耳炎
耳疥癬
耳血腫
耳の腫瘍
外耳道の異物
口の病気 歯周病
歯槽膿漏
歯周病(虫歯・歯石・歯垢)
口唇炎
口内炎
エナメル質の形成不全
歯根の腫瘍(根尖周囲腫瘍)
その他の病気 下痢
水便
血便
犬の脱毛症
肥満
犬の年齢(おおよその目安です)
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬(歳) 18 22 26 30 34 38 42 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬(歳) 19 24 28 33 37 42 46 51 55 60 64 69 73 78 82 87 91 96 100 105

犬の病気大辞典
犬の病気大辞典

猫の病気大辞典
猫の病気大辞典