犬の病気、猫の病気で悩んでいる飼い主さんへ
健康について「100%」とか「絶対に」と断言することは出来ません。あるのは「可能性」だけ。 私たちはその「可能性」を信じて下さる方に、ご相談や返品保証制度を通じ、できる限りの 応援と祈りを込めてお手伝いさせていただきます。

犬や猫の自然治癒力維持原動力に 第1位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 脳幹活性ペンダント イフ 犬や猫の体を水素でいっぱいに 第2位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 H4O水素水 犬や猫の体の中で微生物が生きる酵素 第3位 ヒト用 ペット(犬・猫)用 酵素乃泉 犬や猫のペットケア用品部分 ヒト用 ペット(犬・猫)用 スキンミスト 犬や猫のペットケア用品部分 ペット(犬・猫)用 マウスクリーン 犬や猫の癌対策に アガリクスの5倍 PICK UP!ペット(犬・猫)用 花びらたけ

犬の食物アレルギー

<症状と原因~犬の食物アレルギー

犬のアレルギーの原因はドッグフードである事が非常に多いです。大抵の場合、1、2種類の食物に対してアレルギー反応を起こし、主にそれらの食物に含まれるタンパク質や炭水化物が、原因といわれています。これはドッグフードの値段やブランド、または無農薬いう事は一切関係ありません。アレルゲンである材料が使われていれば、アレルギーは出るものです。

どの食物がアレルゲンになりやすいかという事は、食物に含まれるタンパク質・糖タンパク質などの構造や分子の大きさに関係があるということが研究などで報告されていますが、やはりアレルギーを起こす側の個体差が大きいので一概には言えません。多いとされているのは牛・鶏・豚・卵・麦などの穀物等です。

アレルゲンの侵入を抑える免疫グロブリン(抗体)の中には、消化器官の粘膜に多く存在するものがあり、その働きが弱まると、消化管の透過性が高くなって、栄養成分が大きな分子のまま、吸収されてしまいます。そうなると、体の免疫系にとっては、異種の物質として認識される傾向が高くなって、アレルギー反応が出やすくなると考えられています。

ですので、免疫力をしっかり働かせる事もアレルギーの予防に繋がると言えます。

犬の食物アレルギーの原因となる主なものには次のような食物が挙げられます。

●卵・魚・肉類: 牛肉、鶏肉、豚肉、魚、卵
●穀類: 大豆、小麦、大麦、ライ麦、オーツ麦、トウモロコシ
●その他: 乳製品

また、症状がアレルギーと似たもので『食物不耐性』というものがあります。アレルギーとの大きな違いは、アレルギーよりも急性であることが多く、体の免疫系の過剰な反応ではない事です。例えば、ドッグフードを変えた途端に、体調がおかしくなった場合は、原因が食物アレルギーである可能性は低いと考えられます。

食物不耐性で代表的なものは、ラクトース不耐性(乳糖不耐性)です。これは、犬の多くが牛乳などに含まれているラクトース(乳糖)を分解する酵素であるラクターゼを十分に持っていないので、嘔吐や下痢などを起こすものですが、個体差もあるので、犬の中には、牛乳を飲んでも全然平気な場合ももちろんあります。


<対策と治療方法~犬の食物アレルギー



食物が原因となっている場合は、アレルギー用の処方食を与えます。ホコリやダニが原因である場合は、生活している場所を頻繁に掃除するようにします。

また、かゆみを抑え、なめたり引っかいたりすることによって、皮膚傷害が蔓延することを防ぐために、抗ヒスタミン鋼とコルチコステロイド剤がよく使われます。頻繁にシャンプーすることで、痴皮や角化層と同時に皮膚表面のアレルゲンを取り除くようにします。

スキンミスト
犬の病気をキーワードで検索 :

犬がこんなときに…症状別対応

吐く・嘔吐する
かゆがる、頻繁に体をかく
毛が抜ける
呼吸異常、咳
脱水を起こす
熱中症、熱射病
頭・耳を痒がる
目に異常がある(涙目/目やに)
血尿・尿に異常がある
便に異常がある
水を頻繁、多量に飲む
足が麻痺している
目のケガ(裂傷、脱出)
痙攣(けいれん)、ひきつけ
便秘
ショック状態を起こす
犬の体重が太る・痩せる
出血している
チアノーゼ
よだれに異常がある
元気がない
歩行異常、骨折
発熱

犬がこんなときに…病気別対応

感染症の
病気
ケンネルコッフ
犬パルボウイルス感染症
犬ジステンパー
犬伝染性肝炎
狂犬病
腎臓の病気(腎臓病・腎不全) 腎臓の病気(肝臓疾患)
膀胱炎
腎不全
肛門嚢炎
子宮蓄膿症
前立腺炎
呼吸器
の病気
喉頭
鼻炎
気管と気管支系
気胸
胸水
心臓の病気(心臓病) 犬の心臓病
僧帽弁閉鎖不全症
三尖弁閉鎖不全症
肺動脈高血圧
先天性の奇形
皮膚の病気(皮膚病) 皮膚病(皮膚症)
ノミアレルギー
脂漏症
犬のアトピー
犬の食物アレルギー
膿皮症(皮膚の細菌感染)
ニキビダニ症(毛包虫症,デモデックス症)
天疱瘡(てんぽうそう)
皮膚糸状菌症
犬の脱毛症
アナフィラキシー
肝臓の病気(肝臓病) 肝臓の病気(肝臓疾患)
門脈シャント
胃拡張・胃捻転
急性胃炎
慢性肝炎
急性膵炎
急性肝不全
出血性胃腸
膵外分泌不全
腸閉塞
寄生虫の病気(寄生虫病) 犬の寄生虫
犬の条虫症
犬の犬鉤虫症
犬の回虫症
犬のフィラリア症(犬糸状虫症)
犬のトキソプラズマ症
癌・ガン・腫瘍性の病気 犬の癌・ガン・がん
骨肉腫
リンパ腫
毛包腫瘍
扁平上皮癌
脂肪腫
肛門周囲腺腫
乳腺腫瘍
可移植性性器肉腫
皮膚組織球腫
黒色腫(メラノーマ)
血管腫
肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)
基底細胞腫
皮脂腺腫
精巣腫瘍
皮内角化上皮腫
膀胱移行上皮癌
皮膚乳頭腫
血管外膜細胞腫

血液系の
病気
免疫介在性溶血性貧血
ハインツ小体性溶血性貧血
バベシア症
内分泌系の病気 クッシング症候群
甲状腺機能低下症
副腎皮質機能低下症
(アジソン病)
犬の糖尿病
神経系の病気(神経病) 癲癇発作(てんかん発作)
水頭症
椎間板疾患
骨と関節の病気 椎間板ヘルニア
レッグ・カルベ・ペルテス病
股異形成(股関節形成異常)
膝蓋骨脱臼
骨盤骨折
眼の病気(眼病) 犬の角膜炎
犬の白内障
犬の緑内障
耳の病気
(耳病)
外耳炎
前庭炎
内耳炎
耳疥癬
耳血腫
耳の腫瘍
外耳道の異物
口の病気 歯周病
歯槽膿漏
歯周病(虫歯・歯石・歯垢)
口唇炎
口内炎
エナメル質の形成不全
歯根の腫瘍(根尖周囲腫瘍)
その他の病気 下痢
水便
血便
犬の脱毛症
肥満
犬の年齢(おおよその目安です)
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬(歳) 18 22 26 30 34 38 42 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬(歳) 19 24 28 33 37 42 46 51 55 60 64 69 73 78 82 87 91 96 100 105

犬の病気大辞典
犬の病気大辞典

猫の病気大辞典
猫の病気大辞典